脱毛コラム

肌トラブル解消のためにも顔脱毛がオススメ

「顔」は他人の視線が常に向けられることもあり、お手入れが欠かせない部位。

ただケアのときに「邪魔だなあ」と思えるのが、細かく生えている産毛です。

伸びすぎていると剃ったりすることになりますが、これも続けていると黒ずみなどの原因になり、見栄えが悪くなることに……。

こんな産毛の悩みを解消するため、サロンで脱毛してもらう女性も多くなっています。

かつての顔脱毛は料金がリーズナブルとは言えませんでした。顔は「施術が困難」とされ、キャンペーンでも値下げ対象にはならなかったのです。

ところが最近は脱毛技術が改良されたこともあって料金も下がり、気楽に施術できるようになっています。

とはいっても、サロン未経験者が施術に通うのは何となくハードルが高いものです。

そこでこのページでは、顔脱毛の詳しい情報やサロンの選び方について紹介してみることにしました。

以下の情報が、産毛で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

現在の脱毛はレーザーの原理を応用している

顔脱毛の詳細について書いていく前に、まず現在の脱毛がどのような方法で行われているのか、簡単に解説しておきます。

以前、脱毛の施術はかなり面倒でした。脱毛専用に開発された「プローブ」と呼ばれる針をスタッフがひとつひとつの毛穴に突き刺し、電気を流してその毛根を焼き切っていたのです(これを「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と呼びます)。

これは毛根の発毛機能を破壊する点ではベストなのですが、何しろ毛穴に針を刺していくわけですから痛みは避けられません。
ましてやそこに電気を流すということで、非常に怖いイメージがつきまといます(「脱毛は痛くて怖いもの」という印象が世間に流布したのは、この脱毛方法のせいが大きいようです)。

やがてこのニードル脱毛は「時間がかかりすぎる」という理由もあって流行らなくなりました。現在では一部の医療クリニックでしか行われていません。

ではいまメインになっている脱毛方法は何かと言うと、効率の良い「光脱毛(フラッシュ脱毛)」。

このフラッシュ脱毛は、レーザー光の原理を応用したもの。レーザー系の光は波長によって色々な色素に反応するのですが、脱毛で使われている光の場合は黒いメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変わります。

そのことで毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった発毛組織に大きな損傷を与え、発毛を阻害してくれるのです。

レーザー系の光のうち、サロンで最もポピュラーなのは「IPL(インテンスパルスライト)」というものです。

このIPLは、もともとエステでニキビ痕、赤ら顔、毛穴の引き締め、くすみなどの改善に使用されていたもの。
脱毛用に流用された後も美肌効果があるので、照射していくうちに肌の状態も良くなってきます。

最近ではこのIPL方式以外に、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式が続々と開発されています。

サロンによって施術方法も多様なので、自分の条件にふさわしいものを選ぶといいでしょう。

顔脱毛の平均料金はいくら?

顔脱毛することを考えた時、最も心配になるのはその料金でしょう。

有名サロン20社のデータから平均料金を出すと「41,033円」ということです。

これを高いと見るか安いと感じるかは、その人の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛は医療クリニックでも可能です。

こちらも平均料金を算出すると「131,325円」となりました。

つまり、医療クリニックで施術してもらうと、料金はサロンの3倍以上になるわけです。

さすがに13万円超となると「お高い……」と感じる人が多いかもしれません。

ただクリニックでは、一生ムダ毛が生えてこない「永久脱毛」が可能です。

サロンかクリニックか、慎重に決めて下さい。

初心者には「お試しコース」がベスト

サロンのプランの中で初心者にオススメしたいのが、格安なお試しコース。これによって脱毛技術、接客態度、サービスの内容などがチェックできます。

なお、申し込みは店に連絡するよりもネット経由で行なう方がいいでしょう。
特典として料金を値下げしてくれるところもあります。

まず目星をつけたサロンのサイトへ行き、施術可能箇所や料金を細かくチェックした上で申し込みましょう。

その後の手順ですが、申し込み時に予約した日にサロンへ出向きます。

この時、スタッフによるカウンセリングが最初に行われます。この費用はタダなので安心して下さい。

内容は、脱毛についてのガイダンス、脱毛希望部位や病歴の聞き取り、プランに関する説明など。
いい機会なので、こちらからも疑問点を色々と聞いてみましょう。

このカウンセリングだけで初日は終了。施術に関しては予約した上で後日受けることになります。

施術の際は——

・スタッフの接客態度やサービスは?
・痛みがあるとしたらどの程度か?
・術後の保湿ケアには気を配っているか?

