脱毛コラム

医療脱毛クリニック選びで損をしないために

かつてはぜいたくな美容術と言われた脱毛。ところが最近では、美しい肌を求める女性が多くなり、お金を払ってムダ毛を処理してもらうのも特に珍しいことではなくなりました。
特に肌を露出するファッションを好む人は、カミソリや毛抜などでの自己処理では肌に負担がかかると聞き、プロに毛の処理を任せるようになっています。

せっかくお金と時間を費やして施術に通うのですから、できるだけ脱毛効果をあげたいというのは当然のこと。脱毛方法には色々なものがあるとはいえ、実際に施術をおこなっているのは、脱毛サロンと医療クリニックの2つしかありません。

かつては有名タレントやモデルを起用したテレビCMなどの影響で、サロンを選ぶ人が圧倒的に多かったようですが、近年では医療クリニックの利点も広く認識されつつあり、「どちらで施術してもらおうか」と思い悩む人も少なくないようです。

そこでこのサイトを立ち上げ、医療脱毛クリニックの情報を紹介することにしました。
そのメリット・デメリットはもちろん、施術の特徴、クリニックを選ぶ際の留意点など、脱毛初心者に役立つ知識を色々と解説していきます。

クリニック脱毛の3つの特徴について

クリニック脱毛の特徴について考える
ムダ毛のプロが施術をおこなってくれるのは、現在のところ医療クリニックとサロンしかありません。もしクリニックの方と契約するなら、事前にその特徴を理解しておいた方がいいでしょう。

1)レーザー光線を使って施術する

サロンよりも医療クリニックの脱毛の方が、はるかに効果が上がると言われています。
なぜならクリニックの機器は、サロンでは使用不可のレーザー光線を照射するからです。

レーザー脱毛が提唱されたのは20世紀末のことです。ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所の科学者たちが、雑誌「サイエンス」に論文を発表しました。その「選択的光熱凝固理論」は、古代オリエント時代から続く長い脱毛の歴史の中でも革命的なものとなりました(ちなみに、その科学者の1人であるR・ロックス・アンダーソンは、入れ墨を消す染料を発明したことでも知られています)。

それまで最もポピュラーだった脱毛方法は、使い捨ての電極(プローブ)でムダ毛を処理する「ニードル脱毛」(「美容電気脱毛」)でした。これはセントルイスの眼科医チャールズ・ミッチェルが1875年に考案したもので「電気分解脱毛法」と呼ばれています。電極から電流を通し、発毛を促す毛包を凝固化します。

この方法は発毛を止めるという点で優れており、アメリカでは広く用いられたようですが、なにしろプローブを手作業で挿入していくために手間が必要で、それだけ料金も高くなってしまいます。
しかも痛みが激しく、顧客はかなりの忍耐を強いられます。

この状況を一変させたのが、レーザー脱毛の発明でした。

レーザー脱毛が画期的だったのは、毛に3%含まれているメラニン色素に着目した点。

単一の波長を備えているレーザー光線は、他の光のように拡散せず、射出した方向にどこまでも進みます。
指向性が高く、小さな部分に集光することができるため、破壊力は群を抜いています。

そしてもうひとつの特性は、波長によって1つの色だけに作用する、という点。つまり、赤、青、黒といった色がついた組織に光線を当てると、それだけで大きな損傷を与えられる、ということです。

脱毛では、黒色に作用するように波長を700ナノメートルから1000ナノメートルに調節。周辺の皮膚組織には何もしないため、肌へ直接照射ができます。

黒いメラニンに吸収されたレーザーは摂氏65度〜70度の熱に変わるのですが、この高熱が毛包の幹細胞を破壊し、毛の産生をストップするわけです。

施術も極めて簡単で、波長をアレンジしてレーザー光線を当てるだけ。照射口であるビームスポットは直径数ミリですが、1回あたりの照射は100分の1秒で終わるため、施術は短時間で終わります。電極を毛穴に挿入するような面倒な作業はいりません。

最初は白人向けのルビーレーザーしかありませんでしたが、すぐに黄色人種向けに媒質を変えたアレキサンドライトが考案され、日本でも脱毛に使われ始めました。現在は様々な媒質を用いたレーザー光線がそろっていて(ダイオード、YAGなど)、毛質やパーツに合わせて選べるようになっています。

2)「永久脱毛」ができる

脱毛の細かい事実については、まだまだ一般に知られているとは言えません。たとえば「1度光を照射すれば、その部位はすぐにツルツルになる」と思っている人がいます。

もちろん、それは間違っています。毛の産生を促す毛包は丈夫な組織で、1回の照射ではそれほど損傷を受けません。

また脱毛は、「毛周期」という発毛サイクルにあわせて照射を続ける必要があります。施術をおこなうのは2ヶ月に1度ほど。何度も光が当たるうちに毛の本数が少なくなり、そのうち部位がツルツルになって脱毛終了。
施術は数年に渡ることも珍しくありません。

ちなみにサロンでも毛根にアプローチする光線を用いますが、その出力が制限されているために、毛包は少しの間衰えるだけです。施術から数年で、ムダ毛はまた伸びてきてしまいます。

その点、医療クリニックでは威力抜群なレーザー光線を用いるため、毛包が死滅する可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)医師だけが施術を担当する

先の項目でも述べましたが、サロンの脱毛方法はクリニックと似通っているとは言え、使われる光の種類が異なるためにレーザー脱毛とは呼べません。また破壊力に関する限り、レーザーとサロンの光では砲弾と銃弾ほどの相違があります。サロンの従業員に特別な資格がいらないのも、サロンの光線の威力が弱いからです。

一方、レーザー脱毛は破壊力の強い光線を用いるので、操作ミスが深刻なケガにつながりかねません。そのためマシンを扱えるのは、事故の際に処置の可能な医師に限られています。もちろん、治療用の設備・器具がそろっているので、その点でも安心できます。

医療脱毛の利点・難点

利点・難点

利点

・脱毛マシンを操作するのは医者なので、トラブルが発生しても応急処置が可能
・永久脱毛がおこなえるので、毛が死ぬまで生えない確率が高まる
・脱毛完了までの期間がサロンと比べて短く、施術に出向く回数も少ない

難点

・格安プランが豊富でキャンペーンの多いサロンより、料金がずっと高め
・照射時の痛みが部位によっては強いため、施術自体を避けたくなる
・レーザーのパワーが強いため、毛膿炎、炎症などが起こる怖れがある

クリニックとサロンの違いとは?

クリニックとサロンの違い
脱毛サロンとクリニックの違いに関してはすでに触れましたが、ここでさらに相違点を挙げてみます——

料金

脱毛が人気となる前から、サロンは大きな広告を女性誌に出していますが、そこには目を引く活字で「今月限りのキャンペーン」「リーズナブルなセットプラン」などと書かれています。これで分かる通り、サロンのメリットのひとつは、その施術コストの安さです。

一方、クリニックの場合は医療機関としての規制もあり、料金が大きくディスカウントされることはまずありません。

ここで、両者の料金が一体どれくらいなのか、比較するために表にしてみましょう。

まずは脱毛サロンから。知名度の高いサロン20社の公式サイトから、パーツごとの平均料金を算出してみたところ——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円

という結果になりました。

次に医療クリニックです。こちらもネットでよくヒットする20院の平均コストを計算しました——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円

こうして見ると、料金の違いは一目瞭然です。特に違いの大きいのが顔脱毛で、クリニックの利用金はサロンの3倍以上となります。

効果

サロンとクリニックでは方式の異なるマシンを採用しているため、その効果にも相当な差が出ます。

現在、サロンでは4、5種類の脱毛方法が使われていますが、その中で1番採用率が高いと言われるのがIPL脱毛です(別名「フラッシュ脱毛」あるいは「光脱毛」)。

ワンショットで処理できる面積が広く、背中、腕、脚といった大きな部位にもってこいです。
照射パワーも抑えられているため、痛みもあまり強くありません。

他の方法には、専用ジェルとクリプトンライトを一緒に用いるSSC脱毛、バルジ領域をターゲットにするSHR脱毛などがありますが、どれもその脱毛効果は一時的です。つまり、サロンの施術は毛の発毛器官を弱体化する「抑毛」「減毛」にすぎず、脱毛が完了したとしてもその効果は数年で消えてしまいます。

一方、医療クリニックのレーザーはパワーがケタ違いなので、施術が完了すれば、毛がよみがえる可能性は低くなります。

保証

脱毛サロンもクリニックも、保証については似たようなものです。

効果に納得できるまでずっと施術できる「永久保証」、期間を一定日数だけ延ばせる「期間保証」、施術を中途でやめる時に前金の一部を返してくれる「返金保証」などは、クリニックにもサロンにもあります。

ただ、種類・条件が各医院によって違うので、あらかじめ公式サイトなどで確認しておきましょう。

その他

案外見落とされがちですが、クリニックとサロンにおける支店(支院)数の差は重要です。

脱毛は一朝一夕に終わるものではありません。部位が無毛になるまで日数がかかり、全身脱毛ともなると、数年間も施術に出かける必要があります。

その間に生活環境が激変してしまう人も出てきます。
引っ越しや転勤がその典型ですが、新しい家のそばにクリニックの支院がないため、契約時の前払い金がムダになるケースもあります。

部分脱毛ならまだあきらめられますが、手の込んだプランだと前払い金が20万円を越えることは珍しくありません。転居後も契約を活かしたい、と考えるのは当たり前です。

名前の知られた大手サロンなら全国に支店があるため、転居後も施術を続行できる可能性が高くなります。ところがクリニックは全国でチェーン展開をしているところは少なく、引っ越すと支払ったお金がムダになるケースが多いようです。

ということで、「引っ越しすることが多い」という人の場合、店舗が全国にある有名サロンを選んだ方が無難でしょう。

クリニックを選ぶ際の注意点

選ぶ際の注意点

保証期間に気をつける

一旦脱毛を始めたら、契約した回数を一定期間内に終了させる必要があります。その日数はパーツによって違いますが、2年から3年というのが一般的です。
中には5年という長期のクリニックもあるので、忙しい人はそちらを選ぶといいでしょう。

リスクについて明記されているか?

クリニックでは威力の強いレーザーを使うので、そのリスクを契約前に告げるのは医者の義務です。公式サイトにもそのリスクが明記されているか確認しましょう。

料金の総額ははっきりしているか?

料金設定が入り組んでいるクリニックは、施術コストの高さをごまかそうとしている可能性があります。総額をはっきり示しているクリニックの方が信頼できます。

医師の情報は書かれている?

公式サイトに施術担当の医師の情報が明記されているか、最初にチェックしておきましょう。情報が書かれていないクリニックは、経営態勢に問題があります。

医師がカウンセリングもおこなっているか?

施術はともかく、カウンセリングに関しては看護師が担当するクリニックもあるようです。
そんな分担制は医療機関として無責任なので、契約しない方がいいでしょう。

以上、医療クリニックについて色々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか。

クリニックに関しては、「レーザーが痛いようなので怖い」「費用がサロンよりずっと高い」といった理由で「行くのがイヤだ」という人もいるでしょう。ただ、その脱毛効果は抜群です。
「効果が第一」という人には、やはりクリニックの方をおすすめします。

どうかこのサイトの情報を参考にして、自分に合った医療クリニックを探してみて下さい。

メンズ脱毛サロン選びでガッカリしないために

脱毛というのは非常に近代的な美容術という感じがしますが、実は日本スキン・エステティック協会によるとその歴史は古く、なんと紀元前3000年から4000年頃には古代オリエントのハーレムの女性たちが硫黄、石灰、でんぷんを材料にした脱毛剤を使っていたといいます。

日本の女性も平安時代からムダ毛の処理をおこない、江戸時代には線香を用いて毛を焼いたりしていました。
その後も色々な方法が試みられましたが、それらはあくまで「除毛」にとどまり、ムダ毛が半永久的に生えないようにする施術は近代に入ってからのことになります。

特に21世紀に入ると新しい技術が導入され、脱毛も非常に手軽なものになりました。それまで自己処理をしていた人もカミソリや毛抜きが肌に悪いことを知り、プロが優しく施術してくれるサロンや医療クリニックに足を向け始めています。
おかげで脱毛に特化した店や医院が次々にオープンし、現在はちょっとした脱毛ブームといっていい状態です。

さらに脱毛ブームは女性にとどまらず、一部の男性も密かに施術に通うようになっているとか……。

実際、『マツコ会議』という番組で2017年の秋、男性の脱毛事情が特集されたことがあります。そこでの調べによると、脱毛サロンの中には男女比が半々の店舗もあり、しかも客層の中心は30〜40代の中年サラリーマンとのこと。脱毛というのは人に吹聴することではないために派手に喧伝はされないのですが、男性の脱毛が相当な広がりを示しているのは確かなようです。

ただ脱毛にチャレンジしたいと思っていても、「サロンや脱毛専門のクリニックというのは女性が通うところ」というイメージがあり、男性にはどうしても敷居が高いものです。

「施術コストはいくら?」「脱毛完了までにどれくらいの期間が必要?」「施術は何回?」といった疑問がネックとなり、結局はサロンに通いたくても断念しているという男性も少なくありません。

そこでこのサイトを立ち上げてみました。男性専用の脱毛サロンを特集し、そこで使われている「光脱毛」という技術、その料金、施術完了までの日数、痛みの有無、そしてサロン選びのポイントについて紹介していきます。脱毛にチャレンジしたい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛とは?

