肌トラブル解消のためにも顔脱毛がオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「顔」は他人の視線が常に向けられることもあり、お手入れが欠かせない部位。

ただケアのときに「邪魔だなあ」と思えるのが、細かく生えている産毛です。

伸びすぎていると剃ったりすることになりますが、これも続けていると黒ずみなどの原因になり、見栄えが悪くなることに……。

こんな産毛の悩みを解消するため、サロンで脱毛してもらう女性も多くなっています。

かつての顔脱毛は料金がリーズナブルとは言えませんでした。顔は「施術が困難」とされ、キャンペーンでも値下げ対象にはならなかったのです。

ところが最近は脱毛技術が改良されたこともあって料金も下がり、気楽に施術できるようになっています。

とはいっても、サロン未経験者が施術に通うのは何となくハードルが高いものです。

そこでこのページでは、顔脱毛の詳しい情報やサロンの選び方について紹介してみることにしました。

以下の情報が、産毛で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

現在の脱毛はレーザーの原理を応用している

顔脱毛の詳細について書いていく前に、まず現在の脱毛がどのような方法で行われているのか、簡単に解説しておきます。

以前、脱毛の施術はかなり面倒でした。脱毛専用に開発された「プローブ」と呼ばれる針をスタッフがひとつひとつの毛穴に突き刺し、電気を流してその毛根を焼き切っていたのです(これを「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と呼びます)。

これは毛根の発毛機能を破壊する点ではベストなのですが、何しろ毛穴に針を刺していくわけですから痛みは避けられません。
ましてやそこに電気を流すということで、非常に怖いイメージがつきまといます(「脱毛は痛くて怖いもの」という印象が世間に流布したのは、この脱毛方法のせいが大きいようです)。

やがてこのニードル脱毛は「時間がかかりすぎる」という理由もあって流行らなくなりました。現在では一部の医療クリニックでしか行われていません。

ではいまメインになっている脱毛方法は何かと言うと、効率の良い「光脱毛(フラッシュ脱毛)」。

このフラッシュ脱毛は、レーザー光の原理を応用したもの。レーザー系の光は波長によって色々な色素に反応するのですが、脱毛で使われている光の場合は黒いメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変わります。

そのことで毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった発毛組織に大きな損傷を与え、発毛を阻害してくれるのです。

レーザー系の光のうち、サロンで最もポピュラーなのは「IPL(インテンスパルスライト)」というものです。

このIPLは、もともとエステでニキビ痕、赤ら顔、毛穴の引き締め、くすみなどの改善に使用されていたもの。
脱毛用に流用された後も美肌効果があるので、照射していくうちに肌の状態も良くなってきます。

最近ではこのIPL方式以外に、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式が続々と開発されています。

サロンによって施術方法も多様なので、自分の条件にふさわしいものを選ぶといいでしょう。

顔脱毛の平均料金はいくら?

顔脱毛することを考えた時、最も心配になるのはその料金でしょう。

有名サロン20社のデータから平均料金を出すと「41,033円」ということです。

これを高いと見るか安いと感じるかは、その人の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛は医療クリニックでも可能です。

こちらも平均料金を算出すると「131,325円」となりました。

つまり、医療クリニックで施術してもらうと、料金はサロンの3倍以上になるわけです。

さすがに13万円超となると「お高い……」と感じる人が多いかもしれません。

ただクリニックでは、一生ムダ毛が生えてこない「永久脱毛」が可能です。

サロンかクリニックか、慎重に決めて下さい。

初心者には「お試しコース」がベスト

サロンのプランの中で初心者にオススメしたいのが、格安なお試しコース。これによって脱毛技術、接客態度、サービスの内容などがチェックできます。

なお、申し込みは店に連絡するよりもネット経由で行なう方がいいでしょう。
特典として料金を値下げしてくれるところもあります。

まず目星をつけたサロンのサイトへ行き、施術可能箇所や料金を細かくチェックした上で申し込みましょう。

その後の手順ですが、申し込み時に予約した日にサロンへ出向きます。

この時、スタッフによるカウンセリングが最初に行われます。この費用はタダなので安心して下さい。

内容は、脱毛についてのガイダンス、脱毛希望部位や病歴の聞き取り、プランに関する説明など。
いい機会なので、こちらからも疑問点を色々と聞いてみましょう。

このカウンセリングだけで初日は終了。施術に関しては予約した上で後日受けることになります。

施術の際は——

・スタッフの接客態度やサービスは?
・痛みがあるとしたらどの程度か?
・術後の保湿ケアには気を配っているか?