などの点をしっかりとチェックしましょう。

これで満足できる結果が出れば、そのまま正規プランを契約すればいいですし、満足できなければそのまま終了です。後者の場合は他のサロンを再びチェックし、同じように「お試し」で施術を受けることになります。

最近は脱毛ブームということでサロンの数が急増していますから、必ず自分にふさわしい店に出会えるはずです。

顔脱毛ならオススメは「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で評価が高いサロンを2つだけ紹介します。

まずオススメなのが、渡辺直美、ぺこ&りゅうちぇる、板野友美などが登場するCMで知られる「キレイモ」。知名度は抜群です。

キレイモの顔脱毛のメリットは、他のサロンと比較して施術できる部位が多いことです。他店で脱毛したものの不満で、キレイモでわざわざ施術し直す女性もいるようです。

続いて推薦したいのは、「ジェイエステティック」。

ここで最も人気を集めているのは「フェイス6」というプラン。1回の料金がわずか2,500円というのですからビックリです。「なるべくリーズナブルに顔脱毛したい」という人にはもってこい。

またヒアルロン酸のジェルを使っているので、施術の熱のせいで乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してくれます。

「サロンの数が多すぎて、どの店にしたらいいか分からない……」という人は、ぜひこの2つをサイトでチェックしてみて下さい。

以上、脱毛方法、平均料金、お試しコースなどについて紹介してきました。

これ以降は、顔脱毛を続けるうちに生じる疑問や、スムーズな施術のための注意点について、具体的に説明していきましょう。

歯の治療と脱毛の関係は?

毛というのは1本1本がバラバラに成長するため、脱毛処理すべき時期がそれぞれ違います。
そのために完全な脱毛には日数と手間がかかってしまうのです。

毛周期というものを計算に入れると、サロン通いが数ヶ月に及ぶのも仕方ありません。

そのように施術が長期に渡るため、その間に虫歯になって歯医者に行かなければならない、という人も出てくるでしょう。

間を空けて予約を取れればいいのですが、多忙な人など、歯の治療の次の日に脱毛をおこなう可能性もあります。こんな場合、何か具合の悪いことはないのでしょうか。

気になったのでサロンに質問してみると、「通常の歯の治療なら、翌日に問題なく脱毛もできる」とのこと。

ただ、注意する点がひとつあります。それは、歯医者で処方される痛み止めについてです。

実は、一部の痛み止めには「光線過敏症(光過敏症)」という症状を誘引する物質が含まれています。

これは光を当てると肌が過剰反応(むくみ、かゆみ、水ぶくれなど)を引き起こすというもの。痛み止めを飲んだら必ずこの症状が起こるというわけではありませんが、リスクを減らすためにも施術前は痛み止めを摂ることは厳禁です。

もしうっかり痛み止めを飲んでしまった場合、必ずスタッフに申告しましょう。

また歯列矯正中という人も、施術前にそのことを店の人に報告して下さい。
器具に光が反応すると熱が発生し、口の中が火傷になる可能性があります。口周りの施術は避けるべきです。

ただ同じ矯正器具でも、プラスチックやセラミックのような非金属なら、施術しても大丈夫です。

このように条件は色々変わってくるので、不安な点があったら必ずスタッフと相談するようにして下さい。4

顔にニキビができていると、施術は不可になる?

脱毛では上述したように高熱を発するレーザー系の光を使うため、ごくまれに体調に影響を受ける人もいます。そのため、サロンでは施術の上で色々な条件を設けています。

たとえば長いムダ毛があると、そのメラニン色素で光の反応が起き、毛が燃え上がることがあります。そうならないためにあらかじめ客の方で毛を短くしておく必要があるのですが、ついそれを忘れて長いままサロンを訪れる人もいます。
その場合、その部位の施術は後回しになってしまいます。

また過度の皮膚の乾燥も施術中止の原因となります。
もともとの肌の乾燥がひどいと、光で生じる高熱でトラブルが起こりやすくなるからです。

では、ニキビのせいで施術中止、ということはあるのでしょうか?

サロンの何軒かに電話して質問してみたところ、大部分の店ではニキビがあっても施術オーケーでした。

というのもIPLという光は、黒いメラニン色素を含んだ発毛組織(毛母細胞、毛乳頭など)を破壊するだけで、ニキビのような色の薄い部位には害を及ぼさないからです。
施術しても問題はありません。

ただ、炎症がひどいと話は違ってきます。
照射によって症状が悪化することもあるので、施術できるどうかは経験を積んだスタッフの判断を仰いで下さい。

施術で照射される光によって、シミやそばかすができる?

