腕の美しさのためにも脱毛がオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

春が終わり、気温が段々と上がってくると、肌を見せる機会も増えてきます。
特に夏たけなわの8月になると、半袖やノースリーブで外へ出ることが多くなるでしょう。

その時に気をつけなければならないのが、腕に生えているムダ毛です。しっかり処理がされていないと、他人がその伸びた様子を見て「だらしがない」と軽蔑しかねません。

ただ、腕の毛の自己処理というのは結構面倒。面積が広いこともあって、たとえカミソリを使っているとしても、かなり面倒くさくなります。

「こんな大変な自己処理なんてやめたい。思い切ってサロンや医療クリニックで脱毛してもらおうか……」

そういう思いに駆られる女性も多いでしょう。でも初心者にとって、サロンやクリニックと契約して脱毛してもらうというのは結構ハードルが高い行為です。

「終わるまでどれくらいの日数がかかる?」
「完了までに必要な施術の回数は?」
「痛みがともなうという噂だけど、本当なの?」
「最終的に料金はいくらかかる?」

結局、これらの疑問にウツウツと悩み続け、脱毛に通わないまま自己処理をやっている、という女性も少なくありません。

そこでこの頁を立ち上げ、腕脱毛についての情報、そしてサロンとクリニックの選び方について解説し、初心者の疑問を解消してみることにしました。

以下に記された情報が、腕の毛で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

自己処理で使われる道具の長所と短所は?

最近は施術技術の進歩もあって料金がディスカウントされ、脱毛はちょっとしたブーム状態です。さらに値下げキャンペーンも毎月のようにおこなわれているため、初心者でも懐を痛めずに脱毛を体験できるようになりました。

それでも「脱毛なんかにお金を出すなんてもったいない」と考えている女性も多いかも知れません。

でも、自己処理が肌に悪い影響を与えていることを考えると、やはり脱毛には大きな長所があります。

自己処理用の道具とそのメリット・デメリットをあげてみると——

カミソリ

・メリット……手軽に扱える。ムダ毛処理が短い時間でできる
・デメリット……角質が一緒にそがれて、肌が乾いてしまう

毛抜き

・メリット……毛根ごと処理するためにブツブツ感がない
・デメリット……毛穴への刺激が強く、肌トラブルを生じさせる

除毛クリーム

・メリット……塗って待てばいいだけなので、広い部位の処理が楽
・デメリット……強い成分が配合されていて、炎症を起こしやすい

電気シェーバー

・メリット……刺激が少なく、どこでも使える
・デメリット……剃り残しが出やすく、肌触りが悪くなる

となります。

この中でマシといえるのが電気シェーバー。肌への刺激も少なくてすみます。
ただ剃り残しをすることが多く、太い毛の場合は毛穴のブツブツが目立ちます。

その他のものはどれも肌に負担をかけ、継続して使うと肌のコンディションを悪化させます。

やはりキレイな肌をキープしたいならサロンやクリニックで脱毛し、自己処理を一刻も早くやめるべきです。

腕脱毛をすることでのメリットとは?

サロンやクリニックで脱毛してもらうと、どのような良い結果が得られるのでしょうか?

1.オシャレする時にムダ毛を気にする必要がない

暑い時でなくても腕は露出する機会が多い部位で、そこに生えた毛も目立ちがちです。

人からバカにされないためには自己処理が必要ですが、サロンや医療クリニックで脱毛すればその手間を省けます。自分好みのファッションをする時も他人の視線が気になりません。

2.手間のかかる自己処理から解放される

腕のムダ毛は他人の視線を浴びやすいものです。
気になって数日置きに抜いたり剃ったりしている女性もいるようですが、脱毛がうまくいけばそんな自己処理から解放されます。

3.脱毛とともに肌のケアもできる

市販の自己処理用製品を使用しているせいで、肌荒れ、埋もれ毛、色素沈着といったトラブルを起こしている女性も少なくありません。

サロンで脱毛すれば、IPLという特殊なライトによってそれらの治癒が期待できる上に、保湿に効果のあるアフターケアも受けられます。
施術を継続していくうちに、肌そのものが艷やかになっていくでしょう。