などの点をしっかりとチェックしましょう。

これで満足できる結果が出れば、そのまま正規プランを契約すればいいですし、満足できなければそのまま終了です。後者の場合は他のサロンを再びチェックし、同じように「お試し」で施術を受けることになります。

最近は脱毛ブームということでサロンの数が急増していますから、必ず自分にふさわしい店に出会えるはずです。

顔脱毛ならオススメは「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で評価が高いサロンを2つだけ紹介します。

まずオススメなのが、渡辺直美、ぺこ&りゅうちぇる、板野友美などが登場するCMで知られる「キレイモ」。知名度は抜群です。

キレイモの顔脱毛のメリットは、他のサロンと比較して施術できる部位が多いことです。他店で脱毛したものの不満で、キレイモでわざわざ施術し直す女性もいるようです。

続いて推薦したいのは、「ジェイエステティック」。

ここで最も人気を集めているのは「フェイス6」というプラン。1回の料金がわずか2,500円というのですからビックリです。「なるべくリーズナブルに顔脱毛したい」という人にはもってこい。

またヒアルロン酸のジェルを使っているので、施術の熱のせいで乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してくれます。

「サロンの数が多すぎて、どの店にしたらいいか分からない……」という人は、ぜひこの2つをサイトでチェックしてみて下さい。

以上、脱毛方法、平均料金、お試しコースなどについて紹介してきました。

これ以降は、顔脱毛を続けるうちに生じる疑問や、スムーズな施術のための注意点について、具体的に説明していきましょう。

歯の治療と脱毛の関係は?

毛というのは1本1本がバラバラに成長するため、脱毛処理すべき時期がそれぞれ違います。
そのために完全な脱毛には日数と手間がかかってしまうのです。

毛周期というものを計算に入れると、サロン通いが数ヶ月に及ぶのも仕方ありません。

そのように施術が長期に渡るため、その間に虫歯になって歯医者に行かなければならない、という人も出てくるでしょう。

間を空けて予約を取れればいいのですが、多忙な人など、歯の治療の次の日に脱毛をおこなう可能性もあります。こんな場合、何か具合の悪いことはないのでしょうか。

気になったのでサロンに質問してみると、「通常の歯の治療なら、翌日に問題なく脱毛もできる」とのこと。

ただ、注意する点がひとつあります。それは、歯医者で処方される痛み止めについてです。

実は、一部の痛み止めには「光線過敏症(光過敏症)」という症状を誘引する物質が含まれています。

これは光を当てると肌が過剰反応(むくみ、かゆみ、水ぶくれなど)を引き起こすというもの。痛み止めを飲んだら必ずこの症状が起こるというわけではありませんが、リスクを減らすためにも施術前は痛み止めを摂ることは厳禁です。

もしうっかり痛み止めを飲んでしまった場合、必ずスタッフに申告しましょう。

また歯列矯正中という人も、施術前にそのことを店の人に報告して下さい。
器具に光が反応すると熱が発生し、口の中が火傷になる可能性があります。口周りの施術は避けるべきです。

ただ同じ矯正器具でも、プラスチックやセラミックのような非金属なら、施術しても大丈夫です。

このように条件は色々変わってくるので、不安な点があったら必ずスタッフと相談するようにして下さい。4

顔にニキビができていると、施術は不可になる?

