2018年 9月 の投稿一覧

脱毛は健康に悪いのか

健康に悪い影響を及ぼす

脱毛って健康に悪い影響を及ぼすの?

どこの部位にしろ、脱毛してもらう時は、専門サロンか医療クリニックに数ヶ月から数年の間通うことになります。

このふたつのうち、脱毛効果がより強いとされているのは、レーザー光を使う医療クリニックの方です。

脱毛の初心者の中には、

「レーザー脱毛には皮膚癌のリスクがある」
「内臓に悪い影響が出るという論文が発表された」
「レーザーを当てすぎるとシミができてしまう」

というような噂をネットで見て不安になり、クリニックでの脱毛をためらっている人もいます。

果たして上記のような問題は本当に起こるのでしょうか?

答えをいうと、それらの噂はすべてデマです。

日本医学脱毛協会によれば、医療用のレーザーで皮膚癌になる心配など、まずありません。逆にシミ・ほくろの治療に使われているくらいです。

またレーザー光は毛根の深さまでしか届かないように波長が調節ずみなので、内臓の調子を悪くすることもありません。

確かにレーザーのパワーは強烈です。肌の炎症が起こったり、赤み、むくみなどの副作用が生じるケースもありますが、何しろ施術しているのがお医者さんですので、症状に応じた処置をすぐに取ることができます。

一方、レーザーより威力の劣るIPL(インテンス・パルス・ライト)で施術するサロンの方ですが、実は光の中途半端なパワーによって悪い影響が生じることがあります。

例えば、抜け落ちないで毛根に残った毛が太くなったり長くなったりする「硬毛化」、それまで発毛機能が衰えていた毛穴まで活性化してしまう「増毛化」など、色々な副作用が報告されています。

どうしてもこれらの副作用を避けたいなら、なるべく医療クリニックでレーザーによる施術を受けた方がいいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の後の献血

脱毛の後献血した女性

脱毛の後、献血しても大丈夫?

脱毛サロンや医療クリニックでの施術の後、以下のような行為について「なるべく避けるように」と注意されることがあります——

・体温が上昇する行為(入浴、マッサージ、激しい運動など)
・日焼け
・飲酒
・予防接種

なぜこれらの行為が「ダメだ」といわれるのでしょうか?

サロンやクリニックでの施術では、光やレーザーを照射した毛根部分が高熱を持ちます。その熱は周辺の毛穴などの皮膚にも伝わるため、肌そのものがどうしても軽いやけど症状を呈してしまいます。

このような熱を持った肌はバリア機能が衰え、普段ならなんでもないことでさえダメージを受けがちです。

上記の行為はいずれも肌にかなりの刺激を与えるため、なるべくやらないようにして肌を保護すべきだ、というわけです。

では、献血に関してはどうなのでしょう?

結論から先に述べると、基本的に脱毛直後の献血は大丈夫です。

施術による影響というのは表皮だけにとどまっています。それより深部の血液、血管、内臓といったところへ影響が及ぶことはありません。血液、血漿、血小板などを採取してもらっても問題が起こることはないでしょう。

ただひとつ気をつけてほしいのは、腕の脱毛を行った場合です。

上述したように、施術後というのは毛穴が軽いやけど状態になっていて、肌そのものがデリケートになっています。

献血をする時は——

・血圧測定による圧迫

・検査用の採血

・アルコールとヨード系消毒液を用いた消毒

といった過程を経た後、ようやく献血を行います。

これらの行為はすべて腕の表皮に相当な負担をかけるものなので、施術後の肌のコンディションを悪化させがちです。

ということで、腕の施術をしてもらった場合、献血はなるべく避けた方がいいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛すると毛が抜ける

美容を気にかける女性

脱毛サロンでの光脱毛の仕組みとは?

以前は一部の人しか利用しなかった脱毛サロンも、今や美容を気にかける女性にとっては当たり前の存在——。

中にはぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美といった有名タレントをCMに起用する店まで登場し、ますます脱毛に対するハードルは下がってきています。

ただ施術そのものについてはまだまだ「知らない」という人が多く、昔の美容電気脱毛(ニードル脱毛)の影響か、針を毛穴に突き刺して一本一本引き抜いていく、という誤ったイメージを持っている方も少なくありません。