現在の脱毛方法はレーザーの原理を応用したもので、黒いメラニン色素に反応する光をムダ毛のある肌に当てる、というものです。これはサロンも医療クリニックも変わりません。

「レーザーのような強い光を肌に照射したら、日焼けみたいになってシミが残るのでは?」と不安を感じる人もいるかもしれません。

確かに紫外線による日焼けは、肌トラブルの原因のひとつとなっています。サロンのIPLも光度の大きい強烈な光なので、紫外線と同様に肌に色素沈着を起こすのではないか、と誤解しがちです。

しかしこれまで述べてきたように、サロンで光を照射する脱毛器は、元々エステで肌トラブル解消のために活用されてきた歴史があります。美肌ケアに役立つくらいですから、決して肌に有害なものではありません。

「でも『顔脱毛をしたせいでシミができてしまった』っていう口コミをネットで見かけるけど?」

そう言って反論する人がいるかもしれません。

このような投稿については、2つの理由が考えられます。

まず肌のターンオーバーのために、深層に潜んでいたシミが表面にあらわれた、というもの。

施術によって新陳代謝が活発になり、それまで隠れていたシミが肌にあらわれることは珍しくありません。

ただ、それらのほとんどはターンオーバーがさらに促進されると消えてしまいます。

あと施術によって乾燥した肌にうっかり傷がつき、術後のケア不足からそれが痕になってしまうケース。この痕をシミだと勘違いしてしまうことがあります。

いずれにせよ、傷やシミができるのは別に脱毛が直接の原因というわけではありません。施術を受けても肌の状態は悪化しませんので安心して下さい。

サロンに通うときはスッピンでないとダメ?

契約後、施術のためにサロンに初めて行く際、初心者が戸惑うのが、

「化粧をしていっていいのか?」

ということ。

なにしろ顔を脱毛するわけですから、メイクをしていたのでは施術の邪魔になります。

しかし、素顔でも問題のない10代の女の子ならともかく、常に化粧をバッチリ決めた大人の女性がサロンに行き着くまで人中をスッピンで歩くのも大変……。知らないうちはそのことで不安を覚えるでしょう。

先に結論を述べてしまうと、いつも通りにメイクをしていっても大丈夫です。

というのも、有名サロンのほとんどは化粧用のブースを設けていますし、自分でやらなくても施術担当者がメイクを落としてくれるサービスもあります。

ただ、そんな設備やサービスがあるといっても、濃い化粧をしていくとそれだけオフするのに時間が取られてしまいます。

サロンスタッフに嫌な顔をされないためにも、化粧は薄めにし、スピーディに脱毛に移れるように心がけましょう。

以上、顔脱毛全般について様々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考にしながら、自分に合ったサロンを見つけて下さい。
顔脱毛をすることで自己処理の必要もなくなり、肌の状態も改善されていくはずです。

脇脱毛がオススメ

ワキのコンディションのためにも脱毛がオススメ

5月を過ぎ、気温が徐々に上がってくると、肌を見せる機会も増えてきます。
特に夏たけなわの8月ともなると、半袖やノースリーブで外へ出ることが多くなるでしょう。

その時に注意を払う必要があるのが、ワキに生えているムダ毛です。

処理がキッチリとされていないと、腕を無防備に上げた時など他人にのぞかれてしまい、とんだ恥をさらすことになります。

ただ、ワキ毛の自己処理というのは相当手間がかかります。カミソリを使っている場合は、1日でも怠けるとすぐブツブツが目立ってきますし、毛抜きで抜くと痛みがひどく、処理そのものがイヤになります。

「自己処理が大変だから、サロンで脱毛してもらおうか……」

そう考えてしまう女性も多いでしょう。でもサロン初心者にとって、脱毛の施術を受けるというのは結構ハードルが高い行為です。

「脱毛ってどれくらいの日数がかかるの?」
「完了までに受ける施術の回数は?」
「痛みがひどいという話だけど、本当なの?」
「最終的に費用はいくらかかる?」

結局、これらの疑問点のためにウジウジと悩み続け、サロンには通わないまま自己処理をやっている、という人も少なくありません。

そこでこのページを立ち上げ、ワキ脱毛に関する情報、そしてサロンの選び方について説明し、初心者の疑問を解決してみることにしました。

以下に述べられた情報が、ワキ毛で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

そもそも「脱毛」とはどんなものか?

ワキ脱毛の情報を紹介していく前に、まず「脱毛とはそもそもどんなものか?」ということを説明します。

まだまだ誤解している人が多いのですが、サロンや医療クリニックでの「脱毛」というのは、別に一本一本の毛を器具で抜いていく行為ではありません。
脱毛は毛を再び生やさないようにする技術であり、皮膚の奥に隠れている毛根部分がそのターゲットなのです。

脱毛は「古代文明ですでに行われていた」と言われるほど歴史が古く、その技術は徐々に進歩してきました。しばらく前は電気針を用いて毛根を焼き切っていましたが、現在は新しい方法が開発され、特殊な光を肌に当てて毛根に影響を及ぼします。

この時に使われるIPL(サロンで使用)やレーザー(クリニックで使用)などの光は、黒いメラニン色素だけに反応し、光から熱に変化する特徴を持っています。照射すると皮膚はそのままで、発毛を促進する組織(毛母細胞、毛乳頭など)だけに大きな損傷を与えます。