脱毛では上述したように高熱を発するレーザー系の光を使うため、ごくまれに体調に影響を受ける人もいます。そのため、サロンでは施術の上で色々な条件を設けています。

たとえば長いムダ毛があると、そのメラニン色素で光の反応が起き、毛が燃え上がることがあります。そうならないためにあらかじめ客の方で毛を短くしておく必要があるのですが、ついそれを忘れて長いままサロンを訪れる人もいます。
その場合、その部位の施術は後回しになってしまいます。

また過度の皮膚の乾燥も施術中止の原因となります。
もともとの肌の乾燥がひどいと、光で生じる高熱でトラブルが起こりやすくなるからです。

では、ニキビのせいで施術中止、ということはあるのでしょうか?

サロンの何軒かに電話して質問してみたところ、大部分の店ではニキビがあっても施術オーケーでした。

というのもIPLという光は、黒いメラニン色素を含んだ発毛組織(毛母細胞、毛乳頭など)を破壊するだけで、ニキビのような色の薄い部位には害を及ぼさないからです。
施術しても問題はありません。

ただ、炎症がひどいと話は違ってきます。
照射によって症状が悪化することもあるので、施術できるどうかは経験を積んだスタッフの判断を仰いで下さい。

施術で照射される光によって、シミやそばかすができる?

現在の脱毛方法はレーザーの原理を応用したもので、黒いメラニン色素に反応する光をムダ毛のある肌に当てる、というものです。これはサロンも医療クリニックも変わりません。

「レーザーのような強い光を肌に照射したら、日焼けみたいになってシミが残るのでは?」と不安を感じる人もいるかもしれません。

確かに紫外線による日焼けは、肌トラブルの原因のひとつとなっています。サロンのIPLも光度の大きい強烈な光なので、紫外線と同様に肌に色素沈着を起こすのではないか、と誤解しがちです。

しかしこれまで述べてきたように、サロンで光を照射する脱毛器は、元々エステで肌トラブル解消のために活用されてきた歴史があります。美肌ケアに役立つくらいですから、決して肌に有害なものではありません。

「でも『顔脱毛をしたせいでシミができてしまった』っていう口コミをネットで見かけるけど?」

そう言って反論する人がいるかもしれません。

このような投稿については、2つの理由が考えられます。

まず肌のターンオーバーのために、深層に潜んでいたシミが表面にあらわれた、というもの。

施術によって新陳代謝が活発になり、それまで隠れていたシミが肌にあらわれることは珍しくありません。

ただ、それらのほとんどはターンオーバーがさらに促進されると消えてしまいます。

あと施術によって乾燥した肌にうっかり傷がつき、術後のケア不足からそれが痕になってしまうケース。この痕をシミだと勘違いしてしまうことがあります。

いずれにせよ、傷やシミができるのは別に脱毛が直接の原因というわけではありません。施術を受けても肌の状態は悪化しませんので安心して下さい。

サロンに通うときはスッピンでないとダメ?

契約後、施術のためにサロンに初めて行く際、初心者が戸惑うのが、

「化粧をしていっていいのか?」

ということ。

なにしろ顔を脱毛するわけですから、メイクをしていたのでは施術の邪魔になります。

しかし、素顔でも問題のない10代の女の子ならともかく、常に化粧をバッチリ決めた大人の女性がサロンに行き着くまで人中をスッピンで歩くのも大変……。知らないうちはそのことで不安を覚えるでしょう。

先に結論を述べてしまうと、いつも通りにメイクをしていっても大丈夫です。

というのも、有名サロンのほとんどは化粧用のブースを設けていますし、自分でやらなくても施術担当者がメイクを落としてくれるサービスもあります。

ただ、そんな設備やサービスがあるといっても、濃い化粧をしていくとそれだけオフするのに時間が取られてしまいます。

サロンスタッフに嫌な顔をされないためにも、化粧は薄めにし、スピーディに脱毛に移れるように心がけましょう。

以上、顔脱毛全般について様々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考にしながら、自分に合ったサロンを見つけて下さい。
顔脱毛をすることで自己処理の必要もなくなり、肌の状態も改善されていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*