光脱毛
「脱毛のイメージは?」と聞かれると、「特殊な針を毛穴に突き刺して、毛根を焼くんでしょ」と答える方がいます。

これは間違いではありません。
実際に20年ほど前までは、ほとんどの脱毛士が針状のプローブという電極を毛穴に挿入し、電気を流すことで脱毛をおこなっていたのです。

この電極を使った脱毛方法は19世紀末にアメリカで考案されたもので、「電気分解脱毛法」と呼ばれています。少々乱暴な方法に思えますが脱毛効果には優れていて、うまくいくと半永久的に肌がツルツルになるため、世界中で使用されるようになりました。

日本でも「ニードル脱毛」「美容電気脱毛」と名付けられて人気のある脱毛方法となり、上に書いたような脱毛のイメージを生み出すことになったのです(一部の医療クリニックではまだこの方法で施術がおこなわれています)。

ただこの電気分解脱毛法、手作業で施術していくために時間がかかり、施術料も高額になってしまいます。そのために施術を受けられるのは富裕層に限られていました。

やがて、もっと費用が安く、効率的な方法が再びアメリカで登場します。それがレーザー脱毛です。

この方法はレーザーを肌に照射してムダ毛を処理するというもので、面倒な手作業がいらないという点で画期的でした。

やがて、この原理からさらに「光脱毛」という新しい脱毛方法が考案され、今のサロンで広く採用されることになったのです。

光脱毛の原理&種類

ここで光脱毛について、ちょっと説明してみます。

光脱毛では、通常の光とは違った特殊な光線が使われます。光線はムダ毛に発射されると毛に含有される黒いメラニン色素に吸収され、熱エネルギーへと変化。その影響で毛乳頭などがダメージを受け、発毛が阻害されます。

この施術を根気よく続けることで毛の本数が減少していき、やがて部位がツルツルの状態になるのです。

光脱毛にもいくつか種類があり、現在は次の4つが使われています——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの特徴を紹介しましょう。

最初に、IPL方式。これは「フラッシュ脱毛」と呼ばれて、たくさんのサロンで使われています。もともと肌のケアに用いられていた広帯域の光線・インテンスパルスライトが毛根に働きかけ、その毛の産生を防ぎます。

欠点はライトの照射時に少し痛みがあること。ただチクリとする程度なので、あまり問題にはなりません。

続いてSSC方式。「SSC」は”Smooth Skin Control”を略したものです。

IPLとどう違うかというと、ライトのほかに専用ジェルを使うところ。

ジェルには、「トレジャービーンズ」という有効成分の入った極小カプセルが配合されています。皮膚にジェルを塗ってクリプトンライトを当てると、毛包にカプセルの成分が浸透し、毛の成長を抑制します。

主要成分は「フィリニーブ」と呼ばれ、サリチル酸、イソフラボン、セイヨウシロヤナギ、メントールなどが入っています。保湿・炎症抑制効果もあり、術後の肌のケアにもなります。

脱毛効果を備えているのはこのジェルなので、ライトは低温でも構いません。ですから痛みは大変軽くなります。

次にSHR方式。「SHR」というのは”Super Hair Removal”を略したもので、「蓄熱式」とも言われます。

これまでの方式は毛根全体にダメージを加えていましたが、SHRは毛根の中の小さな部位であるバルジ領域が対象になります。

このバルジ領域は毛球部に刺激を与えて毛を成長させています。つまり、バルジ領域さえ不活発になれば、ほかの器官をいじらなくても脱毛できるわけです。

バルジ領域は肌表面に近いところにあるため、低温の光でも損傷を与えられます。そのため、ほぼ無痛の脱毛が可能です。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子が施術の対象なので、メラニンを含まないムダ毛でも除去できます。光の温度は36〜38度ということなので全く痛みはなく、むしろ気持ち良いくらいです。ただ、ヒゲの脱毛には向いておらず、他の部位しか施術できません。

光脱毛とレーザー脱毛を比較する

光脱毛とレーザー脱毛を比較する
サロンでは光脱毛がもっぱら導入されていますが、医療クリニックではレーザー脱毛がメインとなっています。この2つを色々な点から比較してみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数と処理できるムダ毛の割合は、以下のようになっています——

・6回  およそ50パーセント
・12回 およそ80パーセント
・18回 およそ95パーセント

一方、レーザー脱毛だと、5〜6回施術すれば大体95パーセントの毛が処理できます。

原理的にレーザー脱毛は光脱毛とほぼ同じですが、照射の威力がケタ違いなので、施術回数はずっと少なくなります。

「なぜ一回の施術で部位全部の毛を除去できないの?」と思う人がいるかもしれません。それは、IPLやレーザーなどの光線が肌の外に出ている毛にしか対処できないためです。

毛には毛周期と呼ばれる成長サイクルがあり、光脱毛やレーザー脱毛で施術可能なのは成長期のものに限ります。
他の毛は肌の下に隠れているので、成長期まで待って処理しなければなりません。そのため、レーザーのように威力のある光でも、施術をくりかえす必要があります。

施術料

光脱毛の料金の平均相場は、以下の通りです——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

そしてレーザー脱毛の相場は、次のようになっています——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

これで分かる通り、施術料に関しては光脱毛の方がかなり安くなっています。

痛み

光脱毛は、痛みが苦手な人にピッタリの脱毛方法です。IPL方式では施術時にちょっとチクチクしますが、他の方式だと痛みらしい痛みは感じられません。

もちろん、それだけ照射出力は抑えられていて、脱毛完了までの施術日数は長くなります。

一方、レーザーは威力がものすごいので、照射時はどうしても強い痛みがあります。ただ脱毛効果もそれだけすごいため、痛みに関しては我慢するほかありません(痛みをどうしても避けたい場合、笑気麻酔を使用してくれるクリニックもあります)。

ただ、その痛みは施術時の一瞬だけで、ずっと後を引くわけではありません。
また施術を重ねて毛の数が減少していくと、痛みも段々と軽くなります。

色々なケア

サロンの場合、脱毛のほかに肌のケアをやってくれるところが多く、店で開発したジェルに色々な保湿成分が入っていたり、施術後の冷却が丁寧だったりします。

一方、レーザー脱毛の場合は、医療機関でおこなわれることもあって至れり尽くせりのサービスは期待できません。術後の冷却も全くないことがあります。

心地よいサービスを期待しているなら、サロンの方を選ぶべきでしょう。

光脱毛&サロンのメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・料金がクリニックよりもずっと安い
・どの方式でも痛みが軽く、特にハイパースキン法なら無痛ですむ
・心地よいサービスや美肌ケアが受けられる
・店の内装に趣向を凝らしていて、贅沢な気分で脱毛できる

デメリット

・施術が完了するまでの期間がかなり長い
・メラニンに乏しい産毛や色の薄い毛は、脱毛効果があがりにくい

サロン選びで気をつけたいポイントは?

気をつけたいポイント
メンズ脱毛サロン選びで気をつけるべき点をいくつかあげてみます——

本当に客は男性オンリーなのか?

メンズ脱毛サロンというと、「やってくる客は男性だけ」と考えがちですが、実際は男性がメイン、というだけで、女性でも施術可能なところもあります。

わざわざメンズ脱毛サロンを選んだ男性の中には、脱毛にやってきた姿を女性に見られたくないという人も多いでしょう。

それなのに、店内で女性とはち合わせしてしまう、というのはイヤなものです。

顧客を男性に限っているのかどうか、あらかじめサロンに聞いておきましょう。

施術するのは男性スタッフ?

顧客が男性オンリーという店でも、必ず男性スタッフが施術にあたるとは限りません。サロンの中には、女性脱毛士を採用しているところもあります。

「女性スタッフは避けたい」という男性も多いと思いますので、男性脱毛士を指名できるかどうか、契約前に調べておくべきです。

口コミサイトでサロンの技術をチェック

これはメンズ脱毛サロンに限りませんが、店を選ぶ際はネットの口コミサイトを見てみるべきです。

男性と女性の脱毛ではいくつか違う点があります。特に大きいのが「施術の難しさ」です。

男性は男性ホルモンの分泌量が多いために体毛が濃くなり、女性と同じ施術ではなかなか効果があがりません。

そのため機器の出力をかなりアップする必要がありますが、これはベテランのスタッフでないと加減が難しいとされています。

つまり脱毛士の経験量によって、効果の違いが出てくるわけです。

ただ、サロンの方ではスタッフの腕前について明かしてはくれませんし、公式サイトを見ても、どの脱毛士が経験豊富なのかは分かりません。

こんな時に口コミサイトなら、実際に施術を受けた人が経験談を投稿しているので参考になります。

スタッフの態度は?

サロンで手の込んだコースを選ぶと、最低でも2年ほど施術に通う必要があります。

それだけスタッフとの接触が増えますが、もしその態度が気に入らないと、心地よく施術を受けることはできません。

どれだけ施術料が格安でも、サービスに不満があったら中途で解約したくなるでしょう。

そんな事態にならないためにも、脱毛士の態度に関してネットでチェックしておきましょう。

以上、脱毛未経験者の男性のために、色々とメンズ脱毛サロンの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

現在、脱毛サロンの数は驚くほど増え、各店が顧客獲得に必死になっています。キャンペーンも毎月おこなわれているので、公式サイトをマメにチェックするようにしましょう。

家庭用脱毛器をうまく購入する方法とは?

脱毛といえば、以前は「お金のある有閑マダムがやるもの」というイメージでしたが、近年はすっかり一般的になりました。
テレビでコマーシャルを流すサロンや医療クリニックもあり、かなり繁盛しているようです。

ただ「行きたいけどヒマも時間もない」「予約を入れるのが邪魔くさい」「施術時にデリケートなパーツを見られたくない」といった理由でサロンやクリニックに通えない、あるいは通いたくない人もいます。

そんな人たちの間でよく売れているのが、家庭用脱毛器です。

「自分も手に入れたい」という人もいるでしょう。ただ、その値段は高めですし機種も多く、どれにすればいいのか困ってしまうほどです。いい加減に買ってガッカリしないためにも、機種の利点・難点や効果について、事前にチェックしなければなりません。

そこで、このページを立ち上げてみました。
家庭で好きなように脱毛したい、という人のために、賢い家庭脱毛器の選び方などについて、解説していこうと思います。

家庭用脱毛器とは——その発明と普及

家庭用脱毛器
1980年代に発表された「選択的光熱凝固理論」は、紀元前から続くといわれる脱毛の歴史の中でも画期的な大発見でした。1990年代に入るとその理論による機器が欧米で実用化。
そして2000年代になると、日本にも輸入されて施術に使われるようになります。

ただ、それらはあくまでプロのための大型マシン。家庭で自己処理をおこなうには、まだまだカミソリ、毛抜といった、簡易なツールに頼るしかありませんでした。

そんな中、家庭用脱毛器「アイエピ」が2005年に発売されます。

それまでも家庭用脱毛器は売っていたのですが、どれも脱毛効果がひどく、評判の良いものではありませんでした。
ところがこの「アイエピ」はムダ毛がしっかり手入れできるというのでまたたく間に評判となり、脱毛器を家庭に普及させるきっかけとなったのです。

そして2009年に「イーモ」、2012年に「ケノン」と別の人気機種の発売が続き、現在の隆盛を呼ぶことになります。

これらの家庭用脱毛器の発明は、ムダ毛が悩みのタネだった人にとって、大変な朗報でした。

何しろサロンなどで施術を受けるとなると、肌がツルツルになるまで数ヶ月から数年、店に通い続けなければなりません。途中でうんざりする人も多いですし、料金もかなり必要です。

それが家庭用脱毛器だと、店と同じような効果が期待できる上にお金も節約できるのですから、すぐに売れ筋の商品となって各社が類似の商品を発売したのも当然でしょう。

ただ脱毛器は、うまく選ばないと当たり外れが大きい、と言われています。以下で解説する機種の特徴、方式の利点・難点などをしっかり把握し、自分にふさわしい機種を見つけて下さい。

脱毛器選びで注意したいポイント

注意したいポイント
下の文章でも述べていますが、家庭用脱毛器には脱毛方式が数種類あり、その差が効果にも確実にあらわれます。

ですから購入時には脱毛に関する知識が必須で、「色やデザインが好みだったから」といった安易な理由で買ってしまうと、結局は失望することになります。

自分にふさわしい家庭用脱毛器を買うためには、次のようなポイントに留意しましょう——

照射の強さはどれくらいか?

個人によって脱毛効果の感じ方は異なるので「絶対だ」とは言えませんが、照射パワーが強ければ強いほど、その機種の脱毛効果は高いのが普通です。とにかくしっかりと脱毛したい人は、照射パワーの強い脱毛器を選ぶ方がいいでしょう。

ただ、パワーが強くなるとそれだけ毛穴や肌への刺激も高まり、火傷、かゆみといった肌トラブルも生じやすくなります。トラブルを起こさないためには、出力を自由に調節できる機種を買うべきです。

照射範囲はどれくらいなのか?