もちろん、最近の施術は大いに様変わりしています。

脱毛サロンで最も多く採用されているのは、メラニン色素に反応する特質を備えたIPL(インテンス・パルス・ライト)という光をムダ毛に当てる方法。

この照射によって毛根部分は高熱に包まれるため、毛乳頭や毛母細胞といった組織が損傷を受けます。こうして毛を生やす機能が弱体化し、脱毛効果が生み出されるのです。

毛というのは成長期→退行期→休間期→成長期というサイクルで絶えず生まれ変わっています。そして同じ部位でも、それぞれの毛が現在どの時期にあるかは一致していません。

IPLは成長期の毛に限って効果がありますから、部位全部の毛を処理するにはどうしても日数がかかるわけです。

ちなみに施術後の毛はしばらくすると抜け落ち、そこは無毛状態になるのですが、1〜3週間後には、また延びてきます。これは照射前に皮膚の下に隠れていた毛です。

この毛は細くなっていて、簡単な刺激で抜け落ちてしまいます。ただ、毛根部分はまだまだ元気——。
脱毛効果をアップするためにはあえて抜かないようにし、次回の施術で処理してもらうようにしましょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

電気脱毛

メリットが多い

電気脱毛について

最近の医療クリニックではレーザーによる脱毛が主流になっています。

直接肌に照射すればいいだけですし、作業もスピーティに進みます。多少の痛みはともないますが我慢できないほどではなく、施術後の赤みやかゆみもケアさせしっかりすればすぐに消えてしまいます。大変にメリットが多いため、「クリニックの脱毛といえばレーザー」となったのも当然といえます。

ただ日本でレーザーの導入が始まったのは1997年のこと。まだ20年しか経っていません。

それまでの脱毛に関してはどういう方法が取られていたのかというと、「電気脱毛」が一般的でした。

電気脱毛は、「美容電気脱毛」「絶縁針脱毛」「ニードル脱毛」とも呼ばれています。

その仕組みですが、まず毛穴に「絶縁針」という極細の針を入れて、電気を流します。その時に発生する熱で毛根部分を破壊。半永久的に発毛を阻害する、というものです。

何しろ毛穴に直接針を刺していくわけですから、それだけでも注射嫌いの人なら怖気を震うでしょう。おまけにそこに電気を流すのですからゾッとします。

実際、痛みはかなり激しく、施術中に涙を見せる客も少なくない、といいます。

おまけに面倒な手作業なので、費用も安くありません。レーザー脱毛なら10万円〜20万円ですむヒゲ脱毛が、電気脱毛にすると30万円〜50万円になってしまいます。

これだけのデメリットがあるにもかかわらず、現在でも電気脱毛が行なわれている理由は、その脱毛効果の高さ。

永久脱毛といえばレーザーというイメージがありますが、実はまたムダ毛が生えてくる場合もあります。その点、電気脱毛の方は毛根をひとつずつ破壊していくため、確実に脱毛したい人には根強い人気があるのです。

10年20年とずっとツルツルにしておきたい人は、電気脱毛をしてもらうのがいいかもしれません。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

ダイオードレーザー脱毛

体に大きなダメージを与える

医療クリニックで使われるダイオードレーザーとは?

医療クリニックの脱毛で採用されている機器は、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー(YAG)」の3種類がほとんどです。

いずれのレーザーも直接肌へ照射します。波長と照射時間が最適化されていて、周りの組織には影響を及ばさずに毛根部分に到達。そこでメラニン色素に反応し、熱エネルギーへと変わります。その熱によって毛乳頭や毛母細胞に大きなダメージを与え、発毛機能を衰えさせるのです。

この3つのうち、最もバランスがよいとされているのがダイオードレーザーです。

ヤグレーザーは肌トラブルは少ないのですが、脱毛効果、および持続性が低いのがデメリット。さらに波長が1,064ミリで、真皮よりも深い皮下組織にまで到達します。そのため、どうしても痛みが強くなります。

アレキサンドライトレーザーは、使われている波長が755ミリと脱毛には最適ですが、産毛には効果が低く、色黒の人には使えません。

一方、ダイオードレーザーは出力やパルス幅を調整することができるので、毛の色、太さ、肌の色に関係なく、施術が可能です。

そのため、サロンで脱毛してもらったものの産毛が残った人、色が黒いために契約を断られてしまった人でも、ダイオードレーザーを備えているクリニックなら脱毛を行うことができます。

また、照射野が四角形というのも特徴のひとつで、施術していてもムラができにくくなっています。二重照射の必要もなく、一回当たりの施術が他のレーザーよりもスピディー。そのため、予約が取りやすくなるというメリットもあります。

医療クリニックに行くなら、ダイオードレーザーで施術してくれるところを選ぶといいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛人口が増加した理由

脱毛人口が増加

脱毛人口が増加した理由って?

