家庭用脱毛器をうまく購入する方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛といえば、以前は「お金のある有閑マダムがやるもの」というイメージでしたが、近年はすっかり一般的になりました。
テレビでコマーシャルを流すサロンや医療クリニックもあり、かなり繁盛しているようです。

ただ「行きたいけどヒマも時間もない」「予約を入れるのが邪魔くさい」「施術時にデリケートなパーツを見られたくない」といった理由でサロンやクリニックに通えない、あるいは通いたくない人もいます。

そんな人たちの間でよく売れているのが、家庭用脱毛器です。

「自分も手に入れたい」という人もいるでしょう。ただ、その値段は高めですし機種も多く、どれにすればいいのか困ってしまうほどです。いい加減に買ってガッカリしないためにも、機種の利点・難点や効果について、事前にチェックしなければなりません。

そこで、このページを立ち上げてみました。
家庭で好きなように脱毛したい、という人のために、賢い家庭脱毛器の選び方などについて、解説していこうと思います。

家庭用脱毛器とは——その発明と普及

家庭用脱毛器
1980年代に発表された「選択的光熱凝固理論」は、紀元前から続くといわれる脱毛の歴史の中でも画期的な大発見でした。1990年代に入るとその理論による機器が欧米で実用化。
そして2000年代になると、日本にも輸入されて施術に使われるようになります。

ただ、それらはあくまでプロのための大型マシン。家庭で自己処理をおこなうには、まだまだカミソリ、毛抜といった、簡易なツールに頼るしかありませんでした。

そんな中、家庭用脱毛器「アイエピ」が2005年に発売されます。

それまでも家庭用脱毛器は売っていたのですが、どれも脱毛効果がひどく、評判の良いものではありませんでした。
ところがこの「アイエピ」はムダ毛がしっかり手入れできるというのでまたたく間に評判となり、脱毛器を家庭に普及させるきっかけとなったのです。

そして2009年に「イーモ」、2012年に「ケノン」と別の人気機種の発売が続き、現在の隆盛を呼ぶことになります。

これらの家庭用脱毛器の発明は、ムダ毛が悩みのタネだった人にとって、大変な朗報でした。

何しろサロンなどで施術を受けるとなると、肌がツルツルになるまで数ヶ月から数年、店に通い続けなければなりません。途中でうんざりする人も多いですし、料金もかなり必要です。

それが家庭用脱毛器だと、店と同じような効果が期待できる上にお金も節約できるのですから、すぐに売れ筋の商品となって各社が類似の商品を発売したのも当然でしょう。

ただ脱毛器は、うまく選ばないと当たり外れが大きい、と言われています。以下で解説する機種の特徴、方式の利点・難点などをしっかり把握し、自分にふさわしい機種を見つけて下さい。

脱毛器選びで注意したいポイント

注意したいポイント
下の文章でも述べていますが、家庭用脱毛器には脱毛方式が数種類あり、その差が効果にも確実にあらわれます。

ですから購入時には脱毛に関する知識が必須で、「色やデザインが好みだったから」といった安易な理由で買ってしまうと、結局は失望することになります。

自分にふさわしい家庭用脱毛器を買うためには、次のようなポイントに留意しましょう——

照射の強さはどれくらいか?

個人によって脱毛効果の感じ方は異なるので「絶対だ」とは言えませんが、照射パワーが強ければ強いほど、その機種の脱毛効果は高いのが普通です。とにかくしっかりと脱毛したい人は、照射パワーの強い脱毛器を選ぶ方がいいでしょう。

ただ、パワーが強くなるとそれだけ毛穴や肌への刺激も高まり、火傷、かゆみといった肌トラブルも生じやすくなります。トラブルを起こさないためには、出力を自由に調節できる機種を買うべきです。

照射範囲はどれくらいなのか?

1回の照射で、どれほどの範囲を処理できるのか。その点はマシンによってかなり相違があるため、購入前にネットのサイトなどで調べておきましょう。

手入れにあまりに時間がかかると、脱毛器を使うのがおっくうになります。「高い代金を出して手に入れたのに、すぐに使うのが嫌になってしまった」という結果を招かないためにも、照射範囲のデータはきっちりチェックして下さい。

希望の部位が手入れできるか?