1回の照射で、どれほどの範囲を処理できるのか。その点はマシンによってかなり相違があるため、購入前にネットのサイトなどで調べておきましょう。

手入れにあまりに時間がかかると、脱毛器を使うのがおっくうになります。「高い代金を出して手に入れたのに、すぐに使うのが嫌になってしまった」という結果を招かないためにも、照射範囲のデータはきっちりチェックして下さい。

希望の部位が手入れできるか?

人によって脱毛したい部位は当然違います。

家庭用脱毛器を購入する際は、「どの部位の手入れに用いる予定か」そして「その機種がどんな部位に対応しているのか」を調べて下さい。

特に「顔」や「VIO」を手入れしたい人は注意しましょう。他の部位には対応可能でも、デリケートなパーツには使えないタイプが少なくありません。

公式サイトでは対応不可の部位を記してあることが多いので、まずチェックしてみましょう。

コストパフォーマンスはよいか?

「本体を格安で手に入れて喜んでいたのに、消耗品のカートリッジが高価なのを知ってガッカリした……」

脱毛器の購入については、そんな話を時々耳にします。

家庭用脱毛器には様々なタイプがあります。
値段だけとっても、2万円以下から10万円以上の機種まで色々そろっていますが、照射によって消耗するカートリッジの費用を忘れてはいけません。

脱毛器を購入する際は、カートリッジの値段とその交換頻度について、本体価格とともにチェックしておきましょう。

家庭用脱毛器の利点と難点

利点と難点

利点

・プロによる施術と比べ、2分の1以下の費用でじっくり脱毛が出来る
・遠くにあるサロンや医療クリニックに行く必要がなく、交通費と時間が節約できる
・「人に見られたくない」という部位も、好きなだけ処理できる

難点

・鏡がないとチェックできない部位(背中、うなじ、お尻)の処理は、手伝いが必要
・1人ですべての作業をやらなければならないので、ついイヤになる
・肌トラブルの予防と対処が案外面倒

家庭用脱毛器で永久脱毛は可能なの?

永久脱毛は可能なの?
家庭用脱毛器はプロ仕様のマシンを小型化したもので、使われるライト自体は全く同じです。

ただ、事故などの防止のため、出力はかなり抑えられています。そのため、相当な威力が必要とされる永久脱毛はできません。

ちなみに、サロンでも永久脱毛は不可能です。一般サロンでの施術は正確には「抑毛」の処理であって、毛はそのうち復活します。

永久脱毛を望むなら、医療クリニックでレーザー脱毛をおこなって下さい。

家庭用脱毛器で使われている脱毛方式とは?

脱毛方式について考える
家庭用脱毛器で用いられている脱毛方式について、紹介してみましょう——

フラッシュ式

家庭用脱毛器で1番採用されている脱毛方式が、フラッシュ式です。サロンのマシンと原理的に同一で、メラニン色素に反応する光(IPL)を用います。

肌にこのIPLを当てると、毛根部位だけが熱のダメージを受けます。そして長期間照射を続けていくと発毛機能が衰え、毛の成長が止まるわけです。

この方式の最大のメリットは照射口が大きく、1ショットで広い範囲を処理できること。そのために1回の処理時間も短く、背中、腕、脚といったパーツにはもってこいです。

事故を防ぐために照射パワーは制限されていて、安全対策も万全です。痛みもほとんど感じません。

難点は脱毛完了まで日数が必要なことですが、それでも1年ほど照射を続けていると肌が無毛状態になります。

レーザー式

レーザー式は、医療クリニックのマシンに使われている方式です。
レーザー光をムダ毛に当てると毛乳頭などの発毛器官が損傷を受け、毛の成長がストップします。

光はフラッシュ式のようには広がらず、威力が強いため、細かいパーツや剛毛を手入れしたい時に最適です。

脱毛完了までの期間も短く、約3ヶ月で効果があらわれてきます。

ただ、ワンショットの照射面積が狭いため、広いパーツには向いていません。打ち漏れも起こりやすくなります。

また、照射の際の「痛み」も大きなデメリットです。ネットでも「瞬間的ですが痛みは予想を超えていて、思わず『うわっ』と叫んでしまいました」「照射の直前はドキドキします」といった感想が投稿されています。

特に痛い部位はデリケートゾーン、骨付近のスネ、脇などで、もしこれらのパーツを手入れするなら、出力をかなり下げた方がいいでしょう。

あと、レーザーは黒い色にぶつかると高熱を発生させるので、ホクロ、シミ、日焼けにはカバーをするか、照射自体を避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ピッカーと呼ばれる金属の先端でムダ毛をはさみ、弱い電気を流すことで発毛を止めます。ライトを使わないため、目の近くのパーツ(額の生え際、眉など)も安全に処理できます。

また、他の方式では手入れしにくい白髪、日焼け肌の毛も、高周波だと問題ありません。

ただ、1本1本に対して処理をおこなうため手間がかかり、背中や足のような広い部位だと大変です。手入れを素早く終わらせたいなら、フラッシュ式の方がベターです。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式はいずれも、毛根の発毛機能を熱によって弱体化し、毛の成長を防止します。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、発毛機能には影響を与えません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドの熱線を用いてムダ毛を手入れします。肌から外に出た部分をただ焼き切るだけなので、翌日から毛は伸びてきます。

ただ、毛先が丸くなるため、カミソリによるチクチク感が嫌だという人にはいいでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはペンキでも肌に塗るようにローラーを転がしてムダ毛を絡ませ、引き抜いてしまうというもの。

つまり毛抜と同じ方法なのですが、広範囲をさっと処理できるのが長所です。
もちろん毛穴や肌には刺激が強いので、おすすめはできません。

主な家庭用脱毛器の価格一覧

価格について
「家庭用脱毛器を買いたい」と思った時、まず気にかかるのがその値段でしょう。

ここではネットのデータを参考に、主だった家庭用脱毛器の価格をまとめてみました(「照射面積」「ワンショットにおける単価」も付記しておきます)。

・ケノン
価格…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方cm
ワンショットにおける単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
価格…49,299円(税込)
照射面積…6平方cm
ワンショットにおける単価…1.78円

・4x
価格…38,999円(税込)
照射面積…1平方cm
ワンショットにおける単価…0.08円

・ラヴィ
価格…40,000円(税込)
照射面積…6平方cm
ワンショットにおける単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
価格…116,640円(税込)
照射面積…12平方cm
ワンショットにおける単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
価格…57,998円(税込)
照射面積…4平方cm
ワンショットにおける単価…0.20円

・光エステ
価格…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方cm
ワンショットにおける単価…0.29円

これらのうち、1番価格の高いのはレイボーテグランデの116,640円、そして1番価格の安いのは光エステの25,200円です(ちなみにもっと安い機種もあるのですが、それらは実際は「除毛器」なので除外しました)。

上述したように、買う際はカートリッジの値段を考慮する必要があります。一覧には付記しませんでしたが、カートリッジの価格がいくらくらいなのか、自分で確認しておきましょう。本体とカートリッジの合計を比べることで、本当の価格差が判明します。

そして、ワンショットにおける単価も大切な要素です。

一覧を見て、「ワンショットの価格差なんてわずかで、取るに足らない」と思う人もいるでしょう。

しかし、脱毛は1回では完了しません。2週間に1回、照射を継続する必要があります。つまりワンショットなら少しの違いでも、繰り返されることで相当な差となるのです。

最後に「照射範囲」も大切です。1回の照射面積の数値が大きいほどショット数は減りますから、その数値によってカートリッジのランニングコストが変わってきます。

なお、4xの照射範囲が特に狭いのですが、これは4xがレーザー式だから……。レイボーテグランデやケノン(ともにフラッシュ式)と比較すると、相当な差があります。

広い部位を脱毛したいなら特に、ワンショットにおける単価と照射面積をチェックしておきましょう。

以上、家庭用脱毛器の利点と難点、選び方のコツなどについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

何度も説明したように、家庭用脱毛器は方式・機種次第でその効果が変わってきます。そのデータをあらかじめチェックしておくことが、賢い購入のコツとなります。

ぜひ自分にふさわしい機種を選び、心地よい脱毛生活を送って下さい。

背中の毛は手慣れたプロに脱毛してもらおう

日本では季節の違いがハッキリしていて、その寒暖の差も大きくなっています。オシャレな女性にとって楽しいのは、その折々に色々な装いができることでしょう。夏などは近年とんでもない暑さになるためか、かなり肌を露出した服を選ぶ女性が増えているようです。

ただ肌を見せびらかすのはいいのですが、その時に注意を払わなければならないのは、いつの間にか伸びているムダ毛です。

いくら体のスタイルがキレイで、男性の目を引く美しい肌合いをしているとしても、ムダ毛を丁寧に処理していないと、「あれだけ肌を露出したファッションをしているくせに、手入れはいい加減なんだ」と思われ、侮蔑的な視線を向けられかねません。

そんな恥ずかしい羽目におちいらないためにも定期的に自己処理しなければなりませんが、月に数回毛を抜いたり剃ったりするのは面倒臭いものです。

しかも、顔、腕、脚などは自分でどうにかできますが、ひとりではどうしても処理が出来にくいパーツがあります。

それが「背中」です。

背中は普通に生活していると視界になど入ってこない部位で、そのためにその肌の状態など忘れ、手入れを怠りがちです。

でも、たとえば海などに泳ぎに出かけた時、大胆な水着に着替えた女性を見て「背中の毛が伸びっぱなしでカッコ悪い」と思ったことはありませんか。

自分では知らないだけで、実は自分の背中も同じ状態になっているかもしれません。

でも、カミソリや毛抜きを使えば剃ったり抜いたりできる部位と違って、自分では触れにくい背中の毛は、どうやって処理すればいいのでしょうか?

答えは簡単。脱毛マシンのあるサロンや医療クリニックで、ムダ毛処理の施術を受けることです。

以前、脱毛というのは「ぜいたくな美容法」とされていましたが、現在は10代の女の子でも受けるほど、手軽なものになっています。また、タレントを使った派手なテレビコマーシャルが毎日しつこく放送されているため、脱毛に興味などない男性でも、いくつかのサロンやクリニックの名前は耳馴染みがあるくらいです。

ただ、「私には脱毛なんて関係ない」という女性も少なくありません。また「脱毛してみたい」と心の中では思っていても、施術料や痛みなどについて不安があり、店や医院へ行くのに二の足を踏んでいる、という方もいるようです。

そこでそんなビギナー向けに、このページを作ってみました。
背中脱毛の基本となる情報を提供し、今おこなわれている脱毛方法にはどんなものがあるのか、細かく解説していこうと思います。

サロンや医療クリニックにおける”背中”の扱いについて

脱毛で扱われる部位としては、背中は体の中でもずば抜けて面積の広いところです。そのため、サロンやクリニックでは「背中上」「背中下」という2部位に分けて、ムダ毛処理をおこなうようになっています。

2つの部位の範囲ですが、「背中上」は首の付け根から肩甲骨付近、「背中下」は肩甲骨からウエストラインまで、となっています(それより下のパーツは「腰」または「ヒップ」となります)。

ちなみに、施術の対象部位はその面積によって「Lパーツ」と「Sパーツ」に分類されることが多く、料金は施術に手間がかかるLパーツの方が当然高くなります。

背中は「背中上」「背中下」に分けてもまだまだ面積が大きいので、両方ともLパーツに属します。

ところで、背中脱毛ではうなじは除外されていますが、それについてちょっと注意が必要です。

というのも、背中上を脱毛すると肌の色がクッキリするため、施術を受けないうなじとの間に境界線が生じてしまうのです。

そうなると「変な具合に日焼けしたようでイヤだ」と思う人もいるので、最初から背中上とうなじを一緒に脱毛するコースを契約する方がいいでしょう。

背中脱毛の費用は大体いくら必要?

「脱毛してみようか」と考えた時、まず調べてみるのはその費用でしょう。
美容については「とにかくお金がかかる」という印象があるので、チェックしたくなるのも当然のことです。

そこで、背中脱毛にはどれくらいの予算が必要なのか、ざっと紹介してみます。

最初に、サロンからです。

・銀座カラー

銀座カラーでの推薦プランは「スタンダードチョイス」。背中の上下のどちらかが選べて、8回セットで42,000円です。そして75,200円の「脱毛し放題」にすれば、完全にツルツルになるまで施術が受けられます。

・TBC

背中を脱毛するなら、全体を施術できる「チョイスプラン」がオススメ。Lパーツを好きな風に選べて1回分が6,000円、6回セットにすれば26,400円になります。さらに1回のみですが、好きなSパーツの部位も無料で施術できます。

・ミュゼ

「フリーセレクト美容脱毛コース」にすれば、Lパーツ4回分が12,000円です。背中は上下2つに分割されていて、「上を1回下を3回」「上を3回下を1回」といった具合に、4回を好きなように割り振れます。

・ジェイエステティック

「後ろ姿美人プラン」がオススメ。うなじ、背中の上が各4回分のセットになっていて、費用は18,000円。また、無料で両ワキ脱毛12回コースがついてくるため、うなじ、ワキ、背中上の3パーツを同時に脱毛できます。

続いて、医療クリニックです。

・リゼクリニック

ここでは背中は2つに分けられず、全体が1つとして扱われます。料金の方は5回コースで79,800円。

・湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは、背中は2部位に分けられます。1回の料金はそれぞれ17,410円ですが、6回コースを選ぶと81,000円に値引きされます。

・アリシアクリニック

アリシアクリニックでは、リゼクリニックのように背中は1パーツとして扱われます。費用は5回で55,000円と大変リーズナブル。

また「背中+えりあし脱毛セット」なら、5回で103,200円です。

・イセアクリニック

「背中+うなじ脱毛」のコースを選べば、5回98,800円となります。

以上、有名サロンとクリニックの料金をざっとお知らせしましたが、コースやプランというのは条件が複雑で理解しにくくなっています。
できれば公式サイトを丹念に調べ、その詳細を頭に入れておきましょう。

背中の毛は、施術しても結果が出にくい?

