脱毛コラム

脱毛 スクラブ

スクラブを使用している

スクラブの効果について

普段からボディケアのためにスクラブを使用しているという人も多いでしょう。

スクラブの効果というのは——

・肌の保湿機能を高める
・毛穴の汚れを防ぐ
・肌のくすみやシミを予防する

などがありますが、実は「埋もれ毛」を予防するという効能もあり、ムダ毛対策に大変役立つものです。

埋もれ毛というのは、文字通り、皮膚の中に埋もれてしまった毛のことです。

毛抜き、カミソリ、ワックス、除毛クリームといったものでムダ毛処理を続けていると、どうしても毛穴や皮膚が損傷を受け、炎症を起こす回数が多くなります。

炎症が治りかけるとカサブタが形成されるのですが、これが何回も繰り返されると肌のバリア機能が作用し、角質層が徐々に厚くなってきます。

そうなると毛穴がふさがれてしまい、毛が表面に出られずに皮膚の下で成長することになります。この現象が埋もれ毛です。

埋もれ毛が生じると、サロンや医療クリニックで施術しても脱毛効果がなかなか上がりません。

サロンやクリニックで用いられるIPLやレーザーは高熱を加えて毛乳頭や毛母細胞を弱体化、あるいは破壊し、それによって毛を生えにくくします。ところが、埋もれ毛だと毛根部分まで光が届かず、発毛組織へダメージを与えることが不可能になるのです。

ですから、もし脱毛サロンやクリニックに通うことを考えているなら、スクラブを普段から使って埋もれ毛を予防するのがおすすめ、というわけです。

ただ、施術の前日、あるいは施術後数日間は、スクラブ使用を避けた方が無難です。

上記のように施術時は毛根が高熱に包まれるため、毛穴やその周りの皮膚が軽いやけど状態となります。
刺激すると肌トラブルにつながりますから、スクラブを使うのは肌の状態が普段通りになるまでひかえて下さい。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛での剃り残しについて

剃り残しがないようにする

施術前には剃り残しがないようにしよう

脱毛サロンで施術の予約を入れる際、「施術前日に長いムダ毛をシェービングしておいて下さい」といわれることがあります。

脱毛について知識がない人は「自分でシェービングしなければならないなんてどういうこと? サロンでは何をするの?」と思われるかもしれません。しかし、脱毛とムダ毛処理というのは全く異なる行為です。

サロンで施術をする時、ターゲットとなるのはムダ毛の毛根。メラニン色素にだけ反応するIPLという特殊な光を当て、毛根に高熱によるダメージを与えます。つまり、あくまで施術の目的は発毛機能の抑制にあります。

そのIPLの照射に長いムダ毛は邪魔なので、あらかじめ客の側で処理しなければならないのです。

ここで大切なのが、剃り残しがないようにしっかりとシェービングすること。もし剃り残したところがあると、そこだけ避けるように照射がおこなわれ、改めて別の日に再び施術を受けることになります。それでは時間と料金の無駄です。

そんな事態を回避するために、なるべくキッチリと自己処理をおこなうようにして下さい。

「仕事で忙しくて自己処理のヒマがない。サロンの方でスタッフがシェービングをやってくれればいいのに」と思われるでしょうが、実は施術そのものよりもシェービングの方が時間が必要なため、ただですら予約がいっぱいのサロンとしてはその時間を省略したいという事情があります。

ただ、アリシアクリニック、湘南美容クリニックといった医療クリニックや、脱毛ラボ、キレイモなど一部のサロンでは、別料金を徴収してムダ毛のシェービングをおこなってくれます。

もしどうしても自己処理ができないのなら、それらのサロンやクリニックを選ぶようにしましょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛スプレーって?

手軽にムダ毛を処理

手軽にムダ毛を処理するならdeleMO(デリーモ)がおすすめ

体質的にムダ毛が濃くて悩んでいる人も多いのですが、自己処理するのも面倒くさいものです。
処理に手間取るたび、「手軽に短い時間で除毛できないか」と思ってしまいます。

