VIO脱毛とは一体どんなものなのか紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人間の若さが如実にあらわれるところといえば、なんと言ってもその肌です。
10代20代のピチピチして水を弾くような艷やかな肌は、男性女性を問わず、その身体の健やかさを証するものでもあります。

肉体の健康さは本能的に人の関心を惹きつけ、また女性のセックスアピールにもつながります。
若い女の子が寒い時期にもかかわらず脚や腕を露出するのも、男性の目を惹きつけるその魔力を知っているからでしょう。

異性から視線を向けられれば気分も自然と高揚します。「これからさらに肌の美しさをアピールしよう」という気持ちにもなるでしょう。

ただ、みずみずしく健康的な肌を見せつけるのはいいのですが、その際に注意を払うべきなのが、いつの間にか生えているムダ毛の存在。

処理をきちんとしていないと見栄えが悪いですし、一旦艷やかな肌に目を奪われた男性からも「あんなに見せつけているくせに手入れを怠っているのか」と軽蔑の視線を向けられかねません。

ただ、毛抜きやカミソリで月に何回も自己処理するのはしんどい、という女性も多いでしょう。そんな人にとってありがたいのが、プロがしっかりとムダ毛を処理してくれるサロンやクリニック。テレビのコマーシャルもよく流れているので、有名店の名前を覚えている人が多いでしょう。

実は、脱毛がこれほど盛んになったのは近年になってから。以前は「針を毛穴ひとつひとつに刺して電気を流す」というひどく面倒な方法を取っていたこともあり、料金も安いとは言えませんでした。そのせいで「ヒマとカネを持て余した中年女性がやるもの」というイメージがつきまとっていたのです。

しかし、やがてレーザー系のライトを用いた画期的な脱毛マシンが発明され、施術料も驚くほど安くなりました。新規サロンやクリニックが続々とオープンし、初心者を取り込もうと値下げキャンペーンが毎月のようにおこなわれています。

また、新たな脱毛方法がさらに考案されたため、施術可能な部位も増えました。昔は脚やワキなど、暑い季節に露出する部位が施術のメインだったのですが、いまでは腕、顔に加え、「VIO」という新しいパーツが人気を呼んでいます。

それを知って「え、VIOって体のどこに当たるの?」と驚く人もいるでしょう。
確かに脱毛する人は急激に増えましたが、サロンや専門クリニックには無関係だった女性も多いのですから当たり前です。

そこでこのページを作ってみました。VIO脱毛についてのベーシックな情報、その費用、施術の手順について紹介し、あわせて脱毛一般のトピックも取り上げています。

「VIO」はどこの部位を指すのか?

突然「VIOとは何の意味?」と訊ねられると、「ノートパソコンのブランド名」と返答する人がいるかもしれませんが、もちろんそれは間違いです。実は美容関係者から「デリケートゾーン」と呼ばれる部位、つまり女性器から肛門に至る股間一帯のこと。

V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(ビキニを着た時の下のヘリ部分と、股間底部のデルタ地帯)
・Iライン(女性器両サイドの帯状の部位)
・Oライン(肛門を中心点とする半径2センチ程度の丸い部位。別名「ヒップ奥」)

をあらわしています。

つまり、各部位と形が似ているアルファベットをあてはめて「VIO」としたので、別に特殊な用語の略というわけではありません。

ということで、アンダーヘアーの脱毛を「VIO脱毛」と呼びます(そしてデリケートゾーンの脱毛では「ハイジニーナ」という言葉もしばしば使われます。これはVIO一帯を完全にツルツルにすること)。

「外国の有名女優やモデルの間で股間の脱毛がはやっている」というニュースが報道された時は、セレブが実践する変わった美容法、というイメージがありました。

ところがその報道から何年も経った結果、日本でもすっかり一般的なものになっています。

「脱毛に関心がある」という女性に「まず最初に施術を希望する部位はどこ?」と訊ねると、ワキの次にVIOをあげる人が多いようです。

ただ上で述べたようにVIOは3つの部位を一緒にした呼称なので、実際の脱毛にあたってはそれぞれを別々に施術することもできます。

VIO脱毛の施術料は総計でいくら必要なのか?

脱毛するかどうか考えた時、まずチェックしたくなるのは何と言ってもその料金でしょう。

実は「脱毛」と一口でいいますが、色々なやり方が考えられます。

たとえば、サロンと契約してフラッシュ脱毛を受けるのか、医療クリニックに通いつめてレーザー脱毛で施術してもらうのか。毛の量をへらすだけの減毛でいいのか、完全な無毛状態にしたいのか。
金額にはこだわらずに脱毛終了までの期間を短くしたいのか、あるいはリーズナブルな施術料のところを選ぶのか……。

それらの条件次第で予算にも違いが出てきますが、ここでは「VIOライン3つをすべて脱毛するプラン」の料金を紹介してみます。

まず、サロンの場合。

有名サロンの料金は次の通りです——

毛を減らす程度にとどめる

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回なので、1回につき9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回なので、1回につき13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回なので、1回につき8,640円)

ツルツルにしてしまう

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回なので、1回につき9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回なので、1回につき9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回なので、1回につき9,180円)

続いてクリニックの場合。

有名クリニックの料金は次の通りです——

毛を減らす程度にとどめる

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回なので、1回につき10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回なので、1回につき12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回なので、1回につき19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回なので、1回につき18,540円)

ツルツルにしてしまう

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回なので、1回につき9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回なので、1回につき11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックは、8、9回のコースなし)

こうしてみると、サロンは回数が多くて値段が高め。普通は施術料が高いクリニックの方が、VIOの場合はむしろ格安なことがわかります。

このうちでは湘南美容外科が特にリーズナブルなので、VIO脱毛するならオススメです。

なぜVIO脱毛は痛いという人が多いの?