実は背中の毛は、施術しても脱毛の結果が出にくい、と言われています。というのも、脚やワキに生えている濃い毛と比べると、細い上に色素が薄めだからです。

「細くて色素が薄めだと、なぜ脱毛の結果が出にくいの?」と思われるでしょうが、それには今普及している脱毛方式のデメリットがかかわっています。

以下、サロンと医療クリニックで使用されている脱毛マシンの紹介をしながら、その理由を述べていきます。

現在のサロンで最も使われているマシンは、「IPL脱毛」という方式のものです。

IPL脱毛は、自然光とよく似た(ただし紫外線を取り除いてある)インテンス・パルス・ライト(IPL)という光を、キセノンランプを通じて肌に当てる、というもの。このライトは、もともとエステでシミ・くすみなどを治療する「フォトフェイシャル」のために使われていたもので、脱毛用ではありませんでした。

しかし、IPLによるケアを受けた顧客から「肌がツルツルになった」「毛が薄くなった」などの感想が続々と寄せられたため、改めて科学的な検証をおこなったところ、発毛組織を弱体化する働きが証明されました。それから、サロンでも脱毛の施術に導入されるようになったのです。

IPLというライトの第1の特徴は、光の中に多くの波長が含まれていること。
そのため、肌にはダメージを与えることなく広範囲に当てることができます。脚、背中などの広いパーツにはもってこいで、施術にも手間がかかりません。

ただ、IPLは肌の各層に拡がってしまうため、毛根の機能を弱めるパワーはそれほどでもありません。

一方、医療クリニックで最もよく採用されているのは、レーザー光を照射する「レーザー脱毛」の機械です。

実はIPL脱毛、レーザー脱毛のどちらも、脱毛原理は変わりません。肌へ光線を当てると、毛に含有されるメラニン色素に吸収されて熱エネルギーに変化し、やがてそのエネルギーが毛根に集まってきます。毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部といった組織がその熱で損傷を受け、毛が伸びなくなるのです。

ただ、そのパワーとなると話が違ってきます。レーザーは非常に狭い範囲にエネルギーを集中できるので、標的となった毛根は高熱に包まれて死滅します。そうなるとその部位はずっと無毛状態のままです。

「パワーのすごいレーザー光なら、背中も効率的に脱毛できるのでは?」と思われるでしょうが、そう安直にはいきません。

というのも、背中の毛にはメラニン色素がごくわずかしか含まれておらず、光を当てても吸収がされにくいからです。

「では、背中の毛をうまく処理できる方法はないの?」ということになりますが、それについては以下のセクションで説明していきます。

背中の毛でも処理がうまくいく方法とは?

背中の毛でも処理がうまくいく方法には、次のものがあります——

・S.S.C.方式の機器
・ダイオードレーザー
・ニードル脱毛

これらの3つを順に紹介していきましょう。

まず、S.S.C.方式です。S.S.C.は「Smooth Skin Control」の頭文字で、イタリアのDEKA社が考案しました。

IPL方式との大きな相違は、光線と専用ジェルを併用するところです。

ジェルには、トレジャービーンズというカプセルが配合されています。ジェルを塗った後、クリプトンライトを当てるとトレジャービーンズが割れ、成分が毛根に染み込みます。

メインの成分は、植物由来の物質で構成された「フィリニーブ」。抑毛効果に優れた上に保湿効果もあるため、術後の炎症も抑制してくれます。

ライトも照射しますが、脱毛効果があるのはあくまでフィリニーブというジェルの成分なので、背中の毛も確実に処理できます。

次に、ダイオードレーザーです。

クリニックの脱毛器にはいくつかの種類があり、照射できるレーザー光もそれぞれ違います。

現在、よく用いられているのは以下の3つ——

・YAGレーザー
・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー

各自特徴があるので、得意とする肌質、毛質も異なります。

ダイオードレーザーの光源はダイオード(半導体)。波長は810ナノメートルですが、これはYAGレーザーとアレキサンドライトレーザーの中間。バランスがよく、肌の深いところにある毛根にも効果をあげます。

ダイオードレーザーにもレーザー式(HR式)と蓄熱式(SHR方式)の2種類があるのですが、背中の毛に最適なのが蓄熱式です。

蓄熱式では、バルジ領域という毛穴の一部を弱体化します。65℃前後という低温のレーザーを当て、徐々に熱を溜めていくことで効果を発揮。メラニン色素を含んでいない毛でも処理できます。

また痛みも他のレーザー光ほどではなく、施術でのストレスを軽減します。

蓄熱式ダイオードレーザーの機器には、ソプラノアイス・プラチナム、それにメディオスターの2種類があり、それぞれレジーナクリニックとリゼクリニックで使われています。施術を受けたい人はどちらかに行きましょう。

最後にニードル脱毛です。この方法は長い歴史を持ち、150年近く前、逆さまつ毛の脱毛にアメリカで使われたのが最初だとされています。

特殊な針を毛穴に差し込み、軽い電気を流すことで毛根の部位を死滅させます。物理的にダメージを与えるために効果は高く、発毛機能は完全に失われます。

また、脱毛効果にメラニンの有無は関係ないので、背中もツルツルにできます。

ここまではいいのですが、実は厄介な欠点が2つあります。ひとつは針を毛穴に差し込むために痛みが激しいこと。中には痛みに耐えられずに脱毛をやめた人もいます。

あとひとつは、手で全ての作業をおこなうので、どうしても料金が高めになる、ということ。レーザー脱毛の30倍の費用が最低でも必要となります。

これらの欠点のため、施術できる人は限られてくるでしょう。

3つの方法を解説してみましたが、このうち、1番簡単に実行できるのはS.S.C.方式です。どれにすればいいか迷ってしまうという人は、とりあえずS.S.C.方式を試してみましょう。ツルツルにするには日数がかかりますが、抑毛効果は短期間で出てきます。

ただ「確実に背中を脱毛したい」と考えているのなら、やはりニードル脱毛が最もいいでしょう。

いかがだったでしょうか? 背中脱毛の基本的な情報を詳しく紹介してみました。

暑くなると、水着や開放的な服を着る機会も多くなります。そんな時にちゅうちょなく背中を見せられるよう、肌の状態を脱毛で整えておきましょう。

VIO脱毛とは一体どんなものなのか紹介します

人間の若さが如実にあらわれるところといえば、なんと言ってもその肌です。
10代20代のピチピチして水を弾くような艷やかな肌は、男性女性を問わず、その身体の健やかさを証するものでもあります。

肉体の健康さは本能的に人の関心を惹きつけ、また女性のセックスアピールにもつながります。
若い女の子が寒い時期にもかかわらず脚や腕を露出するのも、男性の目を惹きつけるその魔力を知っているからでしょう。

異性から視線を向けられれば気分も自然と高揚します。「これからさらに肌の美しさをアピールしよう」という気持ちにもなるでしょう。

ただ、みずみずしく健康的な肌を見せつけるのはいいのですが、その際に注意を払うべきなのが、いつの間にか生えているムダ毛の存在。

処理をきちんとしていないと見栄えが悪いですし、一旦艷やかな肌に目を奪われた男性からも「あんなに見せつけているくせに手入れを怠っているのか」と軽蔑の視線を向けられかねません。

ただ、毛抜きやカミソリで月に何回も自己処理するのはしんどい、という女性も多いでしょう。そんな人にとってありがたいのが、プロがしっかりとムダ毛を処理してくれるサロンやクリニック。テレビのコマーシャルもよく流れているので、有名店の名前を覚えている人が多いでしょう。

実は、脱毛がこれほど盛んになったのは近年になってから。以前は「針を毛穴ひとつひとつに刺して電気を流す」というひどく面倒な方法を取っていたこともあり、料金も安いとは言えませんでした。そのせいで「ヒマとカネを持て余した中年女性がやるもの」というイメージがつきまとっていたのです。

しかし、やがてレーザー系のライトを用いた画期的な脱毛マシンが発明され、施術料も驚くほど安くなりました。新規サロンやクリニックが続々とオープンし、初心者を取り込もうと値下げキャンペーンが毎月のようにおこなわれています。

また、新たな脱毛方法がさらに考案されたため、施術可能な部位も増えました。昔は脚やワキなど、暑い季節に露出する部位が施術のメインだったのですが、いまでは腕、顔に加え、「VIO」という新しいパーツが人気を呼んでいます。

それを知って「え、VIOって体のどこに当たるの?」と驚く人もいるでしょう。
確かに脱毛する人は急激に増えましたが、サロンや専門クリニックには無関係だった女性も多いのですから当たり前です。

そこでこのページを作ってみました。VIO脱毛についてのベーシックな情報、その費用、施術の手順について紹介し、あわせて脱毛一般のトピックも取り上げています。

「VIO」はどこの部位を指すのか?

突然「VIOとは何の意味?」と訊ねられると、「ノートパソコンのブランド名」と返答する人がいるかもしれませんが、もちろんそれは間違いです。実は美容関係者から「デリケートゾーン」と呼ばれる部位、つまり女性器から肛門に至る股間一帯のこと。

V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(ビキニを着た時の下のヘリ部分と、股間底部のデルタ地帯)
・Iライン(女性器両サイドの帯状の部位)
・Oライン(肛門を中心点とする半径2センチ程度の丸い部位。別名「ヒップ奥」)

をあらわしています。

つまり、各部位と形が似ているアルファベットをあてはめて「VIO」としたので、別に特殊な用語の略というわけではありません。

ということで、アンダーヘアーの脱毛を「VIO脱毛」と呼びます(そしてデリケートゾーンの脱毛では「ハイジニーナ」という言葉もしばしば使われます。これはVIO一帯を完全にツルツルにすること)。

「外国の有名女優やモデルの間で股間の脱毛がはやっている」というニュースが報道された時は、セレブが実践する変わった美容法、というイメージがありました。

ところがその報道から何年も経った結果、日本でもすっかり一般的なものになっています。

「脱毛に関心がある」という女性に「まず最初に施術を希望する部位はどこ?」と訊ねると、ワキの次にVIOをあげる人が多いようです。

ただ上で述べたようにVIOは3つの部位を一緒にした呼称なので、実際の脱毛にあたってはそれぞれを別々に施術することもできます。

VIO脱毛の施術料は総計でいくら必要なのか?

脱毛するかどうか考えた時、まずチェックしたくなるのは何と言ってもその料金でしょう。

実は「脱毛」と一口でいいますが、色々なやり方が考えられます。

たとえば、サロンと契約してフラッシュ脱毛を受けるのか、医療クリニックに通いつめてレーザー脱毛で施術してもらうのか。毛の量をへらすだけの減毛でいいのか、完全な無毛状態にしたいのか。
金額にはこだわらずに脱毛終了までの期間を短くしたいのか、あるいはリーズナブルな施術料のところを選ぶのか……。

それらの条件次第で予算にも違いが出てきますが、ここでは「VIOライン3つをすべて脱毛するプラン」の料金を紹介してみます。

まず、サロンの場合。

有名サロンの料金は次の通りです——

毛を減らす程度にとどめる

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回なので、1回につき9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回なので、1回につき13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回なので、1回につき8,640円)

ツルツルにしてしまう

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回なので、1回につき9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回なので、1回につき9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回なので、1回につき9,180円)

続いてクリニックの場合。

有名クリニックの料金は次の通りです——

毛を減らす程度にとどめる

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回なので、1回につき10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回なので、1回につき12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回なので、1回につき19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回なので、1回につき18,540円)

ツルツルにしてしまう

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回なので、1回につき9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回なので、1回につき11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックは、8、9回のコースなし)

こうしてみると、サロンは回数が多くて値段が高め。普通は施術料が高いクリニックの方が、VIOの場合はむしろ格安なことがわかります。

このうちでは湘南美容外科が特にリーズナブルなので、VIO脱毛するならオススメです。

なぜVIO脱毛は痛いという人が多いの?

