2017年 11月 の投稿一覧

ワキガになる原因と脱毛することでワキガを改善できる理屈

厄介なワキガという存在

ワキガが気になる女性
脇の毛穴に皮脂や老廃物が溜まりやすくなると、ワキガになりやすいです。

特に、毛抜きによって脇毛を自己処理すると毛を抜く際を毛穴を広げるので、毛穴に異物が入り込みやすくなります。

また、毛穴に溜まった皮脂や老廃物が酸化すると雑菌が繁殖する影響によってワキガの原因を招きます。

そのため、脱毛によって脇毛を無くすことで、脇の表皮の温度を下げてアポクリン腺の汗を減らすだけでなく、毛穴に雑菌を溜まりにくくします。

なぜなら、脱毛は可視光線によって毛根部分を破壊しつつ、アポクリン腺にもダメージを与えてワキガの臭いを抑えることができるからです。

その上、脱毛ならば毛抜きと違ってデリケートな部位となる脇であっても、肌や毛穴を傷つける恐れがないです。

脱毛でワキガの臭いを改善する

また、脱毛は毛根を破壊した際に発生した熱が毛穴にこもるので、毛穴全体に熱によるダメージを与えます。

脇毛と一体化しているアポクリン腺にもダメージを与えるので、アポクリン腺の汗が脇毛につきにくくなります。

ちなみに、脱毛を受けるにつれて脇の毛穴が引き締まるので、毛穴に雑菌が入り込まなくなります。

さらに、脱毛により汗とワキガの臭い対策をやりやすくなります。

なので、毎日脇の手入れを忘れずに行うことで脇を清潔に保ちやすくなります。

また、脱毛することでワキガの臭いを改善する他にも、脇毛の自己処理によって脇の肌を傷つけるリスクを減らすことにも繋がります。

脱毛サロンでミスのないアンダーヘア脱毛

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛は、脱毛の中でも非常にデリケートです。アンダーヘアはできるだけ処理したほうがすっきりします。ただ、デリケートな体の部位だけに、適当な処理をしてはいけません。では、アンダーヘアの脱毛をするときはどんなことに気をつければ良いのでしょうか?その点について深く掘り下げていきます。

アンダーヘアの脱毛

 まず第一に気をつけないといけないのは、肌をかぶれさせたりしないことです。自分でアンダーヘアの脱毛をするとき、肌荒れさせないように注意しないといけないです。カミソリやシェーバーやハサミを使えば、アンダーヘアの脱毛ができます。ただ、金属に対してアレルギーがあるとそれらの方法によって、肌荒れしてしまうかもしれないです。肌が赤くなってしまったり、かゆくなったりするのは場所が場所だけに困ります。それでは満足のいくアンダーヘアの脱毛ができているとはいえませんので、肌荒れさせないよう慎重に行わなければいけないです。

脱毛サロンでの施術がおすすめ

 また、肌荒れが気になるときは、無理に自分でしないで脱毛サロンを頼るのも悪くない考え方です。脱毛サロンなら確かな技術によるアンダーヘア脱毛が見込めるので、自分でやるよりもきれいに処理できるのは言うまでもありません。お金の問題がありますから軽々しくは決断できないかもしれませんが、ミスのないアンダーヘア脱毛をするなら脱毛サロンを頼ると良いです。

埋没毛はなぜできるのか?

埋没毛に悩む女性
自分で簡単にムダ毛処理ができるからと、カミソリや毛抜きで脱毛を行っていると起こるトラブルの一つに「埋没毛」があります。ムダ毛が皮膚の表面に出て来れずブツブツになる埋没毛は、一体どうしてできるのでしょうか?

埋没毛の原因

カミソリや毛抜きなど自分で脱毛を行うと、肌の表面が傷つきます。元々肌の表面には角質層があり、様々なトラブルから肌を守ってくれるのですが、カミソリや毛抜きなどで無理矢理脱毛を行うとその表面の角質層に傷が付きます。肌は自分で修復使用とする力があるため、傷ついた毛穴の表面を新たな角質層が覆ってしまいます。これによって新しいムダ毛が成長しても毛穴から出てくることができず、皮膚の内側で丸まったまま成長をしてしまいます。

埋没毛への対処

ムダ毛が成長を遂げると、埋没毛は再び自然と毛穴から出てきます。しかしこれを待つことができずに毛抜きやピンセットで無理矢理表面の皮膚を破り、中のムダ毛を再び抜くという方も多くいますが、これは間違った対処方法です。再び角質層を傷つけムダ毛処理を行うことで、再び埋没毛ができてしまいます。さらにこれを繰り返すことで色素沈着など埋没毛以外の肌トラブルを引き起こす可能性があります。埋没毛ができないように間違った自己処理は避けるようにしましょう。そして埋没毛ができても、決して無理矢理表面を傷つけるような対処はしないようにしましょう。

産後の脱毛では抑毛効果のある商品を使うと良い?

出産後のムダ毛の処理

産後の女性
産後の脱毛においては肌の状態を知ったうえで、できるだけ刺激にならない方法で脱毛をしないといけませんが、そういうときにおすすめなのは抑毛効果のある商品です。

これはローションやクリームなどの場合がありますけど、肌にとって刺激になりづらいという特徴があるため、多くの人に利用されています。

抑毛効果があるということは脱毛をしたときと同じような状況を生みやすいということがあるので、産後の脱毛を考えている人にとってメリットがある商品と言えると思うのです。

産後の脱毛におすすめなアイテム

抑毛効果のある商品というのは、クリームやローションのいずれにしても、肌に対する負担がかなり少ないと言えます。

何と比べるか?にもよりますけど、カミソリで脱毛をするケースと比べたら、かなり肌に優しいと思うので、産後の肌が敏感になっているときにはまさに適した方法と言えるのではないか?と思います。

こういった商品は気軽に購入できるものですし、産後の脱毛以外でも使えるので、肌に負担にならない方法として知っておくべきですし、産後のときには特におすすめと言えるアイテムと言えると思います。

肌が敏感で荒れやすい時期だからこそ、こういった商品を使って脱毛をしていくと肌に特に変化が起きずに済むのではないか?と思いますから、やってみると良いと思うのです。

勧誘を断る際は強い意志を持つこと

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘を断る女性
「毛のお手入れがめんどう」そんな人は脱毛サロンで施術を受けると良いでしょう。1度施術を受けておけば、パッと見て分からないくらい毛が目立たなくなります。脱毛サロンで施術を受けると、わずらわしいお手入れから解放されるのがメリットですが、それと同時にデメリットもあることを知っておきましょう。最近はグッと減ったとも言われていますが、まだしつこい勧誘をおこなっているところもあるそうです。勧誘は実際に行って分かることが多いので、利用する前に断りかたを身につけておくと良いでしょう。

無職や主婦の場合は高額な費用を支払えないと判断し、無理な勧誘をしてくる確率が少なくなると言われています。会社員やアルバイトだと、分割してお金を支払えると判断され、勧誘をしてくる確率も高くなることでしょう。

きっぱり断るのが苦手な方は

きっぱり断るのが最も理想的な断りかたですが、それができない人は、時間がないと伝えましょう。スマートフォンや携帯に誰かから連絡がきたと見せかけて、時間がないと思わせれば、あきらめてそれ以上は言ってこなくなります。また、主婦の場合は「高額だから旦那と相談してからでないと分からない」と伝える方法もあります。大切なのはなぜその場で契約できないのかをきちんと伝えることです。伝わればサロンのスタッフもそれほどしつこく勧誘してきません。