人によって脱毛したい部位は当然違います。

家庭用脱毛器を購入する際は、「どの部位の手入れに用いる予定か」そして「その機種がどんな部位に対応しているのか」を調べて下さい。

特に「顔」や「VIO」を手入れしたい人は注意しましょう。他の部位には対応可能でも、デリケートなパーツには使えないタイプが少なくありません。

公式サイトでは対応不可の部位を記してあることが多いので、まずチェックしてみましょう。

コストパフォーマンスはよいか?

「本体を格安で手に入れて喜んでいたのに、消耗品のカートリッジが高価なのを知ってガッカリした……」

脱毛器の購入については、そんな話を時々耳にします。

家庭用脱毛器には様々なタイプがあります。
値段だけとっても、2万円以下から10万円以上の機種まで色々そろっていますが、照射によって消耗するカートリッジの費用を忘れてはいけません。

脱毛器を購入する際は、カートリッジの値段とその交換頻度について、本体価格とともにチェックしておきましょう。

家庭用脱毛器の利点と難点

利点と難点

利点

・プロによる施術と比べ、2分の1以下の費用でじっくり脱毛が出来る
・遠くにあるサロンや医療クリニックに行く必要がなく、交通費と時間が節約できる
・「人に見られたくない」という部位も、好きなだけ処理できる

難点

・鏡がないとチェックできない部位(背中、うなじ、お尻)の処理は、手伝いが必要
・1人ですべての作業をやらなければならないので、ついイヤになる
・肌トラブルの予防と対処が案外面倒

家庭用脱毛器で永久脱毛は可能なの?

永久脱毛は可能なの?
家庭用脱毛器はプロ仕様のマシンを小型化したもので、使われるライト自体は全く同じです。

ただ、事故などの防止のため、出力はかなり抑えられています。そのため、相当な威力が必要とされる永久脱毛はできません。

ちなみに、サロンでも永久脱毛は不可能です。一般サロンでの施術は正確には「抑毛」の処理であって、毛はそのうち復活します。

永久脱毛を望むなら、医療クリニックでレーザー脱毛をおこなって下さい。

家庭用脱毛器で使われている脱毛方式とは?

脱毛方式について考える
家庭用脱毛器で用いられている脱毛方式について、紹介してみましょう——

フラッシュ式

家庭用脱毛器で1番採用されている脱毛方式が、フラッシュ式です。サロンのマシンと原理的に同一で、メラニン色素に反応する光(IPL)を用います。

肌にこのIPLを当てると、毛根部位だけが熱のダメージを受けます。そして長期間照射を続けていくと発毛機能が衰え、毛の成長が止まるわけです。

この方式の最大のメリットは照射口が大きく、1ショットで広い範囲を処理できること。そのために1回の処理時間も短く、背中、腕、脚といったパーツにはもってこいです。

事故を防ぐために照射パワーは制限されていて、安全対策も万全です。痛みもほとんど感じません。

難点は脱毛完了まで日数が必要なことですが、それでも1年ほど照射を続けていると肌が無毛状態になります。

レーザー式

レーザー式は、医療クリニックのマシンに使われている方式です。
レーザー光をムダ毛に当てると毛乳頭などの発毛器官が損傷を受け、毛の成長がストップします。

光はフラッシュ式のようには広がらず、威力が強いため、細かいパーツや剛毛を手入れしたい時に最適です。

脱毛完了までの期間も短く、約3ヶ月で効果があらわれてきます。

ただ、ワンショットの照射面積が狭いため、広いパーツには向いていません。打ち漏れも起こりやすくなります。

また、照射の際の「痛み」も大きなデメリットです。ネットでも「瞬間的ですが痛みは予想を超えていて、思わず『うわっ』と叫んでしまいました」「照射の直前はドキドキします」といった感想が投稿されています。