VIO脱毛の体験者へのアンケートによると、90%の人が「施術中に痛みを感じた」と回答したそうです。

その理由については以下の2つが考えられます——

・デリケートゾーンの肌が特に薄いから
・他の部位より太い剛毛が生えているから

現在主流となっている脱毛方法では、熱を使って発毛機能にダメージを与えます。施術時は毛穴も軽い火傷を負いますが、肌が薄いと痛みがより強くなります。

また剛毛の場合はそれだけ毛根が大きいので、毛穴の接触面の増加とともに痛みも激しくなるわけです。

なお、サロンとクリニックでは脱毛方式に違いがあるため、痛みの程度も差があります。

医療クリニックでは「レーザー脱毛」がメインで、照射威力が強いのが特徴。毛根組織へのダメージも大きいため、痛みが激しくなります。

そして脱毛サロンでおこなわれるのが「フラッシュ脱毛(光脱毛)」。この方法は機器によってさらに細かく分けられていて、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛の4つがあります。

これらの威力はレーザーより劣ります。そのために痛みはそれほどではないのですが、なかでも痛みが軽微なのがハイパースキン脱毛です。

これは、バルジ領域というところを弱体化し、発毛を阻害する新方式。主流のIPL脱毛よりもフラッシュのパワーがずっと弱いため、痛みがさらに減ります。

「できるだけ痛みは避けたい」という女性には、この方式がオススメです。

施術の流れに関して

初めて脱毛の施術を受ける時は、勝手がわからず不安を感じるものです。

そこで、その手順について軽く説明してみます(サロンと医療クリニックのどちらも、似た手順で施術を行います)。

まず施術の準備を前日にやらなければなりません。それは施術部位のムダ毛を、自分で短く刈っておくこと。

「せっかく施術を受けるのに、なんで自分で処理をやる必要があるの?」と思う人もいるでしょう。

実は、施術で用いられるレーザー系のライトは黒いメラニン色素に反応する特質を備えていて、毛に当たると熱エネルギーに変化します。
もし毛が長く伸びているとライトが反応してしまい、肌にも火傷を及ぼす危険性があるのです。

そのために、施術前は長いムダ毛を必ず処理しておく必要があります。

なお、自己処理の時はカミソリや毛抜きは避け、肌に優しい電気シェーバーを使って下さい。

無毛にするのではなく一部の毛は残す場合でも、2回目〜4回目の施術前は全ての毛を剃り上げておきましょう。その方がキレイな仕上がりになります。

続いて施術当日。

サロンやクリニックに持っていくものですが、会員カードだけあれば充分です。ただ、施術後は肌が非常にデリケートな状態におちいるため、肌に密着した下着や服は身につけないほうが無難です。

いよいよ施術ということになりますが、まず紙パンツと専用ガウンに着替える必要があります。準備が終わったら、施術用のベッドへ。

それからは、次のような流れとなります——

1)施術部位の状態をチェック(もし肌の乾燥がひどい場合は施術できない)
2)肌に問題がなければ施術部位を消毒する
3)ジェルを使い、施術部位をたっぷり冷やす
4)脱毛機によってライトを肌に当てる
5)再び施術部位を冷やし、乾燥しないように保湿する

照射前と後に施術部位を冷却するのは、上述したように毛が高熱に包まれるので、その熱が周りの肌に伝わらないようにするためです。
特にVIOは表皮が薄いですから、この冷却作業は欠かせません。

照射後は肌を冷やすとともにミルクローションなどを塗って保湿します。サロンやクリニックによっては自社開発のローションを使うところもあるようです。

施術後、肌にかゆみや赤み、あるいは腫れなどが生じる場合がたまにあります。その時は冷たくしたタオルなどで肌をケアしましょう。ほとんどはすぐに収まってしまいます。

なお、施術直後の肌は少しの刺激でもトラブルを起こしがち。以下の3つは必ず守って下さい——

・施術直後の入浴は禁止。汗や汚れを流すならシャワーを使う
・汗をかく激しい運動は避ける
・施術した肌はなるべく陽に当てない

あと、保湿に気をつけることが大事です。普段使っているローションでいいので、肌をしっかりとケアして下さい。

施術後、毛はいつから抜け始めるの?

「サロンやクリニックで脱毛の施術を受けたものの、いつまでも毛が抜けないので心配になる」——

ネットで脱毛関連のサイトをチェックすると、こういった口コミを見かけることがあります。

勘違いしている人が時々いるのですが、施術を受けたからといって即座に毛が抜け始めるわけではありません。

個人差もありますが、人によっては1週間位かかる場合もあります。それでも2週間ほど経てばその部位はツルツルになるでしょう。

施術以降の流れは、以下の通りです——

1)照射によって毛根が弱体化
2)毛根の弱体化が進んでいく
3)毛根が毛を繋ぎとめられなくなる
4)毛根から切れた毛が抜けていく

なお、施術が初めて、という場合は——

・初めてだということでスタッフが照射パワーを抑え気味にする
・照射のダメージが蓄積されていないため、毛根の発毛能力がまだまだ強い

ということで、抜け始めも遅めになるようです。

また、サロンで施術してもらうと照射パワーが弱く、太い毛には効果があがらないことがあります。

そんな人は医療クリニックでレーザー脱毛を受けてみましょう。

以上、VIO脱毛のベーシックな情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もしデリケートゾーンをこまめに自己処理しているという女性がいたら、ぜひ脱毛にチャレンジすることをおすすめします。上で書いたようにカミソリや毛抜きは肌に悪く、重篤なトラブルを引き起こす可能性があります。

脱毛すればデリケートゾーンがキレイになるだけでなく、肌トラブルの予防にもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*