VIO脱毛の体験者へのアンケートによると、90%の人が「施術中に痛みを感じた」と回答したそうです。

その理由については以下の2つが考えられます——

・デリケートゾーンの肌が特に薄いから
・他の部位より太い剛毛が生えているから

現在主流となっている脱毛方法では、熱を使って発毛機能にダメージを与えます。施術時は毛穴も軽い火傷を負いますが、肌が薄いと痛みがより強くなります。

また剛毛の場合はそれだけ毛根が大きいので、毛穴の接触面の増加とともに痛みも激しくなるわけです。

なお、サロンとクリニックでは脱毛方式に違いがあるため、痛みの程度も差があります。

医療クリニックでは「レーザー脱毛」がメインで、照射威力が強いのが特徴。毛根組織へのダメージも大きいため、痛みが激しくなります。

そして脱毛サロンでおこなわれるのが「フラッシュ脱毛(光脱毛)」。この方法は機器によってさらに細かく分けられていて、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛の4つがあります。

これらの威力はレーザーより劣ります。そのために痛みはそれほどではないのですが、なかでも痛みが軽微なのがハイパースキン脱毛です。

これは、バルジ領域というところを弱体化し、発毛を阻害する新方式。主流のIPL脱毛よりもフラッシュのパワーがずっと弱いため、痛みがさらに減ります。

「できるだけ痛みは避けたい」という女性には、この方式がオススメです。

施術の流れに関して

初めて脱毛の施術を受ける時は、勝手がわからず不安を感じるものです。

そこで、その手順について軽く説明してみます(サロンと医療クリニックのどちらも、似た手順で施術を行います)。

まず施術の準備を前日にやらなければなりません。それは施術部位のムダ毛を、自分で短く刈っておくこと。

「せっかく施術を受けるのに、なんで自分で処理をやる必要があるの?」と思う人もいるでしょう。

実は、施術で用いられるレーザー系のライトは黒いメラニン色素に反応する特質を備えていて、毛に当たると熱エネルギーに変化します。
もし毛が長く伸びているとライトが反応してしまい、肌にも火傷を及ぼす危険性があるのです。

そのために、施術前は長いムダ毛を必ず処理しておく必要があります。

なお、自己処理の時はカミソリや毛抜きは避け、肌に優しい電気シェーバーを使って下さい。

無毛にするのではなく一部の毛は残す場合でも、2回目〜4回目の施術前は全ての毛を剃り上げておきましょう。その方がキレイな仕上がりになります。

続いて施術当日。

サロンやクリニックに持っていくものですが、会員カードだけあれば充分です。ただ、施術後は肌が非常にデリケートな状態におちいるため、肌に密着した下着や服は身につけないほうが無難です。

いよいよ施術ということになりますが、まず紙パンツと専用ガウンに着替える必要があります。準備が終わったら、施術用のベッドへ。

それからは、次のような流れとなります——

1)施術部位の状態をチェック(もし肌の乾燥がひどい場合は施術できない)
2)肌に問題がなければ施術部位を消毒する
3)ジェルを使い、施術部位をたっぷり冷やす
4)脱毛機によってライトを肌に当てる
5)再び施術部位を冷やし、乾燥しないように保湿する

照射前と後に施術部位を冷却するのは、上述したように毛が高熱に包まれるので、その熱が周りの肌に伝わらないようにするためです。
特にVIOは表皮が薄いですから、この冷却作業は欠かせません。

照射後は肌を冷やすとともにミルクローションなどを塗って保湿します。サロンやクリニックによっては自社開発のローションを使うところもあるようです。

施術後、肌にかゆみや赤み、あるいは腫れなどが生じる場合がたまにあります。その時は冷たくしたタオルなどで肌をケアしましょう。ほとんどはすぐに収まってしまいます。

なお、施術直後の肌は少しの刺激でもトラブルを起こしがち。以下の3つは必ず守って下さい——

・施術直後の入浴は禁止。汗や汚れを流すならシャワーを使う
・汗をかく激しい運動は避ける
・施術した肌はなるべく陽に当てない

あと、保湿に気をつけることが大事です。普段使っているローションでいいので、肌をしっかりとケアして下さい。

施術後、毛はいつから抜け始めるの?

「サロンやクリニックで脱毛の施術を受けたものの、いつまでも毛が抜けないので心配になる」——

ネットで脱毛関連のサイトをチェックすると、こういった口コミを見かけることがあります。

勘違いしている人が時々いるのですが、施術を受けたからといって即座に毛が抜け始めるわけではありません。

個人差もありますが、人によっては1週間位かかる場合もあります。それでも2週間ほど経てばその部位はツルツルになるでしょう。

施術以降の流れは、以下の通りです——

1)照射によって毛根が弱体化
2)毛根の弱体化が進んでいく
3)毛根が毛を繋ぎとめられなくなる
4)毛根から切れた毛が抜けていく

なお、施術が初めて、という場合は——

・初めてだということでスタッフが照射パワーを抑え気味にする
・照射のダメージが蓄積されていないため、毛根の発毛能力がまだまだ強い

ということで、抜け始めも遅めになるようです。

また、サロンで施術してもらうと照射パワーが弱く、太い毛には効果があがらないことがあります。

そんな人は医療クリニックでレーザー脱毛を受けてみましょう。

以上、VIO脱毛のベーシックな情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もしデリケートゾーンをこまめに自己処理しているという女性がいたら、ぜひ脱毛にチャレンジすることをおすすめします。上で書いたようにカミソリや毛抜きは肌に悪く、重篤なトラブルを引き起こす可能性があります。

脱毛すればデリケートゾーンがキレイになるだけでなく、肌トラブルの予防にもなります。

自己処理でのトラブルを避けるため、足脱毛を

若い時は色々なおしゃれができます。特に肌を露出するファッションは10代20代でないとやりにくいもの。
ミニスカートから伸びたみずみずしい足は若さの象徴と言えます。

スタイルの美しさを密かに自慢する女の子なら、多少寒い季節でもその美脚を活かす服装をし、街を行く人の注目を集めようとするでしょう。

ただシルエットはキレイだとしても、その肌に生えているムダ毛をそのままにしていると価値も半減します。

やはりツヤツヤした肌合いがあってこそ、美麗な足は引き立つものです。ムダ毛の処理を適当にやっている女性には「足を見せびらかしているにしては、肌の手入れがいい加減なんだな」と、周囲から軽蔑を込めた目を向けられてしまいます。

もちろん「そんなこととっくに知っている」という女性も多いでしょう。肌ケアに気を配っている人なら自分の肌のコンディションにも敏感なはず。
きっと毎日足のムダ毛にも注意を払い、カミソリ、あるいは毛抜きを月に何度も使っているかもしれません。

ただ、そんなムダ毛処理が、実は肌の健康に良くないことを知らない人も多いようです。

市販の自己処理製品にはカミソリ、毛抜き以外にも除毛クリームがありますが、いずれも肌に大きな負担をかけ、継続して使っていると肌トラブルの元凶となります。

肌を艷やかにするための自己処理なのに、黒ずみなどを引き起こしていてはお話になりません。

自己処理の弊害を知っている人の中には、

「サロンや医療クリニックに通って、プロの手で脱毛してもらいたい……」

と思っている女性も多いはずです。

ただ、サロンやクリニックに足を運び、プランを選んだ上で契約をするというのは、なんとなく億劫なもの。

また、「ムダ毛が完全に生えなくなるまでにどれくらいの日数が必要?」、「施術は何ヶ月に1度?」、「料金は最終的にどれくらいかかる?」など、脱毛についての様々な疑問が頭に浮んでくるでしょう。

結局、これらの疑問がネックになって、悪いと思いながら自己処理を続けている、という人が少なくありません。

そこでこのページで、脱毛未経験者が知りたがっている基本的な情報を色々と解説していくことにしました。

以下の情報が、足脱毛に踏み出せない女性の役に立てば、と願っています。

最も費用がお得なサロンと医療クリニックはどこ?

足は面積の広い部位です。そこでサロンや医療クリニックの足脱毛では、細かいパーツ(「ひざ上」「ひざ下」「ひざ」「足の甲・指」)に分けた上で、個別の施術がおこなわれるのが普通となっています(もちろん、足全体をセットにしたパックプランも用意されています)。

サロン、クリニックによってそれらの費用は様々。驚くほど安価なサロンからとんでもなく高額なクリニックまで色々とありますから、脱毛すると決めたら公式サイトをしっかりとチェックしましょう。
料金を丁寧に比較検討することによって、よりリーズナブルに脱毛ができます。

ただ、最近はちょっとした脱毛ブーム。サロンとクリニックが乱立気味なので、いちいちチェックするのは大変かもしれません。

そこで、費用の点でオススメしたいところを何店か挙げてみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円[施術=6回]
・ひざ下……18,000円[施術=6回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円[施術=8回]
・足全体……48,000円[施術=8回。ひざ上・ひざ下は6回]

銀座カラー

・ひざ上……42,000円[施術=8回]
・ひざ下……42,000円[施術=8回]
・ひざ……21,000円[施術=8回]
・足の甲・指……21,000円[施術=8回]
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円[施術=8回]
・ひざ下……31,200円[施術=8回]
・ひざ……14,400円[施術=8回]
・足の甲・指……14,400円[施術=8回]
・足全体……91,200円[施術=8回]

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円[施術=8回]
・ひざ下……31,840円[施術=8回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円[施術=8回]
・足全体……95,520円[施術=8回]

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円[施術=5回]
・ひざ下……41,250円[施術=5回]
・ひざ……13,750円[施術=5回]
・足の甲・指……13,750円[施術=5回]
・足全体……92,900円[施術=5回]

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円[施術=5回]
・ひざ下……89,800円[施術=5回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円[施術=5回]
・足全体……119,800円[施術=5回]

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円[施術=6回]
・ひざ下……81,000円[施術=6回]
・ひざ……28,750円[施術=6回]
・足の甲・指……28,750円[施術=6回]
・足全体……219,500円[施術=6回]

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円[施術=5回]
・ひざ下……60,000円[施術=5回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円[施術=5回]
・足全体……100,000円[施術=5回]

となりました。

サロンの中では、ミュゼが圧倒的にリーズナブルです。足の大部分を占めるひざ上、ひざ下を脱毛しても、わずか36,000円。この2つのパーツを脱毛するだけでいいなら、他の店舗に比べて数万円も安くあがります。

ただ、足の全てをツルツルにしたいとなると、銀座カラーが1番お得でしょう。何しろ151,152円を払えば通い放題です。
つま先から太ももまで足を完璧に無毛にしたい女性は、このコースを選ぶことをおすすめします。

次にクリニックの方ですが、脱毛効果が高いこともあって料金はサロンより高くなっています。その中でアリシアクリニックは極めてリーズナブル。足全体(ひざ、ひざ上、ひざ下、足の甲・指)が施術できる「足全体プラン」はたった92,900円です。

医療クリニックには、部分脱毛ですら40万円以上という高額な施術料をとるところもあります。それを考えると、アリシアクリニックの10万円以下のプランというのはびっくりするほどお得です。

脱毛の”初体験”は、値段の安いジェイエステティックで

全身脱毛と比較すれば、部分脱毛はかなりリーズナブルです。ただ足は面積が大きいため、部分脱毛なのにその費用はかなり高くなります。
「脱毛の経験がないのに、いきなり高額なプランは契約したくない」という女性もいるでしょう。

そんな場合におすすめしたいのが、ジェイエステティックの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」というプランです。

これなら、両ワキにプラスして自分の好きな3パーツが施術可能。しかも料金は驚愕の300円です。もちろん回数は制限つきですが、脱毛がどんなものなのか知りたい初心者にはもってこいです。

これで脱毛を初体験したら、改めて自分の好みに合った店やプランを探しましょう。

脱毛完了までの期間、および施術の回数は?

足脱毛の料金に関しては、上のセクションでおおよその見当がついたと思います。

次に、脱毛終了までの期間、および施術回数とその頻度について、解説しましょう。

サロンとクリニックの公式サイトで回数と期間をチェックすると、以下の通りになりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

これを見て「思っていた以上に日数と施術回数がかかる」と感じられたかもしれません。

実は足というのは、他の施術部位よりもはるかに脱毛効果があらわれやすい、とされています。それでもこれだけ多くの施術回数と長い期間が欠かせないのです。

これには毛の成長サイクル、いわゆる毛周期と、現行の脱毛方法とが密に関わりあっています。

それを以下のセクションで説明していきましょう。

脱毛に長い期間が必要な理由とは?

まず、脱毛方法から解説していきます。

現在、脱毛に使われているのは、大抵がレーザー技術を用いた機器です。肌に光線を当て、毛根に損傷を与えることで脱毛します。

この光線は黒いメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化します。
ムダ毛にはメラニンが含まれているため、この変化した高熱が発毛組織に大きなダメージを及ぼし、発毛を阻害するのです。

「それなら光線を1回当てればムダ毛は生えてこないのでは?」と思われるかもしれませんが、そうは問屋がおろしません。というのも、肌に生えているムダ毛は全て同一に見えても、毛根部位では各々に差があるからです。

全ての体毛は抜け替わることを繰り返しながらその本数をキープしています。この抜け替わりのサイクルを毛周期と呼びます。

毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」に分かれているのですが、このうち脱毛の効果が発揮されるのは、毛が伸びる「成長期」だけです。

「退行期」と「休止期」はどちらも成長のピークをすぎているので、光線を当てても効果が期待できません。

施術を受けると成長期の毛は2週間ぐらいで抜け落ちてしまい、1〜2ヶ月ほどツルツルになります。

やがて毛が再生するとまた施術。これを何回も繰り返すと毛根が衰えていき、ムダ毛の数が減少します。

このようにして発毛を徐々に阻害し、ようやく脱毛が終了するわけです。

そのため、施術のペースがゆっくり(1〜2ヶ月に1回)になるのもやむを得ません。

以上、なぜ脱毛に日数が要るのか、お分かり頂けたでしょうか?

サロンとクリニックで、脱毛方法にはどのような差があるのか?

