埋没毛はなぜできるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛に悩む女性
自分で簡単にムダ毛処理ができるからと、カミソリや毛抜きで脱毛を行っていると起こるトラブルの一つに「埋没毛」があります。ムダ毛が皮膚の表面に出て来れずブツブツになる埋没毛は、一体どうしてできるのでしょうか?

埋没毛の原因

カミソリや毛抜きなど自分で脱毛を行うと、肌の表面が傷つきます。元々肌の表面には角質層があり、様々なトラブルから肌を守ってくれるのですが、カミソリや毛抜きなどで無理矢理脱毛を行うとその表面の角質層に傷が付きます。肌は自分で修復使用とする力があるため、傷ついた毛穴の表面を新たな角質層が覆ってしまいます。これによって新しいムダ毛が成長しても毛穴から出てくることができず、皮膚の内側で丸まったまま成長をしてしまいます。

埋没毛への対処

ムダ毛が成長を遂げると、埋没毛は再び自然と毛穴から出てきます。しかしこれを待つことができずに毛抜きやピンセットで無理矢理表面の皮膚を破り、中のムダ毛を再び抜くという方も多くいますが、これは間違った対処方法です。再び角質層を傷つけムダ毛処理を行うことで、再び埋没毛ができてしまいます。さらにこれを繰り返すことで色素沈着など埋没毛以外の肌トラブルを引き起こす可能性があります。埋没毛ができないように間違った自己処理は避けるようにしましょう。そして埋没毛ができても、決して無理矢理表面を傷つけるような対処はしないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*