ダイオードレーザー脱毛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

体に大きなダメージを与える

医療クリニックで使われるダイオードレーザーとは?

医療クリニックの脱毛で採用されている機器は、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー(YAG)」の3種類がほとんどです。

いずれのレーザーも直接肌へ照射します。波長と照射時間が最適化されていて、周りの組織には影響を及ばさずに毛根部分に到達。そこでメラニン色素に反応し、熱エネルギーへと変わります。その熱によって毛乳頭や毛母細胞に大きなダメージを与え、発毛機能を衰えさせるのです。

この3つのうち、最もバランスがよいとされているのがダイオードレーザーです。

ヤグレーザーは肌トラブルは少ないのですが、脱毛効果、および持続性が低いのがデメリット。さらに波長が1,064ミリで、真皮よりも深い皮下組織にまで到達します。そのため、どうしても痛みが強くなります。

アレキサンドライトレーザーは、使われている波長が755ミリと脱毛には最適ですが、産毛には効果が低く、色黒の人には使えません。

一方、ダイオードレーザーは出力やパルス幅を調整することができるので、毛の色、太さ、肌の色に関係なく、施術が可能です。

そのため、サロンで脱毛してもらったものの産毛が残った人、色が黒いために契約を断られてしまった人でも、ダイオードレーザーを備えているクリニックなら脱毛を行うことができます。

また、照射野が四角形というのも特徴のひとつで、施術していてもムラができにくくなっています。二重照射の必要もなく、一回当たりの施術が他のレーザーよりもスピディー。そのため、予約が取りやすくなるというメリットもあります。

医療クリニックに行くなら、ダイオードレーザーで施術してくれるところを選ぶといいでしょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*