この方法は脱毛の歴史を塗り替える画期的なものでした。
おかげで施術を受ける人も爆発的に増え、近年ではこれまでの顔、脚に加え、VIOなどの特殊な部位も脱毛する女性が出てきました。

その中でもワキは最も人気のある部位。脱毛初心者が最初に施術してもらうところも、圧倒的にワキだと言われています。

また、ワキは汗腺が特に集まっているところです。そのために老廃物や汚れが溜まりやすく、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎といった症状や病気が発生しやすくなっています。

ワキの健康的なコンディションをキープするためにも、ムダ毛を1日でも早く脱毛し、刺激の強い自己処理とサヨナラしましょう。

気になるワキ脱毛の詳細(施術回数、費用、痛みの有無)について

上に述べた説明で、ワキ脱毛のメリットがご理解頂けたでしょうか?

メリットを知って「今すぐにでもサロンと契約して脱毛の施術を受けたい」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンを選ぶ段になると、以下のようなことが心配になると思います——

・施術回数は最低でどれくらいなのか?
・料金は総額でいくら必要なのか?
・施術時の痛みはあるのか? 痛みのない方法は?

これらの疑問について、順番に説明していきましょう。

まず、施術回数について。脱毛というのは簡単なものではなく、たった1、2回の施術では完了しません。ムダ毛が半永久的に生えないようにするには、かなり長い期間が必要となります。

特にワキというのは、剛毛が集中的に生えている厄介な部位です。さらに毛根が深い箇所にあり、他の部位に比べて施術に時間がかかると言われています。そのため、顔や脚よりも施術の回数が増えてしまうのです。

もちろんサロンの脱毛方法や個人による差はあるのですが、脱毛完了まで12回〜18回、と見ておいた方がいいでしょう。

続いて料金について。

こればかりはサロンによって大きな幅があります。老舗の高級サロンになると、施術ごとにビックリするような金額を請求するところもあるそうです。

ただ、ワキ脱毛に関しては初心者向けで、大抵の店で料金は低く抑えられています。

「その中でも特にリーズナブルな店は?」と思ってネットで丹念に調べてみると、ぜひ推薦したいサロンがありました。

それは全国展開しているチェーン店「ミュゼ」。雑誌の広告で見た、という人もいるでしょう。

特に人気なのが「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。何しろ料金はわずか100円。缶ジュース並みの値段です。

こんな価格で施術してもらえるところは他にはありません。なるべく安価に脱毛したい人には最適と言えます。

最後に、痛みの有無、について。

結論を述べると、多くのサロンでは施術の際に痛みが伴います。

というのも、IPLによる脱毛というのは毛根が高熱によってダメージを受けるため、その周辺の皮膚も軽い火傷状態に陥ってしまうのです。
いわば肌の奥にお灸をすえたような感じです。

もちろん火傷と言っても大したことはありませんが、毛穴が熱を持った状態というのはあまり快適ではありません。

このようなIPL方式の欠点を克服しようと、最近になって色々な方式が新しく考案されています。

その中のひとつが、SSC方式です。

SSC方式がIPL方式と異なるのは、クリプトンライトを使う、というところ。

IPLではムダ毛に光を当てるだけで脱毛効果が生じるのですが、クリプトンライトは単独では効果がありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、肌に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを当てると毛根がダメージを受け、発毛が阻害できるのです。

SSC方式の最大の長所は、ジェルとの組み合わせで効果を発揮するため、高熱にする必要がないこと。したがって痛みも全くといっていいほどありません。

ちなみに、上で紹介したミュゼはこのSSC方式の脱毛機器を使っています。

「痛みが苦手なので脱毛はちょっと」という女性も、ミュゼなら大丈夫です。

ワキ脱毛を成功させるために

「ミュゼなら格安で痛みがないのでオススメ」と書きましたが、近所に支店がないこともあります。そんな時は、他のサロンと契約しなければなりません。

ただ、現在は脱毛人口が増えたせいで新規の店が続々と参入し、以前よりもサロンの数が多くなっています。初心者はどこがいいのか判断に迷ってしまうでしょう。

また、各サロンが盛んにキャンペーンを行っているのですが、これも条件がややこしく、どこが1番いいのかわかりづらくなっています。

そこでサロンと契約する際、気をつけるべき点を3つほどあげてみます。

施術可能回数が多いプランを選ぶ

脱毛についてはまだまだ知識が乏しい人が多く、たとえば1、2回ほど施術すればその部位のムダ毛はずっと生えてこない、と思い込んでいる方がいるようです。

もちろん、そんなことはありません。1、2回の施術では、ムダ毛をしっかりと処置することなどできません。
確かに施術後10日から1ヶ月ほどで部位は無毛状態になりますが、一定期間が経過すれば毛は再生します。