気になる腕脱毛の平均費用について

腕脱毛しようかと思った時、真っ先に心配になるのがその費用でしょう。

現在、腕脱毛の料金はどれくらいなのでしょうか? 著名なサロンやクリニックのサイトでその費用をチェックし、その平均を計算してみました。

その結果、サロンは——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックは——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

となりました。

これでお分かりの通り、サロンとクリニックでは後者の方が料金が高くなっています。

これはクリニックでは扱いの難しい医療脱毛レーザーで施術するため、人件費やコストがかさむことが一因です。

レーザー光は照射パワーが強烈で、それだけ脱毛効果も早く実感できます。
サロンだと1年以上施術を受けても中々実感がわかなかったのに、クリニックでは半年もしないうちに効果を感じたという口コミも見受けられます。

しかし、照射パワーが強いことには欠点もあります。それは痛みが激しいこと。

中にはレーザー光の痛みに耐えきれず、途中でサロンに行き直す人もいるほどです。

つまり

・少々痛くても問題ない
・料金は高くても脱毛を早く終わらせたい

といった人はクリニックをおすすめします。

現在の脱毛方法はどんなもの?

脱毛の歴史は古く、クレオパトラも自分の美しさを際だたせるためにムダ毛を抜いていたと言われています。

もちろん科学が未成熟の時代はかなり乱暴な方法で脱毛していたようですが、やがて近代に入ると、最新技術を使った施術が徐々におこなわれるようになってきました。

その中でも少し前までよく用いられていた方法が「美容電気脱毛」(あるいは「ニードル脱毛」)というもの。プローブと呼ばれる電気針をひとつひとつの毛穴に突き刺し、その毛根部位にダメージを与えて発毛を阻害します。

ムダ毛を防ぐという点では非常に優れた方法なのですが、何しろ針を使いますからかなりの痛みを我慢する必要があります。
それに時間がかかる欠点もあって現在は一部のクリニックで使われているだけです。

代わって主流となったのが、レーザー技術を用いた光による脱毛。

サロンにおいては、IPL(インテンスパルスライト)を使った「フラッシュ脱毛」が最もポピュラーです。このライトはメラニン色素を含んだ毛乳頭、皮脂腺開口部、毛母細胞などで熱を発生させ、その機能を弱体化します。

IPLはパワーが弱く、脱毛終了までかなりの期間が必要です。
ただ、費用は安く、痛みも軽くてすむ、というメリットがあります。

そして、クリニックの方で主流なのがレーザー脱毛。アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどのレーザー光を使いますが、いずれもパワーが強く、毛根を徹底的に破壊できます。

痛みが激しいので人を選ぶのですが、なるべく早く脱毛を終わらせたい場合はこちらがオススメです。

サロンとクリニックの違いとは?

脱毛をする際にはサロンとクリニックのどちらかに通いますが、これらにはどんな差があるのでしょう?

特徴をあげてみると——

脱毛サロン

・施術は「フラッシュ脱毛」
・抑毛、減毛効果(永久脱毛は無理)
・料金は安い

医療クリニック

・施術は「レーザー脱毛」
・永久脱毛が可能
・料金は高い

となります。

さらに、クリニックについては——

・部位によってはサロンより安いこともある
・施術スタッフは全員医師

といった特徴もあります。

これらを見てくると「費用は高いが、永久脱毛の可能なクリニックを選びたい」という人が多いかもしれません。

ただ、「近くに脱毛クリニックがなく、サロンしか選びようがない」という人もいるでしょう。

でも落胆することはありません。
サロンには、脱毛終了後も施術可能なコースを設けているところがあります。これなら永久脱毛と同じです。

また毛が薄いならサロンでも効果は十分なので、クリニックで高いお金を払う必要はありません。

なぜ脱毛って時間がかかるの?

