脱毛すると毛が抜ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美容を気にかける女性

脱毛サロンでの光脱毛の仕組みとは?

以前は一部の人しか利用しなかった脱毛サロンも、今や美容を気にかける女性にとっては当たり前の存在——。

中にはぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美といった有名タレントをCMに起用する店まで登場し、ますます脱毛に対するハードルは下がってきています。

ただ施術そのものについてはまだまだ「知らない」という人が多く、昔の美容電気脱毛(ニードル脱毛)の影響か、針を毛穴に突き刺して一本一本引き抜いていく、という誤ったイメージを持っている方も少なくありません。

もちろん、最近の施術は大いに様変わりしています。

脱毛サロンで最も多く採用されているのは、メラニン色素に反応する特質を備えたIPL(インテンス・パルス・ライト)という光をムダ毛に当てる方法。

この照射によって毛根部分は高熱に包まれるため、毛乳頭や毛母細胞といった組織が損傷を受けます。こうして毛を生やす機能が弱体化し、脱毛効果が生み出されるのです。

毛というのは成長期→退行期→休間期→成長期というサイクルで絶えず生まれ変わっています。そして同じ部位でも、それぞれの毛が現在どの時期にあるかは一致していません。

IPLは成長期の毛に限って効果がありますから、部位全部の毛を処理するにはどうしても日数がかかるわけです。

ちなみに施術後の毛はしばらくすると抜け落ち、そこは無毛状態になるのですが、1〜3週間後には、また延びてきます。これは照射前に皮膚の下に隠れていた毛です。

この毛は細くなっていて、簡単な刺激で抜け落ちてしまいます。ただ、毛根部分はまだまだ元気——。
脱毛効果をアップするためにはあえて抜かないようにし、次回の施術で処理してもらうようにしましょう。

豊橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*