現在脱毛ができる場所は、サロンと医療クリニックの2つ。両者がどう違うのかというと、1番目立つ差は脱毛方法です。

サロンでは「光脱毛(フラッシュ脱毛)」をメインに、そしてクリニックでは「レーザー脱毛」を主に使っています。

「レーザー系の光を使用している」という点では、両者は変わりません。ではどういうところに差があるのかというと、毛乳頭、毛母細胞といった発毛機関に損傷を与えるパワーです。

レーザー光というのは、フラッシュ脱毛で採用されているIPLよりも波長が長く、肌の奥の毛根に確実にダメージを与えます。
そのため、毛乳頭や毛母細胞を死滅させることができ、脱毛の効果がサロンよりも長く続きます。

それほどレーザー光のパワーは猛烈なので、医師免許を持ったスタッフでないと機器を操作できません。

また、脱毛完了にはおよそ2ヶ月おきに何回も施術する必要があるのですが、サロンのIPLの場合は脱毛が終わるまで8〜12回もかかるのに対し、レーザー脱毛だと5〜6回で終わってしまいます。

もし短期間で効果的に施術したい人は、レーザー脱毛を選び方がいいでしょう。

ただレーザーによる脱毛には、「痛みが激しい」というデメリットがあります。

痛みが苦手な人は、「ライトシェアデュエット」というマシンでの脱毛がおすすめです。このマシンはピンポイントで照射できるため、痛みが少ないという特徴を備えています。

ライトシェアデュエットを使っているところには、アリシアクリニック、レジーナクリニックがあります。ぜひ公式HPで詳細を見てみましょう。

施術の後の入浴は厳禁

サロンや医療クリニックで施術を受けると、必ず「今日は入浴をひかえて下さい」と言われます。

「別に手術したわけじゃないのに、なぜ風呂に入ってはいけないの?」と考える人もいるでしょう。

確かに施術においては別にメスもハサミも使用しません。しかし、脱毛マシンのIPLやレーザーは、毛穴やその近くの肌組織に火傷に近い損傷を与えます。

損傷を受けた肌を守るために、入浴、飲酒、激しい運動などは「なるだけ避けるように」と言われるのです。

症状が悪化すると、かゆみや赤みなどの軽微な症状では収まらず、炎症が起こることもあります。そうなるとその醜い痕が肌に残りかねません。

施術スタッフのアドバイスをしっかりと守り、術後の肌を守りましょう。

以上、足脱毛の色々な情報を紹介してみました。初心者の皆さんの役に立ったでしょうか?

繰り返し書いてきたように、カミソリなどを使った自己処理はおすすめできません。処理をストップするためにも、お気に入りのサロンや医療クリニックで脱毛してみましょう。
施術を通じて、肌の美しさがさらに磨かれるはずです。

腕の美しさのためにも脱毛がオススメ

春が終わり、気温が段々と上がってくると、肌を見せる機会も増えてきます。
特に夏たけなわの8月になると、半袖やノースリーブで外へ出ることが多くなるでしょう。

その時に気をつけなければならないのが、腕に生えているムダ毛です。しっかり処理がされていないと、他人がその伸びた様子を見て「だらしがない」と軽蔑しかねません。

ただ、腕の毛の自己処理というのは結構面倒。面積が広いこともあって、たとえカミソリを使っているとしても、かなり面倒くさくなります。

「こんな大変な自己処理なんてやめたい。思い切ってサロンや医療クリニックで脱毛してもらおうか……」

そういう思いに駆られる女性も多いでしょう。でも初心者にとって、サロンやクリニックと契約して脱毛してもらうというのは結構ハードルが高い行為です。

「終わるまでどれくらいの日数がかかる?」
「完了までに必要な施術の回数は?」
「痛みがともなうという噂だけど、本当なの?」
「最終的に料金はいくらかかる?」

結局、これらの疑問にウツウツと悩み続け、脱毛に通わないまま自己処理をやっている、という女性も少なくありません。

そこでこの頁を立ち上げ、腕脱毛についての情報、そしてサロンとクリニックの選び方について解説し、初心者の疑問を解消してみることにしました。

以下に記された情報が、腕の毛で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

自己処理で使われる道具の長所と短所は?

最近は施術技術の進歩もあって料金がディスカウントされ、脱毛はちょっとしたブーム状態です。さらに値下げキャンペーンも毎月のようにおこなわれているため、初心者でも懐を痛めずに脱毛を体験できるようになりました。

それでも「脱毛なんかにお金を出すなんてもったいない」と考えている女性も多いかも知れません。

でも、自己処理が肌に悪い影響を与えていることを考えると、やはり脱毛には大きな長所があります。

自己処理用の道具とそのメリット・デメリットをあげてみると——

カミソリ

・メリット……手軽に扱える。ムダ毛処理が短い時間でできる
・デメリット……角質が一緒にそがれて、肌が乾いてしまう

毛抜き

・メリット……毛根ごと処理するためにブツブツ感がない
・デメリット……毛穴への刺激が強く、肌トラブルを生じさせる

除毛クリーム

・メリット……塗って待てばいいだけなので、広い部位の処理が楽
・デメリット……強い成分が配合されていて、炎症を起こしやすい

電気シェーバー

・メリット……刺激が少なく、どこでも使える
・デメリット……剃り残しが出やすく、肌触りが悪くなる

となります。

この中でマシといえるのが電気シェーバー。肌への刺激も少なくてすみます。
ただ剃り残しをすることが多く、太い毛の場合は毛穴のブツブツが目立ちます。

その他のものはどれも肌に負担をかけ、継続して使うと肌のコンディションを悪化させます。

やはりキレイな肌をキープしたいならサロンやクリニックで脱毛し、自己処理を一刻も早くやめるべきです。

腕脱毛をすることでのメリットとは?

サロンやクリニックで脱毛してもらうと、どのような良い結果が得られるのでしょうか?

1.オシャレする時にムダ毛を気にする必要がない

暑い時でなくても腕は露出する機会が多い部位で、そこに生えた毛も目立ちがちです。

人からバカにされないためには自己処理が必要ですが、サロンや医療クリニックで脱毛すればその手間を省けます。自分好みのファッションをする時も他人の視線が気になりません。

2.手間のかかる自己処理から解放される

腕のムダ毛は他人の視線を浴びやすいものです。
気になって数日置きに抜いたり剃ったりしている女性もいるようですが、脱毛がうまくいけばそんな自己処理から解放されます。

3.脱毛とともに肌のケアもできる

市販の自己処理用製品を使用しているせいで、肌荒れ、埋もれ毛、色素沈着といったトラブルを起こしている女性も少なくありません。

サロンで脱毛すれば、IPLという特殊なライトによってそれらの治癒が期待できる上に、保湿に効果のあるアフターケアも受けられます。
施術を継続していくうちに、肌そのものが艷やかになっていくでしょう。

気になる腕脱毛の平均費用について

腕脱毛しようかと思った時、真っ先に心配になるのがその費用でしょう。

現在、腕脱毛の料金はどれくらいなのでしょうか? 著名なサロンやクリニックのサイトでその費用をチェックし、その平均を計算してみました。

その結果、サロンは——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックは——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

となりました。

これでお分かりの通り、サロンとクリニックでは後者の方が料金が高くなっています。

これはクリニックでは扱いの難しい医療脱毛レーザーで施術するため、人件費やコストがかさむことが一因です。

レーザー光は照射パワーが強烈で、それだけ脱毛効果も早く実感できます。
サロンだと1年以上施術を受けても中々実感がわかなかったのに、クリニックでは半年もしないうちに効果を感じたという口コミも見受けられます。

しかし、照射パワーが強いことには欠点もあります。それは痛みが激しいこと。

中にはレーザー光の痛みに耐えきれず、途中でサロンに行き直す人もいるほどです。

つまり

・少々痛くても問題ない
・料金は高くても脱毛を早く終わらせたい

といった人はクリニックをおすすめします。

現在の脱毛方法はどんなもの?

脱毛の歴史は古く、クレオパトラも自分の美しさを際だたせるためにムダ毛を抜いていたと言われています。

もちろん科学が未成熟の時代はかなり乱暴な方法で脱毛していたようですが、やがて近代に入ると、最新技術を使った施術が徐々におこなわれるようになってきました。

その中でも少し前までよく用いられていた方法が「美容電気脱毛」(あるいは「ニードル脱毛」)というもの。プローブと呼ばれる電気針をひとつひとつの毛穴に突き刺し、その毛根部位にダメージを与えて発毛を阻害します。

ムダ毛を防ぐという点では非常に優れた方法なのですが、何しろ針を使いますからかなりの痛みを我慢する必要があります。
それに時間がかかる欠点もあって現在は一部のクリニックで使われているだけです。

代わって主流となったのが、レーザー技術を用いた光による脱毛。

サロンにおいては、IPL(インテンスパルスライト)を使った「フラッシュ脱毛」が最もポピュラーです。このライトはメラニン色素を含んだ毛乳頭、皮脂腺開口部、毛母細胞などで熱を発生させ、その機能を弱体化します。

IPLはパワーが弱く、脱毛終了までかなりの期間が必要です。
ただ、費用は安く、痛みも軽くてすむ、というメリットがあります。

そして、クリニックの方で主流なのがレーザー脱毛。アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどのレーザー光を使いますが、いずれもパワーが強く、毛根を徹底的に破壊できます。

痛みが激しいので人を選ぶのですが、なるべく早く脱毛を終わらせたい場合はこちらがオススメです。

サロンとクリニックの違いとは?

脱毛をする際にはサロンとクリニックのどちらかに通いますが、これらにはどんな差があるのでしょう?

特徴をあげてみると——

脱毛サロン

・施術は「フラッシュ脱毛」
・抑毛、減毛効果(永久脱毛は無理)
・料金は安い

医療クリニック

・施術は「レーザー脱毛」
・永久脱毛が可能
・料金は高い

となります。

さらに、クリニックについては——

・部位によってはサロンより安いこともある
・施術スタッフは全員医師

といった特徴もあります。

これらを見てくると「費用は高いが、永久脱毛の可能なクリニックを選びたい」という人が多いかもしれません。

ただ、「近くに脱毛クリニックがなく、サロンしか選びようがない」という人もいるでしょう。

でも落胆することはありません。
サロンには、脱毛終了後も施術可能なコースを設けているところがあります。これなら永久脱毛と同じです。

また毛が薄いならサロンでも効果は十分なので、クリニックで高いお金を払う必要はありません。

なぜ脱毛って時間がかかるの?

腕脱毛が終わるまでの施術の必要回数と期間はどれくらいでしょう?

目安としては——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

となっています。

なぜこれほど手間と時間がかかるのでしょうか?

それには「毛周期」が関係しています。

すべての毛は3つの時期(「成長期」「退行期」「休止期」)を経ながら新しいものへ抜け替わっていくのですが、毛周期はそのサイクルのことです。

そして施術はあくまで成長期の毛にしか効果がありません。

退行期と休止期の毛は、毛根から離れたか離れつつある状態なので、いくら光を照射しても毛根にダメージを与えることができません。
ですから成長期の毛に施術しない限り、ムダ毛は毛根の機能で再び生えてしまうわけです。

サロンもクリニックも、この成長期に合わせて施術をしなければなりませんが、問題は毛一本一本の該当する時期というのがバラバラなこと。

そのため、全部の毛の成長期に施術しようと思ったら完了までの日数がとても長くなるのです。

医療クリニックだとサロンよりも施術回数は少なくなりますが、それでも1年ほどは必要です。

中には1年以内に施術部位がツルツルの状態になったという人もいますが、それも一時的なもの。
退行期、休止期から再び成長期に入ると、毛がまた生えることが珍しくありません。

体質や毛の太さなどによっても個人差は出てくるのですが、とにかく施術は長い日数がかかることを覚悟しておきましょう。

腕脱毛が得意なサロンとクリニックはどこ?