腕脱毛が終わるまでの施術の必要回数と期間はどれくらいでしょう?

目安としては——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

となっています。

なぜこれほど手間と時間がかかるのでしょうか?

それには「毛周期」が関係しています。

すべての毛は3つの時期(「成長期」「退行期」「休止期」)を経ながら新しいものへ抜け替わっていくのですが、毛周期はそのサイクルのことです。

そして施術はあくまで成長期の毛にしか効果がありません。

退行期と休止期の毛は、毛根から離れたか離れつつある状態なので、いくら光を照射しても毛根にダメージを与えることができません。
ですから成長期の毛に施術しない限り、ムダ毛は毛根の機能で再び生えてしまうわけです。

サロンもクリニックも、この成長期に合わせて施術をしなければなりませんが、問題は毛一本一本の該当する時期というのがバラバラなこと。

そのため、全部の毛の成長期に施術しようと思ったら完了までの日数がとても長くなるのです。

医療クリニックだとサロンよりも施術回数は少なくなりますが、それでも1年ほどは必要です。

中には1年以内に施術部位がツルツルの状態になったという人もいますが、それも一時的なもの。
退行期、休止期から再び成長期に入ると、毛がまた生えることが珍しくありません。

体質や毛の太さなどによっても個人差は出てくるのですが、とにかく施術は長い日数がかかることを覚悟しておきましょう。

腕脱毛が得意なサロンとクリニックはどこ?

「腕脱毛をするならここ」というサロンとクリニックを、ひとつずつ紹介してみます。

まずはサロンから——

ミュゼ

電車などの広告でよく見かけるミュゼ。顧客数は330万人を超え、売上、店舗数、満足度も脱毛業界でトップを独走しています。

新規特別価格などのディスカウントやお得なキャンペーンをおこなうことが多く、初心者にもピッタリのサロンです。

特に腕脱毛専門のプランはないのですが、「フリーセレクト美容脱毛コース」の「Lパーツ」なら、腕を効率良く脱毛することができます。

これは腕、脚といった面積の広い部位を施術するプランで、9つの部位の中から好きなところをセレクトし、契約した回数を割り振る形で脱毛します。

また、全身脱毛コースを契約すればさらに値下げしてくれるので、腕以外の部位の脱毛もしたい人はこのコースを選ぶ方がお得かもしれません。

さらにイタリアのDEKA社によるSSC(スムース・スキン・コントロール)脱毛機を導入しているのもメリットのひとつ。

この方式はクリプトンライトと専用のジェルとのセットで脱毛効果をあげるもので、従来のIPLよりも光のパワーが抑制されているため、照射時も痛みが軽減されています。

照射時の痛みがイヤで施術を避けていた人でも、ミュゼなら安心して脱毛が可能です。

次にオススメのクリニックは——

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックといえば、「CMで見たことがある」という人が多いでしょう。知名度の点では脱毛クリニックの中でも抜群です。

ここで腕脱毛をするなら、Lパーツの「両ヒジ上」と「両ヒジ下」をチョイスするのがベストです。

忘れてはならないのは、契約時に「ポイントカード会員」や「プラチナカード会員」になっておくこと。これで料金が3%〜5%もディスカウントされるので、年会費1万円を払ってもお得です。

また、「手足スッキリセット」というコースもあり、計4つの部位(ヒジ上、ヒジ下、ヒザ上、ヒザ下)を脱毛することができます。

ちなみに湘南美容クリニックの大きな特徴は、施術の有効期限が決められていないところ。

多くの医療クリニックでは施術のタイムリミットが設定されていて、契約から1年くらい経つと施術が受けられなくなり、契約時に払った費用がムダになってしまいます。

湘南美容外科クリニックにはこの有効期限がありません。契約した回数分は必ず施術してもらえます。

以上、腕脱毛に関する未経験者向けの情報、さらにオススメのサロンとクリニックを紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考にしながら、自分好みのサロンやクリニックを探して下さい。
脱毛によって自己処理の必要がなくなり、肌のコンディションが改善されるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*