特に痛い部位はデリケートゾーン、骨付近のスネ、脇などで、もしこれらのパーツを手入れするなら、出力をかなり下げた方がいいでしょう。

あと、レーザーは黒い色にぶつかると高熱を発生させるので、ホクロ、シミ、日焼けにはカバーをするか、照射自体を避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ピッカーと呼ばれる金属の先端でムダ毛をはさみ、弱い電気を流すことで発毛を止めます。ライトを使わないため、目の近くのパーツ(額の生え際、眉など)も安全に処理できます。

また、他の方式では手入れしにくい白髪、日焼け肌の毛も、高周波だと問題ありません。

ただ、1本1本に対して処理をおこなうため手間がかかり、背中や足のような広い部位だと大変です。手入れを素早く終わらせたいなら、フラッシュ式の方がベターです。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式はいずれも、毛根の発毛機能を熱によって弱体化し、毛の成長を防止します。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、発毛機能には影響を与えません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドの熱線を用いてムダ毛を手入れします。肌から外に出た部分をただ焼き切るだけなので、翌日から毛は伸びてきます。

ただ、毛先が丸くなるため、カミソリによるチクチク感が嫌だという人にはいいでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはペンキでも肌に塗るようにローラーを転がしてムダ毛を絡ませ、引き抜いてしまうというもの。

つまり毛抜と同じ方法なのですが、広範囲をさっと処理できるのが長所です。
もちろん毛穴や肌には刺激が強いので、おすすめはできません。

主な家庭用脱毛器の価格一覧

価格について
「家庭用脱毛器を買いたい」と思った時、まず気にかかるのがその値段でしょう。

ここではネットのデータを参考に、主だった家庭用脱毛器の価格をまとめてみました(「照射面積」「ワンショットにおける単価」も付記しておきます)。

・ケノン
価格…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方cm
ワンショットにおける単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
価格…49,299円(税込)
照射面積…6平方cm
ワンショットにおける単価…1.78円

・4x
価格…38,999円(税込)
照射面積…1平方cm
ワンショットにおける単価…0.08円

・ラヴィ
価格…40,000円(税込)
照射面積…6平方cm
ワンショットにおける単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
価格…116,640円(税込)
照射面積…12平方cm
ワンショットにおける単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
価格…57,998円(税込)
照射面積…4平方cm
ワンショットにおける単価…0.20円

・光エステ
価格…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方cm
ワンショットにおける単価…0.29円

これらのうち、1番価格の高いのはレイボーテグランデの116,640円、そして1番価格の安いのは光エステの25,200円です(ちなみにもっと安い機種もあるのですが、それらは実際は「除毛器」なので除外しました)。

上述したように、買う際はカートリッジの値段を考慮する必要があります。一覧には付記しませんでしたが、カートリッジの価格がいくらくらいなのか、自分で確認しておきましょう。本体とカートリッジの合計を比べることで、本当の価格差が判明します。

そして、ワンショットにおける単価も大切な要素です。

一覧を見て、「ワンショットの価格差なんてわずかで、取るに足らない」と思う人もいるでしょう。

しかし、脱毛は1回では完了しません。2週間に1回、照射を継続する必要があります。つまりワンショットなら少しの違いでも、繰り返されることで相当な差となるのです。

最後に「照射範囲」も大切です。1回の照射面積の数値が大きいほどショット数は減りますから、その数値によってカートリッジのランニングコストが変わってきます。

なお、4xの照射範囲が特に狭いのですが、これは4xがレーザー式だから……。レイボーテグランデやケノン(ともにフラッシュ式)と比較すると、相当な差があります。

広い部位を脱毛したいなら特に、ワンショットにおける単価と照射面積をチェックしておきましょう。

以上、家庭用脱毛器の利点と難点、選び方のコツなどについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

何度も説明したように、家庭用脱毛器は方式・機種次第でその効果が変わってきます。そのデータをあらかじめチェックしておくことが、賢い購入のコツとなります。

ぜひ自分にふさわしい機種を選び、心地よい脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*