ワキガになる原因と脱毛することでワキガを改善できる理屈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

厄介なワキガという存在

ワキガが気になる女性
脇の毛穴に皮脂や老廃物が溜まりやすくなると、ワキガになりやすいです。

特に、毛抜きによって脇毛を自己処理すると毛を抜く際を毛穴を広げるので、毛穴に異物が入り込みやすくなります。

また、毛穴に溜まった皮脂や老廃物が酸化すると雑菌が繁殖する影響によってワキガの原因を招きます。

そのため、脱毛によって脇毛を無くすことで、脇の表皮の温度を下げてアポクリン腺の汗を減らすだけでなく、毛穴に雑菌を溜まりにくくします。

なぜなら、脱毛は可視光線によって毛根部分を破壊しつつ、アポクリン腺にもダメージを与えてワキガの臭いを抑えることができるからです。

その上、脱毛ならば毛抜きと違ってデリケートな部位となる脇であっても、肌や毛穴を傷つける恐れがないです。

脱毛でワキガの臭いを改善する

また、脱毛は毛根を破壊した際に発生した熱が毛穴にこもるので、毛穴全体に熱によるダメージを与えます。

脇毛と一体化しているアポクリン腺にもダメージを与えるので、アポクリン腺の汗が脇毛につきにくくなります。

ちなみに、脱毛を受けるにつれて脇の毛穴が引き締まるので、毛穴に雑菌が入り込まなくなります。

さらに、脱毛により汗とワキガの臭い対策をやりやすくなります。

なので、毎日脇の手入れを忘れずに行うことで脇を清潔に保ちやすくなります。

また、脱毛することでワキガの臭いを改善する他にも、脇毛の自己処理によって脇の肌を傷つけるリスクを減らすことにも繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*