「腕脱毛をするならここ」というサロンとクリニックを、ひとつずつ紹介してみます。

まずはサロンから——

ミュゼ

電車などの広告でよく見かけるミュゼ。顧客数は330万人を超え、売上、店舗数、満足度も脱毛業界でトップを独走しています。

新規特別価格などのディスカウントやお得なキャンペーンをおこなうことが多く、初心者にもピッタリのサロンです。

特に腕脱毛専門のプランはないのですが、「フリーセレクト美容脱毛コース」の「Lパーツ」なら、腕を効率良く脱毛することができます。

これは腕、脚といった面積の広い部位を施術するプランで、9つの部位の中から好きなところをセレクトし、契約した回数を割り振る形で脱毛します。

また、全身脱毛コースを契約すればさらに値下げしてくれるので、腕以外の部位の脱毛もしたい人はこのコースを選ぶ方がお得かもしれません。

さらにイタリアのDEKA社によるSSC(スムース・スキン・コントロール)脱毛機を導入しているのもメリットのひとつ。

この方式はクリプトンライトと専用のジェルとのセットで脱毛効果をあげるもので、従来のIPLよりも光のパワーが抑制されているため、照射時も痛みが軽減されています。

照射時の痛みがイヤで施術を避けていた人でも、ミュゼなら安心して脱毛が可能です。

次にオススメのクリニックは——

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックといえば、「CMで見たことがある」という人が多いでしょう。知名度の点では脱毛クリニックの中でも抜群です。

ここで腕脱毛をするなら、Lパーツの「両ヒジ上」と「両ヒジ下」をチョイスするのがベストです。

忘れてはならないのは、契約時に「ポイントカード会員」や「プラチナカード会員」になっておくこと。これで料金が3%〜5%もディスカウントされるので、年会費1万円を払ってもお得です。

また、「手足スッキリセット」というコースもあり、計4つの部位(ヒジ上、ヒジ下、ヒザ上、ヒザ下)を脱毛することができます。

ちなみに湘南美容クリニックの大きな特徴は、施術の有効期限が決められていないところ。

多くの医療クリニックでは施術のタイムリミットが設定されていて、契約から1年くらい経つと施術が受けられなくなり、契約時に払った費用がムダになってしまいます。

湘南美容外科クリニックにはこの有効期限がありません。契約した回数分は必ず施術してもらえます。

以上、腕脱毛に関する未経験者向けの情報、さらにオススメのサロンとクリニックを紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考にしながら、自分好みのサロンやクリニックを探して下さい。
脱毛によって自己処理の必要がなくなり、肌のコンディションが改善されるはずです。

肌トラブル解消のためにも顔脱毛がオススメ

「顔」は他人の視線が常に向けられることもあり、お手入れが欠かせない部位。

ただケアのときに「邪魔だなあ」と思えるのが、細かく生えている産毛です。

伸びすぎていると剃ったりすることになりますが、これも続けていると黒ずみなどの原因になり、見栄えが悪くなることに……。

こんな産毛の悩みを解消するため、サロンで脱毛してもらう女性も多くなっています。

かつての顔脱毛は料金がリーズナブルとは言えませんでした。顔は「施術が困難」とされ、キャンペーンでも値下げ対象にはならなかったのです。

ところが最近は脱毛技術が改良されたこともあって料金も下がり、気楽に施術できるようになっています。

とはいっても、サロン未経験者が施術に通うのは何となくハードルが高いものです。

そこでこのページでは、顔脱毛の詳しい情報やサロンの選び方について紹介してみることにしました。

以下の情報が、産毛で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

現在の脱毛はレーザーの原理を応用している

顔脱毛の詳細について書いていく前に、まず現在の脱毛がどのような方法で行われているのか、簡単に解説しておきます。

以前、脱毛の施術はかなり面倒でした。脱毛専用に開発された「プローブ」と呼ばれる針をスタッフがひとつひとつの毛穴に突き刺し、電気を流してその毛根を焼き切っていたのです(これを「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と呼びます)。

これは毛根の発毛機能を破壊する点ではベストなのですが、何しろ毛穴に針を刺していくわけですから痛みは避けられません。
ましてやそこに電気を流すということで、非常に怖いイメージがつきまといます(「脱毛は痛くて怖いもの」という印象が世間に流布したのは、この脱毛方法のせいが大きいようです)。

やがてこのニードル脱毛は「時間がかかりすぎる」という理由もあって流行らなくなりました。現在では一部の医療クリニックでしか行われていません。

ではいまメインになっている脱毛方法は何かと言うと、効率の良い「光脱毛(フラッシュ脱毛)」。

このフラッシュ脱毛は、レーザー光の原理を応用したもの。レーザー系の光は波長によって色々な色素に反応するのですが、脱毛で使われている光の場合は黒いメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変わります。

そのことで毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった発毛組織に大きな損傷を与え、発毛を阻害してくれるのです。

レーザー系の光のうち、サロンで最もポピュラーなのは「IPL(インテンスパルスライト)」というものです。

このIPLは、もともとエステでニキビ痕、赤ら顔、毛穴の引き締め、くすみなどの改善に使用されていたもの。
脱毛用に流用された後も美肌効果があるので、照射していくうちに肌の状態も良くなってきます。

最近ではこのIPL方式以外に、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式が続々と開発されています。

サロンによって施術方法も多様なので、自分の条件にふさわしいものを選ぶといいでしょう。

顔脱毛の平均料金はいくら?

顔脱毛することを考えた時、最も心配になるのはその料金でしょう。

有名サロン20社のデータから平均料金を出すと「41,033円」ということです。

これを高いと見るか安いと感じるかは、その人の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛は医療クリニックでも可能です。

こちらも平均料金を算出すると「131,325円」となりました。

つまり、医療クリニックで施術してもらうと、料金はサロンの3倍以上になるわけです。

さすがに13万円超となると「お高い……」と感じる人が多いかもしれません。

ただクリニックでは、一生ムダ毛が生えてこない「永久脱毛」が可能です。

サロンかクリニックか、慎重に決めて下さい。

初心者には「お試しコース」がベスト

サロンのプランの中で初心者にオススメしたいのが、格安なお試しコース。これによって脱毛技術、接客態度、サービスの内容などがチェックできます。

なお、申し込みは店に連絡するよりもネット経由で行なう方がいいでしょう。
特典として料金を値下げしてくれるところもあります。

まず目星をつけたサロンのサイトへ行き、施術可能箇所や料金を細かくチェックした上で申し込みましょう。

その後の手順ですが、申し込み時に予約した日にサロンへ出向きます。

この時、スタッフによるカウンセリングが最初に行われます。この費用はタダなので安心して下さい。

内容は、脱毛についてのガイダンス、脱毛希望部位や病歴の聞き取り、プランに関する説明など。
いい機会なので、こちらからも疑問点を色々と聞いてみましょう。

このカウンセリングだけで初日は終了。施術に関しては予約した上で後日受けることになります。

施術の際は——

・スタッフの接客態度やサービスは?
・痛みがあるとしたらどの程度か?
・術後の保湿ケアには気を配っているか?

などの点をしっかりとチェックしましょう。

これで満足できる結果が出れば、そのまま正規プランを契約すればいいですし、満足できなければそのまま終了です。後者の場合は他のサロンを再びチェックし、同じように「お試し」で施術を受けることになります。

最近は脱毛ブームということでサロンの数が急増していますから、必ず自分にふさわしい店に出会えるはずです。

顔脱毛ならオススメは「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で評価が高いサロンを2つだけ紹介します。

まずオススメなのが、渡辺直美、ぺこ&りゅうちぇる、板野友美などが登場するCMで知られる「キレイモ」。知名度は抜群です。

キレイモの顔脱毛のメリットは、他のサロンと比較して施術できる部位が多いことです。他店で脱毛したものの不満で、キレイモでわざわざ施術し直す女性もいるようです。

続いて推薦したいのは、「ジェイエステティック」。

ここで最も人気を集めているのは「フェイス6」というプラン。1回の料金がわずか2,500円というのですからビックリです。「なるべくリーズナブルに顔脱毛したい」という人にはもってこい。

またヒアルロン酸のジェルを使っているので、施術の熱のせいで乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してくれます。

「サロンの数が多すぎて、どの店にしたらいいか分からない……」という人は、ぜひこの2つをサイトでチェックしてみて下さい。

以上、脱毛方法、平均料金、お試しコースなどについて紹介してきました。

これ以降は、顔脱毛を続けるうちに生じる疑問や、スムーズな施術のための注意点について、具体的に説明していきましょう。

歯の治療と脱毛の関係は?

毛というのは1本1本がバラバラに成長するため、脱毛処理すべき時期がそれぞれ違います。
そのために完全な脱毛には日数と手間がかかってしまうのです。

毛周期というものを計算に入れると、サロン通いが数ヶ月に及ぶのも仕方ありません。

そのように施術が長期に渡るため、その間に虫歯になって歯医者に行かなければならない、という人も出てくるでしょう。

間を空けて予約を取れればいいのですが、多忙な人など、歯の治療の次の日に脱毛をおこなう可能性もあります。こんな場合、何か具合の悪いことはないのでしょうか。

気になったのでサロンに質問してみると、「通常の歯の治療なら、翌日に問題なく脱毛もできる」とのこと。

ただ、注意する点がひとつあります。それは、歯医者で処方される痛み止めについてです。

実は、一部の痛み止めには「光線過敏症(光過敏症)」という症状を誘引する物質が含まれています。

これは光を当てると肌が過剰反応(むくみ、かゆみ、水ぶくれなど)を引き起こすというもの。痛み止めを飲んだら必ずこの症状が起こるというわけではありませんが、リスクを減らすためにも施術前は痛み止めを摂ることは厳禁です。

もしうっかり痛み止めを飲んでしまった場合、必ずスタッフに申告しましょう。

また歯列矯正中という人も、施術前にそのことを店の人に報告して下さい。
器具に光が反応すると熱が発生し、口の中が火傷になる可能性があります。口周りの施術は避けるべきです。

ただ同じ矯正器具でも、プラスチックやセラミックのような非金属なら、施術しても大丈夫です。

このように条件は色々変わってくるので、不安な点があったら必ずスタッフと相談するようにして下さい。4

顔にニキビができていると、施術は不可になる?

脱毛では上述したように高熱を発するレーザー系の光を使うため、ごくまれに体調に影響を受ける人もいます。そのため、サロンでは施術の上で色々な条件を設けています。

たとえば長いムダ毛があると、そのメラニン色素で光の反応が起き、毛が燃え上がることがあります。そうならないためにあらかじめ客の方で毛を短くしておく必要があるのですが、ついそれを忘れて長いままサロンを訪れる人もいます。
その場合、その部位の施術は後回しになってしまいます。

また過度の皮膚の乾燥も施術中止の原因となります。
もともとの肌の乾燥がひどいと、光で生じる高熱でトラブルが起こりやすくなるからです。

では、ニキビのせいで施術中止、ということはあるのでしょうか?

サロンの何軒かに電話して質問してみたところ、大部分の店ではニキビがあっても施術オーケーでした。

というのもIPLという光は、黒いメラニン色素を含んだ発毛組織(毛母細胞、毛乳頭など)を破壊するだけで、ニキビのような色の薄い部位には害を及ぼさないからです。
施術しても問題はありません。

ただ、炎症がひどいと話は違ってきます。
照射によって症状が悪化することもあるので、施術できるどうかは経験を積んだスタッフの判断を仰いで下さい。

施術で照射される光によって、シミやそばかすができる?

現在の脱毛方法はレーザーの原理を応用したもので、黒いメラニン色素に反応する光をムダ毛のある肌に当てる、というものです。これはサロンも医療クリニックも変わりません。

「レーザーのような強い光を肌に照射したら、日焼けみたいになってシミが残るのでは?」と不安を感じる人もいるかもしれません。

確かに紫外線による日焼けは、肌トラブルの原因のひとつとなっています。サロンのIPLも光度の大きい強烈な光なので、紫外線と同様に肌に色素沈着を起こすのではないか、と誤解しがちです。

しかしこれまで述べてきたように、サロンで光を照射する脱毛器は、元々エステで肌トラブル解消のために活用されてきた歴史があります。美肌ケアに役立つくらいですから、決して肌に有害なものではありません。

「でも『顔脱毛をしたせいでシミができてしまった』っていう口コミをネットで見かけるけど?」

そう言って反論する人がいるかもしれません。

このような投稿については、2つの理由が考えられます。

まず肌のターンオーバーのために、深層に潜んでいたシミが表面にあらわれた、というもの。

施術によって新陳代謝が活発になり、それまで隠れていたシミが肌にあらわれることは珍しくありません。

ただ、それらのほとんどはターンオーバーがさらに促進されると消えてしまいます。

あと施術によって乾燥した肌にうっかり傷がつき、術後のケア不足からそれが痕になってしまうケース。この痕をシミだと勘違いしてしまうことがあります。

いずれにせよ、傷やシミができるのは別に脱毛が直接の原因というわけではありません。施術を受けても肌の状態は悪化しませんので安心して下さい。

サロンに通うときはスッピンでないとダメ?

契約後、施術のためにサロンに初めて行く際、初心者が戸惑うのが、

「化粧をしていっていいのか?」

ということ。

なにしろ顔を脱毛するわけですから、メイクをしていたのでは施術の邪魔になります。

しかし、素顔でも問題のない10代の女の子ならともかく、常に化粧をバッチリ決めた大人の女性がサロンに行き着くまで人中をスッピンで歩くのも大変……。知らないうちはそのことで不安を覚えるでしょう。

先に結論を述べてしまうと、いつも通りにメイクをしていっても大丈夫です。

というのも、有名サロンのほとんどは化粧用のブースを設けていますし、自分でやらなくても施術担当者がメイクを落としてくれるサービスもあります。

ただ、そんな設備やサービスがあるといっても、濃い化粧をしていくとそれだけオフするのに時間が取られてしまいます。

サロンスタッフに嫌な顔をされないためにも、化粧は薄めにし、スピーディに脱毛に移れるように心がけましょう。

以上、顔脱毛全般について様々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考にしながら、自分に合ったサロンを見つけて下さい。
顔脱毛をすることで自己処理の必要もなくなり、肌の状態も改善されていくはずです。

脇脱毛がオススメ

ワキのコンディションのためにも脱毛がオススメ

5月を過ぎ、気温が徐々に上がってくると、肌を見せる機会も増えてきます。
特に夏たけなわの8月ともなると、半袖やノースリーブで外へ出ることが多くなるでしょう。

その時に注意を払う必要があるのが、ワキに生えているムダ毛です。

処理がキッチリとされていないと、腕を無防備に上げた時など他人にのぞかれてしまい、とんだ恥をさらすことになります。

ただ、ワキ毛の自己処理というのは相当手間がかかります。カミソリを使っている場合は、1日でも怠けるとすぐブツブツが目立ってきますし、毛抜きで抜くと痛みがひどく、処理そのものがイヤになります。

「自己処理が大変だから、サロンで脱毛してもらおうか……」

そう考えてしまう女性も多いでしょう。でもサロン初心者にとって、脱毛の施術を受けるというのは結構ハードルが高い行為です。

「脱毛ってどれくらいの日数がかかるの?」
「完了までに受ける施術の回数は?」
「痛みがひどいという話だけど、本当なの?」
「最終的に費用はいくらかかる?」

結局、これらの疑問点のためにウジウジと悩み続け、サロンには通わないまま自己処理をやっている、という人も少なくありません。

そこでこのページを立ち上げ、ワキ脱毛に関する情報、そしてサロンの選び方について説明し、初心者の疑問を解決してみることにしました。

以下に述べられた情報が、ワキ毛で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

そもそも「脱毛」とはどんなものか?