ムダ毛が生えないようにするには、数ヶ月から数年、レーザーやIPLを肌に照射し続けなければなりません。

しかも硬い毛が密集しているワキのような部位となると、施術回数が多くなるのはやむを得ません。

大体の目安は12回〜18回ですから、施術回数が一桁の安いプランを選んでしまうと脱毛が終わらない可能性が高くなります。

そうなると結局は追加施術をしなければならず、その費用は馬鹿になりません。
そんな事態を避けるためにも、施術回数が多いプランを選ぶようにして下さい。

契約の前に返金制度や施術期限を調べておく

サロンと契約すると、その店に定期的に通うことになります。

しかし通い続けるうちに、色々と不満を覚える場合もあります。
それが許せないレベルだと、契約を中途で解約したくなるでしょう。

解約を口にすると、サロンの方では当たり前ですがイヤな顔をします。不快な事態を招かないためにも、契約前に解約の詳細を調べておくことが必要です。

またサロンによっては、施術期間にタイムリミットを設けていることがあります。契約日から決められた日数が過ぎると、お金を払ったのに施術ができない、ということになりますので、これも契約前にキチンと確認しておくようにしましょう。

施術後の保湿ケアを心がけているサロンにする

暑い夏に入ると、ワキを露出する機会が増えます。
見栄えが良いように、ムダ毛はもちろん、黒ずみなどのトラブルもしっかりと治したいものです。

ケアのために重要なのは、肌の潤いをしっかりと保つこと。

脱毛サロンの中にはそのことに対応し、施術後の保湿サービスをしっかりとおこなっているところもあります。

こうした気の利いたサロンなら美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックの違いとはどういうものか?

ワキ脱毛を行ってくれるところには、脱毛サロンと医療クリニックの2つがあります。では、これらには一体どんな違いがあるのでしょうか?

実は脱毛の原理については全く変わりません。施術では、特殊な性質を備えた光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に直接当てます。そして発毛を促進する組織(毛母細胞、毛乳頭など)に大きなダメージを与えるのです。

ではどこに違いがあるのかというと、その光の威力です。

レーザー光はサロンのIPLと比べると、桁違いのパワーを備えています。
照射によって毛根組織は完全に破壊され尽くしてしまい、ムダ毛はその後全く生えてきません。

また、IPLでは脱毛が終わるまで10回以上の施術が必要ですが、レーザー脱毛ではその半分くらいで終わってしまいます。

もし「なるべく短い期間で脱毛を完了したい」と思っているなら、レーザーでの施術を選ぶべきです。

なぜワキ脱毛はリーズナブルなのか?

ミュゼの例でもお分かりの通り、ワキ脱毛の料金は非常に安くなっています。
初脱毛でワキを選ぶ人が多いのは、施術がリーズナブルということもあるでしょう。

では、どうしてワキ脱毛は安いのでしょうか?

まずあげられるのは「ワキの面積が狭い」ということ。

実は脱毛料金は面積に応じて決定されることが多く、その点で元々ワキは安価な部位というわけです。

次の理由は、サロン側の”戦略”。

初心者は最初にワキ脱毛をやりたがるため、「その料金をグッと抑えることで、施術のハードルを低くできる」とサロン側が考えているのです。

ワキはリーズナブルな上に、サロンの技術もすぐ分かります。
その点でも、最初の施術部位としてふさわしいといえるでしょう。

完了後、効果に満足できない時はどうすればいい?

ようやく施術が終わったものの、その効果に不満がある——。
そんな時は続けて施術を受けられますが、追加費用がかなりかかります。

それがイヤなら他のサロンに乗り換えるのもいいでしょう。ただ、カウンセリングからやり直すことになるので、かなり時間がムダになります。

こんな事態を避けるためにも、最初の契約時に高めのプランを選び、施術回数に余裕をもたせましょう。

脱毛してしまうとワキ汗の量が多くなる?

最後に、脱毛後の”ある噂”について、説明しておきます。

実はネットをチェックしていると、「脱毛した後、ワキ汗の量が増えてしまった」という口コミを何件か目にします。

そんな現象が、実際にあるのでしょうか?

最初に答えを言いましょう。——そんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗が増えた」と誤解している人がいて、そんな方たちが口コミを流しているようです。

調べてみると、

「脱毛が完了した後、これまでワキ毛でせき止められていた汗が肌を流れるようになり、量が増えたと錯覚する」

ということのようです。

つまり、単なる肌の違和感にすぎません。脱毛前と汗の量は同じなのです。

時間が経てば汗の流れにも慣れ、違和感もなくなるでしょう。

以上、ワキ脱毛の情報、サロンの選び方などについて、色々なポイントから説明してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページの知識を参考に、お気に入りの脱毛サロンを見つけて下さい。

脱毛が成功すればワキへの視線も気にならなくなり、肌の状態もきっと改善されていくはずです。

脱毛は健康に悪いのか

健康に悪い影響を及ぼす

脱毛って健康に悪い影響を及ぼすの?