ここ数年、脱毛がブームになっています。

実際、リクルートライフスタイルBeauty総研が、

「20歳から34歳の女性の27.9%がサロンの脱毛メニューを利用した」

というデータを発表しています(2013年)。27.9%というのは、あくまで2012年から1年間の数字。最近ではおそらくもっと多くの割合の女性(あるいは男性)がサロンや医療クリニックで施術を受けているでしょう。

これだけ脱毛する人が増えた理由のひとつに、脱毛方法の変化があります。

以前主流となっていた脱毛方法は、ニードル脱毛と呼ばれるものでした。

ニードル(針)という言葉の通り、毛穴に特殊な針を突き刺し、そこに電気を通して毛根部分を弱体化します。そのことで発毛機能を衰えさせ、毛が生えないようにするのです。

注射嫌いなら聞くだけでゾッとするような方式ですが、実際痛みが激しく、施術にはかなりの忍耐力が必要でした。おまけに毛穴一つ一つを丁寧に処理しなければならないため、どうしても日数がかかります。当然、施術費用も高額です。

これに代わって登場したのが、レーザー脱毛と光脱毛。両方ともメラニン色素に反応する特殊な光(レーザー)を利用するところが特徴で、施術も肌に照射するだけでオーケー。毛根部分が高熱に包まれ、発毛を阻害してくれます。

この方法によって施術時間は大幅に短縮され、痛みもはるかに軽くなりました。
このことが脱毛人口の増加を生んだのです。

さらに最近では光脱毛も進化し、これまでのIPL方式に加えてハイパースキンという方式も出てきました。これはバルジという部位にある発毛因子を損傷し、発毛を抑えるというものです。

これからもさらに脱毛方法が開発され、サロンやクリニックの利用者が増えていくことは間違いありません。
ひょっとしたら脱毛するのが当たり前という時代もくるかも……。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロンの比較

どこを選んでいいのか分からない

各脱毛サロンの特徴について

脱毛サロンも近年になって店舗の数がものすごく増えました。
「通ってみたいけれど、どこを選んでいいのか分からない」という人もいるでしょう。

そんな人のために、代表的な脱毛サロンの特徴を説明してみます——

キレイモ

ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美といった有名タレントを起用したテレビCMでおなじみの全身脱毛専門サロン。知名度は抜群です。

月額制プランを採用しており、施術してもらった分だけ払えばいいという点が魅力。
気に入らなければすぐに退会できます。

学割制度が充実しているため、学生さんの会員が多いのも特徴のひとつ。

銀座カラー

設立が1993年5月28日。もう20年以上営業を続けている老舗サロンです。

最大の特徴となっているのが、「スピード脱毛」。他のサロンでは全身脱毛1回分の施術に、1時間半から2時間ほどかかってしまうのですが、銀座カラーの場合はわずか60分ですみます。

なぜこんなことができるのかというと、スライド式の脱毛器を用いているから。これに慣れてしまうと、他のサロンの施術がすごく遅く感じてしまいます。

脱毛ラボ

脱毛ラボはとにかくリーズナブルに全身脱毛ができると評判の店。

「全身48ヶ所」と「選べる24ヶ所」というプランでは、「15ヶ月無料体験」という割引キャンペーンを実施しています。これだけ長期間に渡る割引は他のサロンではありえません。

また、アトピー肌でも施術を受けつけてもらえるのが助かります。

ミュゼ

全身脱毛が月額8,400円から始められるという、お得な料金プランが魅力。

プラセンタ配合のトリートメントケアを使うため、美肌効果も期待できます。

いかがでしょうか?
他にも様々な店舗があるので、それぞれの公式サイトをぜひチェックしてみて下さい。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の金額について

全身脱毛を行う

全身脱毛を行う場合の料金はいくらなの?

全身脱毛を行う場合、料金は一体どれくらいかかるのでしょうか?