そんな人に薦めたいのが、楽天市場売り上げランキング1位を獲得した除毛剤・deleMO(デリーモ)。

その最大の特徴は、スプレータイプだということ。除毛用の薬剤にはクリームタイプの商品が多いのですが、除毛作業をしている時にどうしても手が汚れてしまいます。

でもデリーモなら処理したい部分に吹き付ければ、それだけでオーケー。手を洗う必要などありません。

以下のようなレビューが口コミサイトにも投稿されています——

「これまでムダ毛はカミソリでそっていましたが、敏感肌なので処理後はヒリヒリしていました。それに足などの広い部位の処理にはどうしても手間がかかります。
なんとかならないか、とずっと悩んでいました。
そんな時に知り合いから教えてもらったのが、デリーモ。スプレーなのでムダ毛に吹きかけるだけ。5分待つと、ちゃんと除毛ができます。ヒリヒリしないし、処理時間も大幅に短縮。価格もすごくリーズナブルなので、これからも買い続けます」

「僕は男性としても特に剛毛体質で、夏場に短パンをはくとスネ毛が目立ってしまいます。手軽に処理できる商品がないものかと思ってネットでチェックしていると、目についたのがデリーモです。レビューを見るとほめている人が多かったので、すぐに購入。使ってみると、5分待つだけでスネ毛がキッチリ除去できました。
それからずっと継続して使っていますが、ムダ毛が薄くなってきているようです」

ムダ毛の悩みを抱えている人は、1度デリーモを使ってみてはいかがでしょうか?

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

ワキガになる原因と脱毛することでワキガを改善できる理屈

厄介なワキガという存在

ワキガが気になる女性
脇の毛穴に皮脂や老廃物が溜まりやすくなると、ワキガになりやすいです。

特に、毛抜きによって脇毛を自己処理すると毛を抜く際を毛穴を広げるので、毛穴に異物が入り込みやすくなります。

また、毛穴に溜まった皮脂や老廃物が酸化すると雑菌が繁殖する影響によってワキガの原因を招きます。

そのため、脱毛によって脇毛を無くすことで、脇の表皮の温度を下げてアポクリン腺の汗を減らすだけでなく、毛穴に雑菌を溜まりにくくします。

なぜなら、脱毛は可視光線によって毛根部分を破壊しつつ、アポクリン腺にもダメージを与えてワキガの臭いを抑えることができるからです。

その上、脱毛ならば毛抜きと違ってデリケートな部位となる脇であっても、肌や毛穴を傷つける恐れがないです。

脱毛でワキガの臭いを改善する

また、脱毛は毛根を破壊した際に発生した熱が毛穴にこもるので、毛穴全体に熱によるダメージを与えます。

脇毛と一体化しているアポクリン腺にもダメージを与えるので、アポクリン腺の汗が脇毛につきにくくなります。

ちなみに、脱毛を受けるにつれて脇の毛穴が引き締まるので、毛穴に雑菌が入り込まなくなります。

さらに、脱毛により汗とワキガの臭い対策をやりやすくなります。

なので、毎日脇の手入れを忘れずに行うことで脇を清潔に保ちやすくなります。

また、脱毛することでワキガの臭いを改善する他にも、脇毛の自己処理によって脇の肌を傷つけるリスクを減らすことにも繋がります。

脱毛サロンでミスのないアンダーヘア脱毛

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛は、脱毛の中でも非常にデリケートです。アンダーヘアはできるだけ処理したほうがすっきりします。ただ、デリケートな体の部位だけに、適当な処理をしてはいけません。では、アンダーヘアの脱毛をするときはどんなことに気をつければ良いのでしょうか?その点について深く掘り下げていきます。

アンダーヘアの脱毛

 まず第一に気をつけないといけないのは、肌をかぶれさせたりしないことです。自分でアンダーヘアの脱毛をするとき、肌荒れさせないように注意しないといけないです。カミソリやシェーバーやハサミを使えば、アンダーヘアの脱毛ができます。ただ、金属に対してアレルギーがあるとそれらの方法によって、肌荒れしてしまうかもしれないです。肌が赤くなってしまったり、かゆくなったりするのは場所が場所だけに困ります。それでは満足のいくアンダーヘアの脱毛ができているとはいえませんので、肌荒れさせないよう慎重に行わなければいけないです。

脱毛サロンでの施術がおすすめ

 また、肌荒れが気になるときは、無理に自分でしないで脱毛サロンを頼るのも悪くない考え方です。脱毛サロンなら確かな技術によるアンダーヘア脱毛が見込めるので、自分でやるよりもきれいに処理できるのは言うまでもありません。お金の問題がありますから軽々しくは決断できないかもしれませんが、ミスのないアンダーヘア脱毛をするなら脱毛サロンを頼ると良いです。

埋没毛はなぜできるのか?