どこの部位にしろ、脱毛してもらう時は、専門サロンか医療クリニックに数ヶ月から数年の間通うことになります。

このふたつのうち、脱毛効果がより強いとされているのは、レーザー光を使う医療クリニックの方です。

脱毛の初心者の中には、

「レーザー脱毛には皮膚癌のリスクがある」
「内臓に悪い影響が出るという論文が発表された」
「レーザーを当てすぎるとシミができてしまう」

というような噂をネットで見て不安になり、クリニックでの脱毛をためらっている人もいます。

果たして上記のような問題は本当に起こるのでしょうか?

答えをいうと、それらの噂はすべてデマです。

日本医学脱毛協会によれば、医療用のレーザーで皮膚癌になる心配など、まずありません。逆にシミ・ほくろの治療に使われているくらいです。

またレーザー光は毛根の深さまでしか届かないように波長が調節ずみなので、内臓の調子を悪くすることもありません。

確かにレーザーのパワーは強烈です。肌の炎症が起こったり、赤み、むくみなどの副作用が生じるケースもありますが、何しろ施術しているのがお医者さんですので、症状に応じた処置をすぐに取ることができます。

一方、レーザーより威力の劣るIPL(インテンス・パルス・ライト)で施術するサロンの方ですが、実は光の中途半端なパワーによって悪い影響が生じることがあります。

例えば、抜け落ちないで毛根に残った毛が太くなったり長くなったりする「硬毛化」、それまで発毛機能が衰えていた毛穴まで活性化してしまう「増毛化」など、色々な副作用が報告されています。

どうしてもこれらの副作用を避けたいなら、なるべく医療クリニックでレーザーによる施術を受けた方がいいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の後の献血

脱毛の後献血した女性

脱毛の後、献血しても大丈夫?

脱毛サロンや医療クリニックでの施術の後、以下のような行為について「なるべく避けるように」と注意されることがあります——

・体温が上昇する行為(入浴、マッサージ、激しい運動など)
・日焼け
・飲酒
・予防接種

なぜこれらの行為が「ダメだ」といわれるのでしょうか?

サロンやクリニックでの施術では、光やレーザーを照射した毛根部分が高熱を持ちます。その熱は周辺の毛穴などの皮膚にも伝わるため、肌そのものがどうしても軽いやけど症状を呈してしまいます。

このような熱を持った肌はバリア機能が衰え、普段ならなんでもないことでさえダメージを受けがちです。

上記の行為はいずれも肌にかなりの刺激を与えるため、なるべくやらないようにして肌を保護すべきだ、というわけです。

では、献血に関してはどうなのでしょう?

結論から先に述べると、基本的に脱毛直後の献血は大丈夫です。

施術による影響というのは表皮だけにとどまっています。それより深部の血液、血管、内臓といったところへ影響が及ぶことはありません。血液、血漿、血小板などを採取してもらっても問題が起こることはないでしょう。

ただひとつ気をつけてほしいのは、腕の脱毛を行った場合です。

上述したように、施術後というのは毛穴が軽いやけど状態になっていて、肌そのものがデリケートになっています。

献血をする時は——

・血圧測定による圧迫

・検査用の採血

・アルコールとヨード系消毒液を用いた消毒

といった過程を経た後、ようやく献血を行います。

これらの行為はすべて腕の表皮に相当な負担をかけるものなので、施術後の肌のコンディションを悪化させがちです。

ということで、腕の施術をしてもらった場合、献血はなるべく避けた方がいいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛すると毛が抜ける

美容を気にかける女性

脱毛サロンでの光脱毛の仕組みとは?

以前は一部の人しか利用しなかった脱毛サロンも、今や美容を気にかける女性にとっては当たり前の存在——。

中にはぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美といった有名タレントをCMに起用する店まで登場し、ますます脱毛に対するハードルは下がってきています。

ただ施術そのものについてはまだまだ「知らない」という人が多く、昔の美容電気脱毛(ニードル脱毛)の影響か、針を毛穴に突き刺して一本一本引き抜いていく、という誤ったイメージを持っている方も少なくありません。