有名脱毛サロンや医療クリニックの公式サイトなどをチェックし、以下のように値段をまとめてみました(カッコ内は施術回数)——

脱毛サロン

・銀座カラー……197,650円(回数無制限)
・TBC……176,100円(6回)
・キレイモ……114,000円(6回)
・エピレ……176,100円(6回)
・ミュゼ……189,000円(6回)
・コロリー……199,000円(12回)

医療クリニック

・レジーナクリニック……189,000円(5回)
・リゼクリニック……298,000円(5回)
・アリシアクリニック……288,750円(5回)
・青山ジュエルクリニック……219,000円(6回)
・新宿中央クリニック……219,000円(5回)
・フェミークリニック……350,000円(5回)
・湘南美容外科……348,000円(6回)

脱毛サロンの場合、平均費用は168,975円。医療クリニックの場合は、285,731円となっています。

どちらで施術してもらうにせよ、料金は12万から35万でやはり高額となります。

平均費用を見ると、脱毛サロンより医療クリニックの方がはるかに高いのですが、これはクリニックがレーザーを使い、永久脱毛を行ってくれるからです。

脱毛サロンで行われている脱毛処理はあくまで「減毛」であり、時間が経つと再び毛が生えてきます。

もっと長い間ムダ毛が生えてこないようにするには、値段は張るのですが、医療クリニックで施術を受ける方がいいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛機器

脱毛の需要が高まる

医療クリニックのレーザー機器にはどんなものがあるの?

医療クリニックでは施術にレーザー機器を用います。
脱毛の需要が高まるにつれ、様々な新機軸のものが登場してきました。

それらをいくつか紹介してみましょう。

まず、アレキサンドライトレーザー。

使われている波長は755mm。これは毛根の組織にちょうど届く長さです。日本人の黒い毛にピッタリだというので、1997年の導入以来、現在まで使われ続けています。

また、アザ、シミ取り、ニキビ痕改善などの効果も備えているので、美肌治療にも欠かせません。

続いて、ダイオードレーザー。

ダイオ—ドレーザーの最大の特徴は、他のレーザー脱毛に比べて痛みが少ないという点。

レーザー脱毛は毛根の細胞を熱によって破壊し、脱毛効果を得ます。
照射によって肌は軽い火傷の状態になりますから、痛みはどうしても出てしまいます。

ダイオ—ドレーザーには冷却や吸引機能などに工夫が凝らされていて、その痛みを軽減してくれます。

また、波長を細かく調整することで、サロンなどでは施術不可の色黒の人や日焼けした人にも対応することができます。

最後にYAGレーザー。

アレキサンドライトやダイオ—ドと比較すると波長が長く、レーザーが肌の奥にまでしっかりと届くのが特徴です。

黒色色素へ局所的に熱を送り込むのが得意で、色素沈着が生じやすい部位(VIOや脇など)、あるいは肌の黒い部分に使われます。

他のレーザー機器に比べると痛みが強いのがデメリットですが、それだけ頑固な毛にも効果があります。

主だった機器は以上です。
クリニックを選ぶ時は、そこでどんな機器が使われているか、確認するのもいいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛体験コースがおすすめ

脱毛は今や一種のブーム

初心者なら体験コースがおすすめ

脱毛は今や一種のブームといっていいでしょう。
チェーン展開をしている有名サロンが全国の主要都市に競って出店し、顧客獲得にしのぎを削っています。

これだけの店があるからにはそれだけたくさんの人が脱毛に通っているわけですが、中には、

「脱毛サロンに通いたいけど、費用がかかりすぎてあきらめている」
「完了まで長くかかると聞いているので、プランを申し込むのが不安」

という人も少なくありません。

そんな人におすすめしたいのが格安な体験コース。

あくまで初めて利用する人に限ったサービスですが、正規のプランでは考えられないような値段で憧れの脱毛を体験することができます。

例えば、全国で170を越える店舗数を誇る有名サロン・ミュゼ。ここでは4〜6ヶ所がセットになった全身脱毛コースが、なんと200円で体験できます。しかも、両脇とVライン脱毛に関しては通い放題。他の店では最低でも数千円はかかりますから、とんでもない安さです。

また、ミュゼほどではないのですが、ジェイエステの「顔脱毛プラン」もリーズナブル。「おでこ」「Cライン」「両頬」「口周り」「両フェイスライン」「あご」といった計6か所を2回も脱毛できて、値段は5,000円。

顔の産毛というのは処理をすると明るさがワントーン上がり、化粧のノリも良くなります。脱毛効果を実感するのにはピッタリ。それをこの値段で体験できるというのは、他のサロンでは考えられません。

さらにディオーネというサロンなら、今流行りのVIO脱毛が5,400円で体験できます。

他にも各サロンが様々な体験コースを用意しています。
ネットで公式サイトをチェックして、気に入ったものを選んでみてはいかがでしょうか?

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