埋没毛に悩む女性
自分で簡単にムダ毛処理ができるからと、カミソリや毛抜きで脱毛を行っていると起こるトラブルの一つに「埋没毛」があります。ムダ毛が皮膚の表面に出て来れずブツブツになる埋没毛は、一体どうしてできるのでしょうか?

埋没毛の原因

カミソリや毛抜きなど自分で脱毛を行うと、肌の表面が傷つきます。元々肌の表面には角質層があり、様々なトラブルから肌を守ってくれるのですが、カミソリや毛抜きなどで無理矢理脱毛を行うとその表面の角質層に傷が付きます。肌は自分で修復使用とする力があるため、傷ついた毛穴の表面を新たな角質層が覆ってしまいます。これによって新しいムダ毛が成長しても毛穴から出てくることができず、皮膚の内側で丸まったまま成長をしてしまいます。

埋没毛への対処

ムダ毛が成長を遂げると、埋没毛は再び自然と毛穴から出てきます。しかしこれを待つことができずに毛抜きやピンセットで無理矢理表面の皮膚を破り、中のムダ毛を再び抜くという方も多くいますが、これは間違った対処方法です。再び角質層を傷つけムダ毛処理を行うことで、再び埋没毛ができてしまいます。さらにこれを繰り返すことで色素沈着など埋没毛以外の肌トラブルを引き起こす可能性があります。埋没毛ができないように間違った自己処理は避けるようにしましょう。そして埋没毛ができても、決して無理矢理表面を傷つけるような対処はしないようにしましょう。

産後の脱毛では抑毛効果のある商品を使うと良い?

出産後のムダ毛の処理

産後の女性
産後の脱毛においては肌の状態を知ったうえで、できるだけ刺激にならない方法で脱毛をしないといけませんが、そういうときにおすすめなのは抑毛効果のある商品です。

これはローションやクリームなどの場合がありますけど、肌にとって刺激になりづらいという特徴があるため、多くの人に利用されています。

抑毛効果があるということは脱毛をしたときと同じような状況を生みやすいということがあるので、産後の脱毛を考えている人にとってメリットがある商品と言えると思うのです。

産後の脱毛におすすめなアイテム

抑毛効果のある商品というのは、クリームやローションのいずれにしても、肌に対する負担がかなり少ないと言えます。

何と比べるか?にもよりますけど、カミソリで脱毛をするケースと比べたら、かなり肌に優しいと思うので、産後の肌が敏感になっているときにはまさに適した方法と言えるのではないか?と思います。

こういった商品は気軽に購入できるものですし、産後の脱毛以外でも使えるので、肌に負担にならない方法として知っておくべきですし、産後のときには特におすすめと言えるアイテムと言えると思います。

肌が敏感で荒れやすい時期だからこそ、こういった商品を使って脱毛をしていくと肌に特に変化が起きずに済むのではないか?と思いますから、やってみると良いと思うのです。

勧誘を断る際は強い意志を持つこと

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘を断る女性
「毛のお手入れがめんどう」そんな人は脱毛サロンで施術を受けると良いでしょう。1度施術を受けておけば、パッと見て分からないくらい毛が目立たなくなります。脱毛サロンで施術を受けると、わずらわしいお手入れから解放されるのがメリットですが、それと同時にデメリットもあることを知っておきましょう。最近はグッと減ったとも言われていますが、まだしつこい勧誘をおこなっているところもあるそうです。勧誘は実際に行って分かることが多いので、利用する前に断りかたを身につけておくと良いでしょう。

無職や主婦の場合は高額な費用を支払えないと判断し、無理な勧誘をしてくる確率が少なくなると言われています。会社員やアルバイトだと、分割してお金を支払えると判断され、勧誘をしてくる確率も高くなることでしょう。

きっぱり断るのが苦手な方は

きっぱり断るのが最も理想的な断りかたですが、それができない人は、時間がないと伝えましょう。スマートフォンや携帯に誰かから連絡がきたと見せかけて、時間がないと思わせれば、あきらめてそれ以上は言ってこなくなります。また、主婦の場合は「高額だから旦那と相談してからでないと分からない」と伝える方法もあります。大切なのはなぜその場で契約できないのかをきちんと伝えることです。伝わればサロンのスタッフもそれほどしつこく勧誘してきません。