もちろん、最近の施術は大いに様変わりしています。

脱毛サロンで最も多く採用されているのは、メラニン色素に反応する特質を備えたIPL(インテンス・パルス・ライト)という光をムダ毛に当てる方法。

この照射によって毛根部分は高熱に包まれるため、毛乳頭や毛母細胞といった組織が損傷を受けます。こうして毛を生やす機能が弱体化し、脱毛効果が生み出されるのです。

毛というのは成長期→退行期→休間期→成長期というサイクルで絶えず生まれ変わっています。そして同じ部位でも、それぞれの毛が現在どの時期にあるかは一致していません。

IPLは成長期の毛に限って効果がありますから、部位全部の毛を処理するにはどうしても日数がかかるわけです。

ちなみに施術後の毛はしばらくすると抜け落ち、そこは無毛状態になるのですが、1〜3週間後には、また延びてきます。これは照射前に皮膚の下に隠れていた毛です。

この毛は細くなっていて、簡単な刺激で抜け落ちてしまいます。ただ、毛根部分はまだまだ元気——。
脱毛効果をアップするためにはあえて抜かないようにし、次回の施術で処理してもらうようにしましょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

電気脱毛

メリットが多い

電気脱毛について

最近の医療クリニックではレーザーによる脱毛が主流になっています。

直接肌に照射すればいいだけですし、作業もスピーティに進みます。多少の痛みはともないますが我慢できないほどではなく、施術後の赤みやかゆみもケアさせしっかりすればすぐに消えてしまいます。大変にメリットが多いため、「クリニックの脱毛といえばレーザー」となったのも当然といえます。

ただ日本でレーザーの導入が始まったのは1997年のこと。まだ20年しか経っていません。

それまでの脱毛に関してはどういう方法が取られていたのかというと、「電気脱毛」が一般的でした。

電気脱毛は、「美容電気脱毛」「絶縁針脱毛」「ニードル脱毛」とも呼ばれています。

その仕組みですが、まず毛穴に「絶縁針」という極細の針を入れて、電気を流します。その時に発生する熱で毛根部分を破壊。半永久的に発毛を阻害する、というものです。

何しろ毛穴に直接針を刺していくわけですから、それだけでも注射嫌いの人なら怖気を震うでしょう。おまけにそこに電気を流すのですからゾッとします。

実際、痛みはかなり激しく、施術中に涙を見せる客も少なくない、といいます。

おまけに面倒な手作業なので、費用も安くありません。レーザー脱毛なら10万円〜20万円ですむヒゲ脱毛が、電気脱毛にすると30万円〜50万円になってしまいます。

これだけのデメリットがあるにもかかわらず、現在でも電気脱毛が行なわれている理由は、その脱毛効果の高さ。

永久脱毛といえばレーザーというイメージがありますが、実はまたムダ毛が生えてくる場合もあります。その点、電気脱毛の方は毛根をひとつずつ破壊していくため、確実に脱毛したい人には根強い人気があるのです。

10年20年とずっとツルツルにしておきたい人は、電気脱毛をしてもらうのがいいかもしれません。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

ダイオードレーザー脱毛

体に大きなダメージを与える

医療クリニックで使われるダイオードレーザーとは?

医療クリニックの脱毛で採用されている機器は、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー(YAG)」の3種類がほとんどです。

いずれのレーザーも直接肌へ照射します。波長と照射時間が最適化されていて、周りの組織には影響を及ばさずに毛根部分に到達。そこでメラニン色素に反応し、熱エネルギーへと変わります。その熱によって毛乳頭や毛母細胞に大きなダメージを与え、発毛機能を衰えさせるのです。

この3つのうち、最もバランスがよいとされているのがダイオードレーザーです。

ヤグレーザーは肌トラブルは少ないのですが、脱毛効果、および持続性が低いのがデメリット。さらに波長が1,064ミリで、真皮よりも深い皮下組織にまで到達します。そのため、どうしても痛みが強くなります。

アレキサンドライトレーザーは、使われている波長が755ミリと脱毛には最適ですが、産毛には効果が低く、色黒の人には使えません。

一方、ダイオードレーザーは出力やパルス幅を調整することができるので、毛の色、太さ、肌の色に関係なく、施術が可能です。

そのため、サロンで脱毛してもらったものの産毛が残った人、色が黒いために契約を断られてしまった人でも、ダイオードレーザーを備えているクリニックなら脱毛を行うことができます。

また、照射野が四角形というのも特徴のひとつで、施術していてもムラができにくくなっています。二重照射の必要もなく、一回当たりの施術が他のレーザーよりもスピディー。そのため、予約が取りやすくなるというメリットもあります。

医療クリニックに行くなら、ダイオードレーザーで施術してくれるところを選ぶといいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛人口が増加した理由

脱毛人口が増加

脱毛人口が増加した理由って?