ワキ脱毛の情報を紹介していく前に、まず「脱毛とはそもそもどんなものか?」ということを説明します。

まだまだ誤解している人が多いのですが、サロンや医療クリニックでの「脱毛」というのは、別に一本一本の毛を器具で抜いていく行為ではありません。
脱毛は毛を再び生やさないようにする技術であり、皮膚の奥に隠れている毛根部分がそのターゲットなのです。

脱毛は「古代文明ですでに行われていた」と言われるほど歴史が古く、その技術は徐々に進歩してきました。しばらく前は電気針を用いて毛根を焼き切っていましたが、現在は新しい方法が開発され、特殊な光を肌に当てて毛根に影響を及ぼします。

この時に使われるIPL(サロンで使用)やレーザー(クリニックで使用)などの光は、黒いメラニン色素だけに反応し、光から熱に変化する特徴を持っています。照射すると皮膚はそのままで、発毛を促進する組織(毛母細胞、毛乳頭など)だけに大きな損傷を与えます。

この方法は脱毛の歴史を塗り替える画期的なものでした。
おかげで施術を受ける人も爆発的に増え、近年ではこれまでの顔、脚に加え、VIOなどの特殊な部位も脱毛する女性が出てきました。

その中でもワキは最も人気のある部位。脱毛初心者が最初に施術してもらうところも、圧倒的にワキだと言われています。

また、ワキは汗腺が特に集まっているところです。そのために老廃物や汚れが溜まりやすく、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎といった症状や病気が発生しやすくなっています。

ワキの健康的なコンディションをキープするためにも、ムダ毛を1日でも早く脱毛し、刺激の強い自己処理とサヨナラしましょう。

気になるワキ脱毛の詳細(施術回数、費用、痛みの有無)について

上に述べた説明で、ワキ脱毛のメリットがご理解頂けたでしょうか?

メリットを知って「今すぐにでもサロンと契約して脱毛の施術を受けたい」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンを選ぶ段になると、以下のようなことが心配になると思います——

・施術回数は最低でどれくらいなのか?
・料金は総額でいくら必要なのか?
・施術時の痛みはあるのか? 痛みのない方法は?

これらの疑問について、順番に説明していきましょう。

まず、施術回数について。脱毛というのは簡単なものではなく、たった1、2回の施術では完了しません。ムダ毛が半永久的に生えないようにするには、かなり長い期間が必要となります。

特にワキというのは、剛毛が集中的に生えている厄介な部位です。さらに毛根が深い箇所にあり、他の部位に比べて施術に時間がかかると言われています。そのため、顔や脚よりも施術の回数が増えてしまうのです。

もちろんサロンの脱毛方法や個人による差はあるのですが、脱毛完了まで12回〜18回、と見ておいた方がいいでしょう。

続いて料金について。

こればかりはサロンによって大きな幅があります。老舗の高級サロンになると、施術ごとにビックリするような金額を請求するところもあるそうです。

ただ、ワキ脱毛に関しては初心者向けで、大抵の店で料金は低く抑えられています。

「その中でも特にリーズナブルな店は?」と思ってネットで丹念に調べてみると、ぜひ推薦したいサロンがありました。

それは全国展開しているチェーン店「ミュゼ」。雑誌の広告で見た、という人もいるでしょう。

特に人気なのが「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。何しろ料金はわずか100円。缶ジュース並みの値段です。

こんな価格で施術してもらえるところは他にはありません。なるべく安価に脱毛したい人には最適と言えます。

最後に、痛みの有無、について。

結論を述べると、多くのサロンでは施術の際に痛みが伴います。

というのも、IPLによる脱毛というのは毛根が高熱によってダメージを受けるため、その周辺の皮膚も軽い火傷状態に陥ってしまうのです。
いわば肌の奥にお灸をすえたような感じです。

もちろん火傷と言っても大したことはありませんが、毛穴が熱を持った状態というのはあまり快適ではありません。

このようなIPL方式の欠点を克服しようと、最近になって色々な方式が新しく考案されています。

その中のひとつが、SSC方式です。

SSC方式がIPL方式と異なるのは、クリプトンライトを使う、というところ。

IPLではムダ毛に光を当てるだけで脱毛効果が生じるのですが、クリプトンライトは単独では効果がありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、肌に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを当てると毛根がダメージを受け、発毛が阻害できるのです。

SSC方式の最大の長所は、ジェルとの組み合わせで効果を発揮するため、高熱にする必要がないこと。したがって痛みも全くといっていいほどありません。

ちなみに、上で紹介したミュゼはこのSSC方式の脱毛機器を使っています。

「痛みが苦手なので脱毛はちょっと」という女性も、ミュゼなら大丈夫です。

ワキ脱毛を成功させるために

「ミュゼなら格安で痛みがないのでオススメ」と書きましたが、近所に支店がないこともあります。そんな時は、他のサロンと契約しなければなりません。

ただ、現在は脱毛人口が増えたせいで新規の店が続々と参入し、以前よりもサロンの数が多くなっています。初心者はどこがいいのか判断に迷ってしまうでしょう。

また、各サロンが盛んにキャンペーンを行っているのですが、これも条件がややこしく、どこが1番いいのかわかりづらくなっています。

そこでサロンと契約する際、気をつけるべき点を3つほどあげてみます。

施術可能回数が多いプランを選ぶ

脱毛についてはまだまだ知識が乏しい人が多く、たとえば1、2回ほど施術すればその部位のムダ毛はずっと生えてこない、と思い込んでいる方がいるようです。

もちろん、そんなことはありません。1、2回の施術では、ムダ毛をしっかりと処置することなどできません。
確かに施術後10日から1ヶ月ほどで部位は無毛状態になりますが、一定期間が経過すれば毛は再生します。

ムダ毛が生えないようにするには、数ヶ月から数年、レーザーやIPLを肌に照射し続けなければなりません。

しかも硬い毛が密集しているワキのような部位となると、施術回数が多くなるのはやむを得ません。

大体の目安は12回〜18回ですから、施術回数が一桁の安いプランを選んでしまうと脱毛が終わらない可能性が高くなります。

そうなると結局は追加施術をしなければならず、その費用は馬鹿になりません。
そんな事態を避けるためにも、施術回数が多いプランを選ぶようにして下さい。

契約の前に返金制度や施術期限を調べておく

サロンと契約すると、その店に定期的に通うことになります。

しかし通い続けるうちに、色々と不満を覚える場合もあります。
それが許せないレベルだと、契約を中途で解約したくなるでしょう。

解約を口にすると、サロンの方では当たり前ですがイヤな顔をします。不快な事態を招かないためにも、契約前に解約の詳細を調べておくことが必要です。

またサロンによっては、施術期間にタイムリミットを設けていることがあります。契約日から決められた日数が過ぎると、お金を払ったのに施術ができない、ということになりますので、これも契約前にキチンと確認しておくようにしましょう。

施術後の保湿ケアを心がけているサロンにする

暑い夏に入ると、ワキを露出する機会が増えます。
見栄えが良いように、ムダ毛はもちろん、黒ずみなどのトラブルもしっかりと治したいものです。

ケアのために重要なのは、肌の潤いをしっかりと保つこと。

脱毛サロンの中にはそのことに対応し、施術後の保湿サービスをしっかりとおこなっているところもあります。

こうした気の利いたサロンなら美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックの違いとはどういうものか?

ワキ脱毛を行ってくれるところには、脱毛サロンと医療クリニックの2つがあります。では、これらには一体どんな違いがあるのでしょうか?

実は脱毛の原理については全く変わりません。施術では、特殊な性質を備えた光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に直接当てます。そして発毛を促進する組織(毛母細胞、毛乳頭など)に大きなダメージを与えるのです。

ではどこに違いがあるのかというと、その光の威力です。

レーザー光はサロンのIPLと比べると、桁違いのパワーを備えています。
照射によって毛根組織は完全に破壊され尽くしてしまい、ムダ毛はその後全く生えてきません。

また、IPLでは脱毛が終わるまで10回以上の施術が必要ですが、レーザー脱毛ではその半分くらいで終わってしまいます。

もし「なるべく短い期間で脱毛を完了したい」と思っているなら、レーザーでの施術を選ぶべきです。

なぜワキ脱毛はリーズナブルなのか?

ミュゼの例でもお分かりの通り、ワキ脱毛の料金は非常に安くなっています。
初脱毛でワキを選ぶ人が多いのは、施術がリーズナブルということもあるでしょう。

では、どうしてワキ脱毛は安いのでしょうか?

まずあげられるのは「ワキの面積が狭い」ということ。

実は脱毛料金は面積に応じて決定されることが多く、その点で元々ワキは安価な部位というわけです。

次の理由は、サロン側の”戦略”。

初心者は最初にワキ脱毛をやりたがるため、「その料金をグッと抑えることで、施術のハードルを低くできる」とサロン側が考えているのです。

ワキはリーズナブルな上に、サロンの技術もすぐ分かります。
その点でも、最初の施術部位としてふさわしいといえるでしょう。

完了後、効果に満足できない時はどうすればいい?

ようやく施術が終わったものの、その効果に不満がある——。
そんな時は続けて施術を受けられますが、追加費用がかなりかかります。

それがイヤなら他のサロンに乗り換えるのもいいでしょう。ただ、カウンセリングからやり直すことになるので、かなり時間がムダになります。

こんな事態を避けるためにも、最初の契約時に高めのプランを選び、施術回数に余裕をもたせましょう。

脱毛してしまうとワキ汗の量が多くなる?

最後に、脱毛後の”ある噂”について、説明しておきます。

実はネットをチェックしていると、「脱毛した後、ワキ汗の量が増えてしまった」という口コミを何件か目にします。

そんな現象が、実際にあるのでしょうか?

最初に答えを言いましょう。——そんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗が増えた」と誤解している人がいて、そんな方たちが口コミを流しているようです。

調べてみると、

「脱毛が完了した後、これまでワキ毛でせき止められていた汗が肌を流れるようになり、量が増えたと錯覚する」

ということのようです。

つまり、単なる肌の違和感にすぎません。脱毛前と汗の量は同じなのです。

時間が経てば汗の流れにも慣れ、違和感もなくなるでしょう。

以上、ワキ脱毛の情報、サロンの選び方などについて、色々なポイントから説明してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページの知識を参考に、お気に入りの脱毛サロンを見つけて下さい。

脱毛が成功すればワキへの視線も気にならなくなり、肌の状態もきっと改善されていくはずです。

脱毛は健康に悪いのか

健康に悪い影響を及ぼす

脱毛って健康に悪い影響を及ぼすの?

どこの部位にしろ、脱毛してもらう時は、専門サロンか医療クリニックに数ヶ月から数年の間通うことになります。

このふたつのうち、脱毛効果がより強いとされているのは、レーザー光を使う医療クリニックの方です。

脱毛の初心者の中には、

「レーザー脱毛には皮膚癌のリスクがある」
「内臓に悪い影響が出るという論文が発表された」
「レーザーを当てすぎるとシミができてしまう」

というような噂をネットで見て不安になり、クリニックでの脱毛をためらっている人もいます。

果たして上記のような問題は本当に起こるのでしょうか?

答えをいうと、それらの噂はすべてデマです。

日本医学脱毛協会によれば、医療用のレーザーで皮膚癌になる心配など、まずありません。逆にシミ・ほくろの治療に使われているくらいです。

またレーザー光は毛根の深さまでしか届かないように波長が調節ずみなので、内臓の調子を悪くすることもありません。

確かにレーザーのパワーは強烈です。肌の炎症が起こったり、赤み、むくみなどの副作用が生じるケースもありますが、何しろ施術しているのがお医者さんですので、症状に応じた処置をすぐに取ることができます。

一方、レーザーより威力の劣るIPL(インテンス・パルス・ライト)で施術するサロンの方ですが、実は光の中途半端なパワーによって悪い影響が生じることがあります。

例えば、抜け落ちないで毛根に残った毛が太くなったり長くなったりする「硬毛化」、それまで発毛機能が衰えていた毛穴まで活性化してしまう「増毛化」など、色々な副作用が報告されています。

どうしてもこれらの副作用を避けたいなら、なるべく医療クリニックでレーザーによる施術を受けた方がいいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