ここ数年、脱毛がブームになっています。

実際、リクルートライフスタイルBeauty総研が、

「20歳から34歳の女性の27.9%がサロンの脱毛メニューを利用した」

というデータを発表しています(2013年)。27.9%というのは、あくまで2012年から1年間の数字。最近ではおそらくもっと多くの割合の女性(あるいは男性)がサロンや医療クリニックで施術を受けているでしょう。

これだけ脱毛する人が増えた理由のひとつに、脱毛方法の変化があります。

以前主流となっていた脱毛方法は、ニードル脱毛と呼ばれるものでした。

ニードル(針)という言葉の通り、毛穴に特殊な針を突き刺し、そこに電気を通して毛根部分を弱体化します。そのことで発毛機能を衰えさせ、毛が生えないようにするのです。

注射嫌いなら聞くだけでゾッとするような方式ですが、実際痛みが激しく、施術にはかなりの忍耐力が必要でした。おまけに毛穴一つ一つを丁寧に処理しなければならないため、どうしても日数がかかります。当然、施術費用も高額です。

これに代わって登場したのが、レーザー脱毛と光脱毛。両方ともメラニン色素に反応する特殊な光(レーザー)を利用するところが特徴で、施術も肌に照射するだけでオーケー。毛根部分が高熱に包まれ、発毛を阻害してくれます。

この方法によって施術時間は大幅に短縮され、痛みもはるかに軽くなりました。
このことが脱毛人口の増加を生んだのです。

さらに最近では光脱毛も進化し、これまでのIPL方式に加えてハイパースキンという方式も出てきました。これはバルジという部位にある発毛因子を損傷し、発毛を抑えるというものです。

これからもさらに脱毛方法が開発され、サロンやクリニックの利用者が増えていくことは間違いありません。
ひょっとしたら脱毛するのが当たり前という時代もくるかも……。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の金額について

全身脱毛を行う

全身脱毛を行う場合の料金はいくらなの?

全身脱毛を行う場合、料金は一体どれくらいかかるのでしょうか?

有名脱毛サロンや医療クリニックの公式サイトなどをチェックし、以下のように値段をまとめてみました(カッコ内は施術回数)——

脱毛サロン

・銀座カラー……197,650円(回数無制限)
・TBC……176,100円(6回)
・キレイモ……114,000円(6回)
・エピレ……176,100円(6回)
・ミュゼ……189,000円(6回)
・コロリー……199,000円(12回)

医療クリニック

・レジーナクリニック……189,000円(5回)
・リゼクリニック……298,000円(5回)
・アリシアクリニック……288,750円(5回)
・青山ジュエルクリニック……219,000円(6回)
・新宿中央クリニック……219,000円(5回)
・フェミークリニック……350,000円(5回)
・湘南美容外科……348,000円(6回)

脱毛サロンの場合、平均費用は168,975円。医療クリニックの場合は、285,731円となっています。

どちらで施術してもらうにせよ、料金は12万から35万でやはり高額となります。

平均費用を見ると、脱毛サロンより医療クリニックの方がはるかに高いのですが、これはクリニックがレーザーを使い、永久脱毛を行ってくれるからです。

脱毛サロンで行われている脱毛処理はあくまで「減毛」であり、時間が経つと再び毛が生えてきます。

もっと長い間ムダ毛が生えてこないようにするには、値段は張るのですが、医療クリニックで施術を受ける方がいいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛機器

脱毛の需要が高まる

医療クリニックのレーザー機器にはどんなものがあるの?

医療クリニックでは施術にレーザー機器を用います。
脱毛の需要が高まるにつれ、様々な新機軸のものが登場してきました。

それらをいくつか紹介してみましょう。

まず、アレキサンドライトレーザー。

使われている波長は755mm。これは毛根の組織にちょうど届く長さです。日本人の黒い毛にピッタリだというので、1997年の導入以来、現在まで使われ続けています。

また、アザ、シミ取り、ニキビ痕改善などの効果も備えているので、美肌治療にも欠かせません。

続いて、ダイオードレーザー。

ダイオ—ドレーザーの最大の特徴は、他のレーザー脱毛に比べて痛みが少ないという点。

レーザー脱毛は毛根の細胞を熱によって破壊し、脱毛効果を得ます。
照射によって肌は軽い火傷の状態になりますから、痛みはどうしても出てしまいます。

ダイオ—ドレーザーには冷却や吸引機能などに工夫が凝らされていて、その痛みを軽減してくれます。

また、波長を細かく調整することで、サロンなどでは施術不可の色黒の人や日焼けした人にも対応することができます。

最後にYAGレーザー。

アレキサンドライトやダイオ—ドと比較すると波長が長く、レーザーが肌の奥にまでしっかりと届くのが特徴です。

黒色色素へ局所的に熱を送り込むのが得意で、色素沈着が生じやすい部位(VIOや脇など)、あるいは肌の黒い部分に使われます。

他のレーザー機器に比べると痛みが強いのがデメリットですが、それだけ頑固な毛にも効果があります。

主だった機器は以上です。
クリニックを選ぶ時は、そこでどんな機器が使われているか、確認するのもいいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